Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

孫からの・・・ 

『 柿が赤くなれば、医者は青くなる?』

岐阜県瑞浪市では、第三紀層から柿の化石が見つかり、 縄文時代の遺跡からは、柿の種が発見されている。

奈良時代から平安時代にかけて、祭禮用の菓子として使われていたようだ。

この時代の柿は ”渋柿” なので、熟柿や干し柿として利用された事であろう。

甘い物が殆どない時代では栄養価の高い貴重な果物であった。

「柿が赤くなれば、医者は青くなる」 と昔より言われるが・・・柿は健康の素だったのであろうか?

『桃栗三年、柿八年』 とも言われ、「猿カニ合戦」 では、

おにぎりと交換した柿の種を播いたカニさんが、「早く芽を出さないと、ハサミでちょん切るぞ」 と脅したが、

柿の実は直ぐには実らない。

猿が食べていた柿は、恐らく渋柿で怒って投げ捨てた事でしょうね。 カニさんは損をしたのでしょうか?


L1010817.jpg
      貰って嬉しい 愛媛県産 ”次郎柿”

先日 「敬老の日」 に、孫娘が ”次郎柿” を持ってきてくれた。

実は今月28日が私の75歳の誕生日に当たるので、そのお祝い(?)とでの事だったのであろう。

専門学校に通っている現在、プレゼントするだけの小遣いは持ち合わせていないだろうに。

医者が青くなるほどの栄養価の高い柿・・・

年老いて益々元気でいられるように、との気持ちを込めてのプレゼントだった事でしょうか?ね~。

持つべきものは ”物をくれる人” と兼好法師は 「徒然草」 で言うが・・・

持つべきものは子や孫・・・って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

敬老の日に・・・ 

『 ”冥土の旅” への一里塚?』

「正月は冥土の旅への・・・」 と言うが、”敬老の日” も冥土の旅への一里塚だ。

嬉しくもあり、嬉しくも無し・・・だよね~!!

先日、祝・敬老の日という事で、マンションの理事会より記念品が届いた。

”銀の酒杯” が? と思ったが、残念ながら ”ラスク” であった(失礼!)。

元来、社会を支え発展させた活動期の人々を、”敬う” という事だったであろうが、

社会の重荷となった現在、若者にとっては迷惑千万な事であろうか?

綺麗事では済まされない現実が、目の前に横たわっていると言う事でしょうかね?

社会保障制度も崩壊寸前と言うではないか。

健康で長生き、社会の一員として役に立ちたいとは誰も思っているのでしょうが・・・

「敬老の日」 に、此れからの人生を ”どう生きれば、良いのか?” とつくづく考えさせられる。


L1010813.jpg
 ”敬老の日” に届いた、GOUTER de ROI ”Gateau Rusk” の贈り物


L1010815.jpg
    ”Rusk” 、それは 「王様のおやつ」

フランスでは、お茶会のことを 「グーテ・デ・ロワ(王様のやつ)」 といい、贅沢で楽しい事とされています。

フランスの食文化のシンボルといわれている良質なフランスパンをラスクに仕上げたもの。

バターの風味の芳ばしい 「王様のおやつ」 を楽しむ豊かな時間を過ごす。

※ 今回もカメラブレのピント外れの写真となった。
   と言うのは、LEICA V-LUX は任意の一点に焦点を合わす事が出来ないから?
   それとも、私の使用方法が間違っているから? それにしてもピント外れのカメラブレとはね~。

「敬老の日」 と言われても、本人に75歳という年齢の自覚は無いのだがね~。

「敬老の日」 ・・・有難い事やら? 有難くない日やら、

そんな事が一瞬頭を過るって、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 2 TB: --   

相性は? 

『 心つなぐ。笑顔かがやく 』

キャッチ コピイー が素敵だね~。

レモン風味のまろやかなレアチーズケーキに、三種のソースが、

ストロベリー・ブルーベリー・マンゴーの三種のフルーティーなソースが味を引き立てる。

神戸の老舗 ”モロゾフ” から最高の美味しさと最良のサービスを・・・

贈る人と味わう人の ”心とこころ” をつなぎ、”笑顔” で 満たされる一時の幸せを。

L1010783.jpg
           モロゾフ(株) ”白いチーズケーキ” 三個入り


L1010812.jpg
        撮影失敗!!ピンボケだよね~

甘味に深みを持たせるのに ”塩” を用いるのは常套手段。

チーズケーキの美味しさに、”赤ワイン” を垂らせば、より美味しくなるの~?と。

只ただ甘いだけではなく、タンニンの渋さがより味に深みを?と思っただけである。

味の方はさて置き、ピンボケでカメラブレ、失敗写真ではどうにもならないよね~。 失敗・失敗。

ひょっとすれば、チーズケーキに赤ワイン、相性がいいのでは?と思ったのは、赤ワインが飲まずに残っていたから。

渋くて苦みのある赤ワインは、どうしても私の口に合わない。 相性が悪いと言う事だよね。

何とかして赤ワインを無くそうと思ったのが、そもそもの始まりであったが・・・

相性が悪いって、「こんなもんなの~?」
                        相性が悪いから、撮影も失敗したのでしょうか?


category: 雑感

CM: 4 TB: --   

和菓子って、風流? 

『 何もかも忘れ 洗いざらした甘美な一瞬の美しさ・・・』   室生犀星

詩人・室生犀星は金沢にて 『寒蝉亭雑記』 の中で、「一体に軽い甘い物が多く、

主に品と雅と淡さとを目指した味わいから造られてあった」・・・と綴る。

和食膳の食後に ”水菓子” 、菓子とは言え此れは果物の事である。

砂糖も無く甘い食べ物も無かった頃、干し柿や栗などが貴重な甘味であり、今の菓子であった。

後になり、唐の国から ”唐菓子” なる物が伝わり、小麦粉や米粉を油で揚げた物を菓子と言った。

平安時代に伝わった ”唐菓子” であるが、その頃になると神へのお供え・神饌もあり、

3月3日の上己の節句には草餅が、5月5日の端午の節句には粽が、登場する。

古代の甘味料として ”甘葛” があり、「枕草子」 には ”あてなるもの” (上品なもの)とある。

削った氷の上に甘葛をかけた珍味で高級なお菓子だったようだ。

気の遠くなる時間をかけて、現代の ”和菓子” の登場をみるのであるが・・・

雅で風流なお菓子を楽しむ事が出来るようになった。


L1010787.jpg
             金沢市 「加藤晧陽堂」製 ”金沢うちわ”

干菓子 ”金沢うちわ” は多くの図柄があり、季節ごとに絵柄はかわり、和菓子の風流をチョッピリ味わう事ができる。

包装紙を解くと、うちわ状に刳り貫いた奥に、和紙に包まれた干菓子 ”うちわ” が顔を覗かせる。

包装紙・内箱にまで細やかな気遣いをする日本人の風流心(拘り?)を見る事ができる。


L1010788.jpg
             日本の四季を干菓子に託して・・・



L1010786.jpg
        名古屋市 「両口屋是清」製 ”ささらがた” 季節限定:夏



L1010789.jpg
     ”レモン” ”すいか” ”白桃” ”白小豆” ”大納言” 五種詰め合わせ

爽やかな檸檬風味の ”錦玉羹”、 ほんのり甘い西瓜風味の ”すいか”、 白桃の香り広がる ”白桃”

季節の美味しさ実り、夏の風物詩に舌鼓。

口どけ良い ”白小豆” と、上品な甘さの ”大納言” 、小豆の美味しさを飴村雨で・・・

思いを 「ささらがた」 に託した、甘美な華を添える心づくしの銘菓。

『 五感で楽しむ芸術品・・・和菓子 』

「五感」・・・眼で愛で、鼻で嗅ぎ、耳で聴き、舌で味わい、感触を楽しむ。

過剰包装と言われはするが、包を開く瞬間の楽しみも当然あるでしょう。 (眼識)

どんなお菓子なのか? 見るまでの想像も一つの楽しみ。 (眼識)

季節季節の微かな香りをのせて、色と香りは和菓子の真髄。 (鼻識)
 
楊枝で切る時のあの感触、得も知れぬ感動をも覚える。 (感触)

一口、口に入れ舌で味わう微妙な味わいに、職人の心意気を感じ、 (舌識)

季節季節の風情を形に載せて、四季折々の風を伝える。 (意識)

繊細な職人の心使いが、色と形に ”銘” を与え、恰も自然の空気感をもたらす。

「和菓子」 と言えば、”練り切り” だよね~。

四季折々の ”銘” が付けられ、眼で見ながら其の ”銘”を 考えるのも楽しみである。

「聴覚」 で楽しむって、お菓子にあるの~?と思うけれど・・・

干菓子など特に ”お煎餅” は、歯応えが楽しく、あのパリパリ・ポリポリ感には心も弾む。

世の中、洋の東西を問わず、お菓子は沢山あるが、五感に訴えるお菓子は、和菓子をおいて他にはナイ。

いやいや、それどころではナイ。 ”五感で感じる芸術品” って、和菓子以外にはナイであろう。

”うちわ” に夏の涼を感じながら、和菓子を楽しむって、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 0 TB: --   

秋色に酔う 

『 見わたせば 花も紅葉もなかりけり…』  柘榴 椿木 が秋の訪れを告げる。

夏の間は ”らら” の散歩は、専ら女房のお仕事だったが、涼風と日影が散歩を促すようになった。

久しぶりに散歩に同伴すれば、春から夏にかけては、色とりどりの草花で賑やかだった散歩道だったが、

心地よい風に誘われ出てみれば、秋ともなればすっかり色あせた公園となった。

実りの秋に相応しく? 柘榴や椿が実を付け色づき始めた。 こんな景色にも秋の気配を感じるようになった。


L1010801.jpg
陽の当たる芝生広場を避け、煉瓦敷きのプロムナードを



L1010798.jpg
色づき始め柘榴の実もたわわに



L1010800.jpg
珍しい?濃い真紅のヒマワリは、今を盛りにと



L1010804.jpg
敷居の滑りを良くするのに・・・椿油が一番



L1010805.jpg
子供の水遊び、監視する母親はスマホに首ったけ

「秋らしくなりましたよ、久しぶりに散歩でもしませんか」 との妻の声に誘われ ”らら” のお伴を楽しんだ。

三年前には、早朝6時の散歩をしていたのだが・・・歳の所為なのか?ね~、最近はすっかりご無沙汰している。

涼しいとはいえ秋の清々しさには程遠く、日差しの中を歩けば汗ばむほどだ。

春には路傍の草花に眼をやり、夏には虫の声に耳を傾け、秋にはゆく夏を風の音に楽しむ妻だが、

私の方は至って頓着心は薄く、「そうだね~」 と返事をすることが多い。

青空に浮かぶ秋の雲に、爽やかに吹きすぎる風の音に 「もう、すっかり秋ですね~」 と妻は・・・

自然に心游ばす妻だが、私の方は、色づいた柘榴や椿、未だ青々とした無花果に、

此れって風情を楽しむ感性が足りないのか?ね~!!

初秋の散歩をしながら、ふと思い出したのは、

『 秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる 』 古今和歌集

吹く風に心揺さぶられる妻の心情と古今和歌集の詩だった。

散歩しながら思う事って、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 2 TB: --   

どちらも苦手だった 

『 歳と共に、好みは変わるって?』

夏バテ防止に、お酢を飲むのが体にイイ!!と言う事なのでしょうね。 飲む酢 ”梅え酢” を頂いた。

ワインを嗜んでいるの?っと、リンゴとイチジク、そしてサクランボのドライフルーツを添えてね。

子供の頃より此の方、酸っぱい物と苦い物は大嫌いだったが・・・

折角頂いたので、試しに飲んでみようと ”梅え酢” を口に含んでみたが・・・

「歳と共に、好みは変わる」 なんて言われるが、やはり酸っぱいのは口に合わなかったが、

近年 ”酢の物” は好物の一つになった。 やはり歳の所為なんだろうね。

ドライフルーツはワインに合うのか? どうだろうね~?

”イチジク” はイタダケナカった。 リンゴはイイのだが、こちらも生のリンゴの方が好きかな?

とは言っても、ワインのお伴としては、やはりドライフルーツになるのでしょうね。


L1010626.jpg
    ”飲む酢” に、”ドライフルーツ” 四種


L1010791.jpg
   ラーレリ博士の、こだわり ”オリーブ” 三種

オリーブ・オイルも最近までは口にしたことも無かった。 油を生で口に入れるなんてね~。

TV番組 「イタリアの小さな村」 を見ていると、イタリア人はオリーブ漬けになるほど飲むんだよね~。

そんなこんなで、最近試しにオリーブオイルを使った料理を口にしたのがきっかけでイケるね~と思うようになった。

此れを称して「 歳が好みを変える」 って言う事でしょうか?

今では色々なオリーブオイルが食品庫に入っている。 とは言え、どれも味の違いはよく判らないのだが。

つい先日、宅急便で ”オリーブオイル” が届けられた。 

イスタンブールで生産された、ラーレリ農園の製品で、”オレンジ” ”レモン” ”ベルガモ” の三種類が。

ラーレリ博士の自家農園の、ハーブや果実などをオリーブの実と一緒に搾取した、薫り高い逸品。

「オリーブオイルは、ただのオイルではない」 との博士の信念。

消費者の健康生活に貢献できる優れた製品造りに拘りを持っているのでしょうね。

因みに、ラーレリ社のオリーブオイルの受賞歴をみれば、

なんと何と、15年間で50を超すインターナショナル受賞歴があると言うではないか。

”なま酢” が好きになり、”オリーブオイル” が美味しいと思うようになった昨今。

歳と共に、好みは変わるって、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 2 TB: --   

和菓子派? 洋菓子派? 

『 峠の茶屋で昔の味を偲ぶ・・・』

日本の和菓子とくれば、”餡団子” に ”みたらし団子” 、黄な粉を塗した”わらび餅” か ”安部川餅” かな~?

西行は、「年たけて また食ふべしと思ひきや 命なりけり小夜の中山」 と、”わらび餅” に舌鼓。

”餡団子” は、「酒くらわんか、餅くらわんか」 と言われるように、串刺しの餡餅で、

元々は甘くなく、口当たりの悪い物だったが、「至極美味しい」 と言う者もいたようだ。

旅のお供に ”串団子”。 餅を食べながら和気藹々と旅を楽しんだのであろうか?

なにはさて置き、茶屋での一服ほど旅を楽しませてくれるものは無かったようだ。


L1010796.jpg
”みたらし団子”  スーパーで、三串入パック ¥69

”みたらし団子” 東京では四つ刺し、関西では五つ刺しが一般的。

元々は五つ刺しで一串 五文が相場だったが、江戸時代に四文銭が広まると、一串 四文で四つ刺しになった。

江戸歌舞伎で有名な名優・中村仲蔵は「手前味噌」で興味深い事を言っている。

茶店に腰を下ろした仲蔵は、「四ツざしの団子 尊とき櫻かな」 と一句詠み、「春心山川越して十四日」 とも。


L1010797.jpg
広重画 「東海道五拾三次」 ”丸子 名物茶屋”

「梅若菜 丸子の宿の とろろ汁」 嘗て松尾芭蕉はお気に入りの茶屋の ”とろろ汁” を一句詠んだ。

後に歌川広重が描き、”丸子のとろろ汁” と噂は広がり有名な茶屋となった。

「名物とろろ汁」 との看板を見て、疲れた足腰を癒したのであろうが、

峠の茶屋が眼に入れば、あぁ~串団子が食べられると一息つくのではないか?

”とろろ汁” より、”餡団子” か ”みたらし団子” だよね~!!


L1010776.jpg
希少糖入 北海道産小豆 栗かの子ゼリー

日本の涼しそうなお菓子(?)と言えば、”かき氷” に ”ところてん” が代表格かな。

「清滝の 水汲よせて ところてん」 と詠まれた、野明亭の笈日記にもある如く。

五種の果実や鹿の子入りゼリーを頂き、冷やしていただく夏の日の一時。

冷たく口当たりの良い西洋菓子とくれば、”ゼリー” に、”プリン” ”ババロア” ”ムース”そ して ”アイスクリーム”。

日本の ”ゼリー” といえば、代表格は ”煮凝り” か ”寒天” であろうか?

ゼラチンを用いた ”ゼリー” の発祥は18世紀の頃、フランス人の天才菓子職人アントナン・カレーム。

果実やワイン、コーヒーなどをゼラチンで固めたお菓子は、見た目にも涼しく誰にも好まれるようだ。


L1010778.jpg
WITTAMER の、GATEAU AUX NOIX など四種

”焼き菓子” と言えば、”マドレーヌ” に ”バームクーヘン” が代表格であろうか?

紅茶に ”クッキー” も欠かせない西洋菓子。 「お茶でもしましょうか」 この場面を盛り上げる名脇役であろう。

”クッキー” ”ビスケット” ”サブレ” と焼き菓子にもいろいろあるが・・・

日本の焼き菓子と言えば、”お煎餅” が代表格であろうか?

時代の流れな中で、現代の日本人には、和菓子より西洋菓子の方が好まれるようだ。

そう言えば、歳を取り歯も悪くなったお年寄りには、”煎餅” より ”クッキー” だよね~。

醤油味の ”煎餅” は好物の一つだが、堅くてね~と思う様になった。

お菓子を食べながら思う事って、「こんなもんなの~」



category: 雑感

CM: 2 TB: --   

娘の気遣い 

『 晩御飯・・・一緒に食べましょう~と 』

所用があって、娘が銀座に出掛ける事があったという。

夏の疲れ解消にと、娘が中華のオカズを差し入れてくれた。 夕食を一緒にしたくてと。

昼ご飯に中華はよく食べるが・・・但し冷凍食品だがね。

さすが銀座の有名店 ”アスター” の料理だけあって、薄味だがふくよかで程よい味付け。

いくら美味しくても、これほどの料理を三人でとは少々オバーでは?と思っていたが、案の定だった。

おかげで、あくる日の昼食のオカズに頂く事になった。

※ お皿に盛り付けて撮影すれば良かったのだがね~


L1010790.jpg
        お出かけ帰りのお土産ですが・・・


L1010780.jpg
          ”銀座 アスター” の中華料理 8種類が・・・


L1010781.jpg
     紀州の南高梅:低塩梅干し O157予防にも効果があるの~?

私が南高梅・薄味梅干しが好きで、昼・晩にと一粒二粒食べている事を知ってか?知らずに?

妻の姉さんからゆうパックが届いた。

昔から梅干しは大嫌いだったが、最近は歳の所為か? 好物の一つとなっている。

体力も落ち疲れも出る夏場には、疲労解消に梅干しは最適と思うが・・・低塩蜂蜜梅干しが好きである。

いつもは、スーパーで南高梅蜂蜜低塩 ”つぶれ梅干し” を買う事にしている。

頂いた物は蜂蜜漬けではないが、低塩の所為か? 食べても味の違いはそれほど感じない。

今年の夏は多くの方から色々な品々を頂いたが、

「 いつまでも健康で居て下さいね 」 という有難いお気持ちが込められているのでしょうね。

”心遣い” に感謝するって、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 0 TB: --   

どちらが好み? 

『 猛暑を元気で乗り切ってくださいと・・・』

天候不順どころか、今年の夏はどこか可笑しい!!

夏バテ防止にと千葉大病院・和漢科で、「清暑益気湯」 を処方してもらい飲んでいる。

毎年、夏の終わりになる頃には体調不良にっていたが、今年は今のところ元気いっぱいだ。

『冷たい物でも飲んで、夏を乗り切って下さい・・・』 と? ジュースやビールが届いた。

とは言われてもね~、冷え性で糖尿病とくれば、医者からは冷たい物は禁止、甘い物もね~。

朝・昼・晩、三食の時には多い目の野菜サラダ、そして低塩梅干しで、血糖値も改善された。

元々甘い物が大好きなので、ジュースも飲みたいが、我慢我慢が現状か?

ビールも一汗かいた時や風呂上がりに一杯といきたいところだが、下戸なのでコップ1/3程か?

そこで行きつくところは、ジュースは孫に、ビールは娘婿さんにと相成る次第だ。


L1010713.jpg
             リンゴ 100% 生ジュース 5種類<セット/span>


L1010785.jpg
         キリン一番搾り 「関東の詰め合わせ」 7種類セット

         Jim Thompson トム・ヤン フレーバー ピーナッツ
         スパイシー フレーバーカシューナッツ


ジュースは糖分多すぎで我慢。 ビールは苦くて口に合わない、と言うより下戸で飲めないのだが。

そこで、ナッツの缶詰を開けてみた。 お伴にワインでもとグラスにほんの少々。

意外や意外、スパイシーな味付けのナッツは美味しくワインとの相性も良い。

料理にしても嗜好品にしても、国産が一番!!と常々思っている。

ピーナッツでも、千葉県・八街産を食べると、中国産なんか二度と買いたくないと思う程不味い。

ところが、お土産に頂いたタイ国産の味付けナッツ缶詰だが、これが意外や意外、イケるのである。

邪道だが、一風呂浴びた後、”周五郎のヴァン” に氷を一欠けら入れたところ、

何とも冷たくて喉越しが良くなり、ナッツのピリ辛とよく合うではないか。

邪道か? 正当か? は、好きか? 嫌いか? で決まるもんだよね~。

赤ワインの氷割りが、何とも言えず美味しいって、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 2 TB: --   

”穢” と ”救い” 

『 日本の差別ジェンダーの始まりは・・・伊勢神宮 』

「血の池地獄」 を見たのは、別府温泉であった。 その後、恐山に行った時にも「血の池地獄」を観る事となった。

「血の池地獄」 と ”血穢” とが関係があり、女性と深い関わりがある事も何となく知ってはいたが・・・

「穢れ」 とは、祓われるべき不浄の事で、民俗学的には汚穢は三穢:”死穢” ”産穢” ”血穢” とある。

”死穢” とは、黒不浄と言い、人畜の死。  ”産穢” とは、白不浄と言い、出産時の穢れ。

”血穢” は、赤不浄と言い、女性の生理時の穢れを指す。

女性固有の穢れ観は・・・ヤマトタケル命がミヤズ姫の裳裾についた ”月の物” を忌憚した事に始まり、

九世紀初頭に、王権に最も近い伊勢神宮から血の不浄観が定着し始まる。

ジェンダー問題が叫ばれる昨今であるが、事も有ろうか?日本では伊勢神宮が元凶であった。

後には加茂神社の斎院にも伝搬し、天皇周辺の祭事から女性に対するジェンダーは広まった。

「江戸博物館」 で、江戸時代の出産情景が展示されているが、直ぐ傍で父親が見ているが、

昔は、出産時は住居とは離れた産屋で出産するのが当然、男性同席不許であった。

女性特有の出産時の出血、毎月やってくる血穢れ ” 月のもの”

此の回避出来ない女性の”穢れ” が元で、女性は死ねば必ず ”血の池地獄” に堕ちると言われた。


L1010587.jpg
               ① 江戸時代の ”お産風景”   江戸博物館展示


harunobu_konin_no_zu_l[1]
             ② 浮世絵師:春信が描く、”お産風景”


L1010735.jpg
    ③ 「熊野観心十界図」 部分


src_12495247[1]
        ④ 恐山:血の池地獄 堕獄の女性を救う ”如意輪観音”

『 捨てる ”神” あれば、拾う ”佛” あり ? 』

女性が 「穢れ」 とされ、差別されてきた事は・・・仏教的な淵源としても

「石女地獄和讃」 「血の池地獄和讃」 「女人往生和讃」 などをみても判る。

「女人往生和讃」 では、出産の際の ”血穢” が神仏を汚すから地獄に堕ちるが、

血の池地獄に堕ちた哀れな女人を救済するには、「血盆経」 を唱える事で救われると。

写真 ③ に見られるように、「熊野観心十界図」 では、血の池地獄に堕ちた女人を如意輪観音が救う。

「血盆経」 を唱え聞かせれば、女人は救われ蓮の台に載せられ地獄を抜け出せると。

わが国では古来、出産や ”月のもの” に関わる血は、浄で厭うものとされ、神事に於いては極端に忌避された。

男尊女卑の性差別の発端である。

「三穢」 から女性を穢れの対象として ”神” は忌避し、死して地獄から ”佛” が救い出すと言われてきた。

「捨てる神あれば、拾う神あり」 ではなく、「捨てる神あれば 拾う ”佛” あり」 とでも言う事なのか?。

江戸時代のお産風景を見ながら思う事って、「こんなもんなの~?」


category: 雑感

CM: 2 TB: --