Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

ワインは、”周五郎のVAN” 

『 ワインは、甘口に限る? 』

L1010465 (4)
        甘口:赤ワイン、”周五郎のヴァン”

昨年末からワインを少々嗜むようになった。

甘口・やや甘口・辛口・フルボディー・ハーフボディー、等々色々と数あり、好みを探すのも難しい。

二か月、いろいろ試していたが、未だに恋人は見つからないのだが・・・

今のところ、白ワインの甘口かやや甘口。 赤なら甘口が私の好みに合うようだ。

中でも、山梨・中央葡萄酒(株)の ”周五郎のヴァン” は妻も 「これは美味しい!!」 とご満悦。

ネットで購入するのだが、送料が掛かるのが考えもんである。

今晩の 「トンカツ」 には、持って来い!!の相性だった。 ご馳走様でした。

ワインを嗜みだして、また一つ人生が豊かになったような気がしている。

ワインの効用の一つにって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

気を遣って・・・ 

『 お口直しという、訳ではないが・・・』

先日はバレンタインのお誘いが余りにも酷かったのでと、チョコとシャンペンと亜麻仁油が届いた。

お口直しをしましょう!!と言う事だったが、娘たちの気遣いに感謝と言うよりは、申し訳ない気持ちが大きい。


L1010455 (2)
Cacao 70% チョコと、CHAMPAGNE & Flaxseed Oil


『 紀元前 5000年の恵み!!』

L1010460 (2)
          紅花食品 「有機 亜麻仁油」

日本であれば、九州産・北海道産が有名だが、素材産地による土壌や原料の特徴、収穫時の原料の特徴などが、

味にそのまま色濃く油に反映される。 色の濃い薄い、苦みが強い弱いなどは自然の為せる業である。

よく耳にする言葉に、苦みのある亜麻仁油は、安物の原料を使用しているから・・・それは間違いである。

お米でも野菜でも、季節・産地・収穫時期・土壌などにより味は変わり、

亜麻仁油の苦みも同様に、良い種を使用しても正しい製法をしていれば同じことが言える。

亜麻仁油の起源を辿れば、紀元前8000年前まで遡ることができる。

中央アジア(チグリス・ユーフラテス)で栽培が始まり、紀元前前3000年にはエジプトで普及し始める。

以後、ヨーロッパで食用・繊維(造船に利用)として広く利用され、15世紀半ばには世界中に広まった。

日本では、1870年頃より北海道で栽培し始めた。

効能効果として、脳の活性化(ボケ防止に良いか?)、高血圧・高血糖に効果があると認められている。

『 シャンパングラスは、マリーアントワネットのオッパイの形?』

L1010463 (2)

1800年代のシャンパンは、ワインと同様に ”やや甘口” であった。

少し甘いワインの方が、料理との相性が良く、ワインも ”オフ・ドライ・ワイン” と呼ばれ、

かすかな甘口ワインは、どんな料理の風味をも引き立たせてくれたと言う。

シャンパン・グラスの初期型は、円錐形でステム(脚)は付いていなくて、

ボウル部分とフット(台座)の部分とは直接につながっていたが、

後に、飲み口が大きくなり、ステム付のクープ・グラスが登場すると、大いに人気を博した。

フランス宮廷の高貴な女性の胸を形取ったものと言われ、

ポンパドール夫人の胸とも、マリー・アントワネットの ”左のオッパイの型” とも言われるが・・・

果たしてどの高貴な女性の胸の形なのか? 真実のほどは・・・

Marie_Antoinette_Young2[1] (2)
   入浴と香水をこよなく愛した、マリーアントワネット 

シャンパンで味を楽しみ、グラスで形を想像する楽しみって、「こんなもんなの~?」


category: 雑感

CM: 0 TB: --   

陽気に誘われて・・・ 

『 春めくや 花ありて 鳥ありて 海あり 』

未だ浅き春の日差しも暖かな日だった。

久しぶりに幕張海岸に、”らら” を連れて散歩に出掛けた。

花の美術館内はペット禁止なのだが・・・入館料無料だったので、館内に入ってみた。

IMG_20170214_132722 (2)
     幕張海浜公園 「花の美術館」 山陽メディア・フラワーミュージアム



IMG_20170214_133906 (2)
            純白のパレットを模し、絵筆と花の絵具が・・・



IMG_20170214_133933 (2)
                 白いフレームに、花で描いた絵が展示



IMG_20170214_134014 (2)
                  見学順路は、花で一杯!!



IMG_20170214_140615 (2)
                  池の畔で羽を休める、カモメが沢山・・・



IMG_20170214_141602 (2)
             長閑な日差しを浴び、光る海辺で、”らら” とお散歩

寒さもゆるみ、東風も爽やかな春めいた午後の散歩だった。

菅原道真の有名な句、「東風吹かば 匂ひをこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」 が思わず口から零れる。

先日は早くも ”春一番” が関東にも吹き荒れた。

風を表現す言葉に色々あるが、”春一番” と同じように、風の名前は漁師が言い慣わしてきた言葉が多い。

”梅東風” ”桜東風” ”鰆東風” ”夕東風” 等々、この頃咲く花や獲れる魚の名前を付けた呼び方もある。

全てが枯れ色に染まった冬も、もうじき終わりを告げ、草の芽も萌え出る日もすぐそこに。

花も咲き誇り、”春告鳥:ウグイス” の初音が待ち遠しいこの頃だが・・・

江戸時代には、ウグイスの啼き声の優劣を競う 「ウグイス合わせ」 があったと言う。

春を告げてくれるもの・・・ウグイスの啼き声 「ウグイスの谷渡り」 にこそ本物の春を感じる。

春先の散歩に、待ち遠しい春を感じるって、「こんなもんなの~?」
                                       今回は、携帯で撮影



category: 雑感

CM: 2 TB: --   

散々な目に・・・ 

『 陽気に誘われて、出てはみたものを・・・』

一昨日、春を思わせる暖かな陽気に誘われ・・・

アミューズメント・パーク人気 第三位・・・船橋 「アンデルセン公園」 に出掛けてみたが

直ぐ近くの交差点・二か所で交通事故渋滞。 大渋滞で交通止、何と解消までに三時間だよ~!!

迂回して 「アンデルセン公園」 まで辿り着いたが、車が少な過ぎ? と思えば、”本日臨時休園” だって。

仕方なしに、「ららぽーと」 まで引き返し、お昼を中華料理屋で。 これが又、味が濃い過ぎて拙い事!!

午後は、近くの 「香澄公園」 に犬の散歩と出掛けた。

夕食を、フレンチと洒落込もうと娘が提案!! そういえば、バレンタインのご招待と言う事らしい。

昨年一度行った事のあるレストランへを再度車を走らせた。

客はまばらなのに、予約をしなければ・・・なんて、どう~言う事?

昨年行った時と変わり、味の落ちスタッフの応対もイマイチ。

ワインを二客頼むが、辛口白は良く冷えていないし、白スパークリンは気が抜けていて美味くない。

其の割りには、価格は御立派ですよ。 マッタク!!

通行止めに、公園臨時休業、中華料理は味が濃い過ぎ、フレンチはもうゴメン!!

散々な一日であった。 バレンタインのご招待なのにね~!!


L1010442 (2)




L1010443 (2)




L1010447 (2)




L1010448 (2)




L1010449 (2)




L1010446 (2)

昨年10月中旬に訪れた、「ザ・オーシャン・テラス・レストラン」 に家族四人で、食事を楽しみに・・・

チーズ・フォンジュは具材が今一つ良くなかった。

食べ放題 三種パン は、二種で誤魔化してあったが、其れだけではない!! 

四人前注文しているにも関わらず、お代わりをすれば四切入れて持ってくる始末だ。

一人前 ¥270 もするのにね~、ほんとうに!! けち臭いだけとしか思えない。 もう二度と行く事もないであろう。 

スタッフの立ち居振る舞い、具材の鮮度・質、メニューには忠実に、一流を目指せば努力が必要ですよ!!

遅いバレンタインのご招待だったが、渋滞に休園、そして中華にフレンチ・・・拙い食事に閉口するだけだった。

運が悪い?って、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 3 TB: --   

バレンタインには・・・ 

『 殺し文句は・・・』

L1010435 (3)

2月14日バレンタイン・デーとは知っていたが・・・

思わぬところで、思わぬ女性からチョコレートを頂いた。 こんな夢みたいな事あるんですね~。

我が家の近くに、「メリー・チョコレート・カンパニー」 の工場がある。

毎朝、出勤する従業員の迎え専用のバスが 「IKEA」 前に停車する。可愛い女の子が描かれたバスが。

1958年2月12~14日にかけて、新宿・伊勢丹百貨店で、”バレンタインデー・フェア” を催した。

この時には、僅か4・5枚しか売れなかったようだが・・・これが日本で最初の”バレンタインには、チョコレートを” だった。

その後、ハート型チョコレートを作り、「バレンタインにはチョコレートを、女性から男性へ」 と言う殺し文句で大ヒット。

一般にチョコレートがバレンタインに普及し始める。 と言うのが、一般的に言われているようだが、

実はその前に、1932年にモロゾフが初めて最初のバレンタイン・チョコレートを販売し始めたのだが、

思うようには至らなかったと言う事らしい?  メリーズ・チョコの努力の賜物であったようだ。


L1010436 (3)



『 一歩高一歩、向上一路の精神で・・・』

L1010430 (2)
「サロン・ド・ショコラ」 TV画面 メリー・チョコレート・カムパニー 試作室風景?

先日、TVでメリーズ・チョコのパリ 「サロン・ド・ショコラ」 に参加する作業現場風景が流れていた。

2000年には、パリで行われる 「サロン・ド・ショコラ」祭りに日本企業として初めて参加し、

三回の受賞を果たしている。 受賞時のチョコレートも、今現在売られている店舗もあるという。

「女性から、男性へ」 が、ヒットへの殺し文句だったが・・・

思わぬ女性からのチョコは、殺されそうなプレゼントなのか、ね~?

バレンタイン・デーに心浮きうきなんて、「こんなもんなの~?」


category: 雑感

CM: 2 TB: --