Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

埋葬考 

『 霊魂は、里山に眠る 』

L1010111.jpg
        霊園内に増設された 「庭園葬」  4000柱が埋葬される

古来、山や森は生活に必要な環境や、食用の動植物を与えてくれた、貴重な場所であった。

神霊や祖霊の住処であると、人々は信じて疑わなかった。

日本の宗教心は、縄文時代の山の神信仰、弥生時代の水分神への信仰を母体としていた。

現代でも、木樵は山に入ると、先ず山奥にある山の神の依代とされる神木に酒と塩を供えて、許しを請う。

そんな山へ、人が亡くなれば霊魂は、山懐に帰って行くと信じていて、

亡骸が棲む山懐に、亡骸を運び丁寧に埋め、程よい大きさの丸い石を置いて墓標とした。

幼い頃に親から聞いたことがあったが、山道を歩いていても、丸い石は踏んではいけないと。

其処には、亡き人の骨と魂が眠っているのだからと。

『 遺棄葬こそ、本来の埋葬方法 』

L1010112.jpg
  一区画、40×40㎝程の広さ。 石庭風に枝垂れ梅が20本植えてある

京都の化野・山野辺・鴨川・・・観光地として名高い処だが、昔は死体捨て場であった。

捨てられ積み重なった死体は、死骸へと変化する間は異臭を放ち、見苦しい事はなはだしい。

山で修業した遊行僧が全国を教えを説きながら行脚している時、

遺棄された死体があれば、せめて読経でもと亡骸を供養したものである。

山裾や河原などへの遺棄葬から、時代と共に身近な場所へと埋葬方法は変わり、

村々に一定の場所を墓所と決め、村人の遺体を(後には焼骨を)埋めたものである。

誰が眠っているか判るように、墓標として角塔婆を建立したが、やがてはお墓へと変遷をする。

日本のお墓は和式墓といい、長方形の仏石を四段の石が支えているのが本義。

其れは、心柱・ア(空)から下へ、バ(風)・ラ(火)・カ(水)・キャ(地)、の梵字(五大)を表したもの。

バ・ラ・カ・キャを四大といい、この四大がバランスを崩すと病気にもなり、死へと向かうと考えていた。

昔は、葬儀の案内状に、「四大不全につき薬石効なく逝去しました」 としたものである。

和式の墓が五段組みで構成されているのには、重要な意味がある。

ところが近年になり、墓石は大きな変化を見るようになり、終いには芝生墓地とか壁墓地まで・・・

今では樹木葬や海洋葬をはじめ、宇宙葬なるものが出現した。

考えてみれば、古代人が行った遺棄葬へと回帰し始めた様相を呈している。

先日、知人の回忌法要に立ち会う機会があり、霊園へと伺ったが、

樹木葬と呼ばれる共同埋葬のお墓(?)に、時代の変化を見る思いがした。

時代は、本来の埋葬方法・遺棄葬へと向かうのか?と。

時代が流れるって、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

和菓子に、涼を・・・ 

『 和菓子を愛でる心 ”白妙” のごとく清らかに 』

L1010102.jpg
     菓匠 白妙 の、”貝合わせ最中” と、”笹もち” と ”きんぎょゼリー”

菓匠 ”白妙” (船橋市習志野台) の和菓子の栞に・・・

”白妙” とは、梶の木の繊維で織った白布のこと。 梶の葉は、七夕の夜、織姫に歌を書き、思いを託したもの。

梶の葉に願いをこめて・・・あるじの粋な一言が。 

「田子の浦に うち出でてみれば ”白妙” の 

               富士のたかねに 雪は降りつつ」


菓匠のあるじ:高橋弘光氏は、若干二十歳で農林大臣賞受賞。

TVチャンピオン和菓子選手権で、初のV5を達成、殿堂入りを果たす。

千宗家家元賞・名誉総裁賞など数々の賞を受賞。 

『 花の咲くように 四季彩漂う ”白妙” の菓詩 』

L1010103.jpg
     波よせる音に想いをはせる ”貝あわせ最中” と、涼をよぶ ”笹もち”

万葉の昔から、日本人が持ち続けている四季折々、移り変わりに優しい思いを馳せる、清らかで柔らかい心。

日本の心を大切に、菓匠 ”白妙” の銘菓に舌鼓を打てば・・・至福の一時を楽しむ。

『 一途に、和菓子へ想いを込めて 』

L1010104.jpg
        盛夏を涼しく、”きんぎょゼリー”

菓匠・高橋氏は言う。

「創作の志は、日本の四季、伝統に、感性とその瑞々しさを抄いとることから。

 そこに生じる感動を菓子に込めて・・・花を飾り、美しい器を愛でる。くつろぐ空間と時間を」 と。

和菓子の妙

和菓子の代表と言えば・・・

餡玉のまわりに、そぼろ状に裏漉しした餡を盛り付けた、”きんとん”。

米粉に水と砂糖を加え加熱し練り上げた、”求肥”。

求肥などの素材と餡を練り上げ、様々な形に作り上げる、”練り切り”。 

和菓子には、その折々の季節にしか味わえない、”草餅” や ”桜餅” 、お彼岸の ”おはぎ” 等がある。

王朝時代から続く宮中の行事にちなんだものが多く、穢れを祓う ”蓬餅” もその一つだ。

日本の自然は四季折々に変化する。豊かな風情を表現したのが ”和菓子” である。

季節感を大変大事にした 「茶の湯」 が、和菓子でもって客人を楽しませたのも、その所為であろう。

豪華な、縄文クッキー

和菓子ではないが、古く起源を辿れば、縄文時代にまで遡る事が出来そうだ。

身の回りにある自然の恵み ”木の実” を焼き上げた 「縄文クッキー」 は、栗の実などを使っていたようだ。

秋の味覚 ”栗” は現在でも高級品の一つではなかろうか?

縄文人は質素で素朴な食料を手にしていたが、全てがオーガニックの高級品であったようだ。

現代人は知恵がつき、化学肥料が発達したが、そのお蔭で体に悪いリスクを沢山受けている。

和菓子は甘く、糖質が多いので糖尿病に成り易いが、そんな事を気にしていたは和菓子は食べられぬ。

私が糖尿病になったのも、甘いものが大好きだったからだろう。

和菓子を頂きながら、ふと思うは 「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 4 TB: --   

甘き雫 

『 等級は、優・秀を超えた ”ロイヤル” L L玉 』

L1010106.jpgd
 岡山から、夏の便りを添えて ”清水白桃” が・・・

AU のコマーシャルで ”桃太郎” がただ今放映中。 毎度面白い画像を楽しんでいる。

江見水蔭の 『女房殺し』 では、「木陰の茶屋で好いものは、山から引いた ”清水の噴水” に、

冷やしてある藤沢桃と、十四ばかりの小娘の美しいのと、此逗子での評判である」 と。

”清水白桃” の ”清水” は、ここから来ているのかね~?

”桃” が記録に残るのは古くは、「古事記」 にも見ることができる。

イザナミノミコトを黄泉の国へ訪ねたイザナミノミコトが、追跡してきた黄泉の国へ、

桃子三個を投げ打って、難を逃れたとある。 此れを褒め称えて桃に ”オオカムズミノミコト” と命名とある。

『 口福は 甘き雫の 白桃かな 』

L1010107.jpg
             白桃の 産毛は 赤子の桃の肌

「一つひとつ白紙で丁寧に包まれた桃をそっと取り上げる。

しっとりと重い。女人の丸い乳を抱いて、その重みを確かめる男になったかのような、ひとときの酔い・・・」

岡部伊都子の 『野菜のこよみ、くだものの香り』 の一文。

”口福の時” とは、滴り落ちる蜜の雫に、舌鼓を打つ此の瞬間なのであろうか。

此の幸せを誰と分かち合えばいいのだろうか?

頂いた桃に感動する瞬間って、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 0 TB: --   

老後は不安? 

『 世間は ちろりに過ぐる ちろりちろり 』 

L1010105.jpg

世の中は瞬く間に過ぎていく、ちろりちろりとね・・・閑吟集。

人生、急いでも ”どうにもならない事” ばかりなのに、やれ出世とか、老後に備え貯蓄に気遣い。

先日、妻が病院にいる間に、近くの船端漁港に行ってみた。

漁船を繋ぐ艀に、一人黙々と釣り糸を垂れるご老人に出会った。

この歳まで、何一つ過不足なしに生きてきた己の人生を、思わず振り返った。

閑吟集は斯くも歌う・・・

『 何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ 』 ともね。

まじめ腐って生きても、人生は儚い夢なんだよ。 ひたすら遊び狂うが良い、と・・・

あくせく齷齪・・・ミツバチではあるまいに。 働くだけが能じゃ~ない!!

心に余裕を持てない世の中が産み出すものは、精神疾患をはじめ、暴力事件までも。

とは言え、「働かざる者、食うべからず」 とも言うよね。

結局、中庸が一番と言う事なのか?

現役をとっくに過ぎた身、好きな写真でも写しながら遊ぶとしましょうか、ね。

「遊べや 遊べ・・・」 と言うからには。

孤独に見える老人の魚釣りを眺めながら・・・

老後の事が頭を過るって、「こんなもんなの~?」


category: 雑感

CM: 0 TB: --   

病気には・・・ 

『 季節の和菓子に舌鼓 』

L1010096.jpg
            源 吉兆 ”陸の宝珠” と、”太陽の実”

「こんにちは~、体調は大丈夫ですか? 今、船橋駅前ですが、10分後に会いませんか・・・」 と、携帯に。

何かと気遣ってくれるO氏からの電話で、マンションのカフェテラスで久しぶりの再会を楽しんだ。

私は脊柱管狭窄症、女房は腰部強打により未だに家事も侭ならぬ状態。

其れを気遣ってのお見舞いがてら、甘い物で元気を出して・・・と。

源 吉兆の和菓子を二箱も頂いた。 ”陸の宝珠” と ”太陽の実”。

我が家では、三本入りの串団子(粒あん) 1パック ¥98 は常備(?)されているが、

頂いたような高級和菓子が口に入る事なんて、めったに有る事ではない。此れこそ本当に「有る事、難し」だね。

体調不良のせいでのお見舞いに頂いた高級和菓子であるが、病気にはなってみるものですね~。

だって、病気と怪我のお蔭で、普段は食べられない高級菓子が楽しめるなんてね~!!

『 繊細な和菓子は、世界へと・・・』

L1010098.jpg
            翠玉の一粒、”マスカット・アレキサンドリア”

手のひらの中、大切に育まれた 翠玉の一粒・・・マスカット オブ アレキサンドリア

瑞々しい果汁が、砂糖をまとった薄い求肥に包まれて、はじける食感と爽やかな舌ざわり。

太陽の恵みを一身に浴びた、マンゴーならではの濃厚な甘み。

なめらかな口当たりと風味、華やかな深いコクのマンゴー・ゼリー。

「 大滝を 過ぎて夏身に 近くして

            清き川瀬を 見るが清けさ 」
 万葉集

菓子箱の掛け紙に、夏らしい清々しい和歌が書かれている。 粋な計らいですね~。

日本でも御多分に漏れず、環太平洋の国々でも ”TPP問題” が再浮上しているようだ。

日本の食文化は今や世界中で持て囃されている。 品質では日本製品に勝る国は何処にも無いからである。

源 吉兆も、銀座・岡山・鎌倉と展開されているが、それだけではない。

ロンドン・ピカデリー、ニューヨーク・マディソン、など世界10都市へと展開を見せている。

生クリームを使った洋菓子も美味しいが、低カロリーの和菓子が見直され世界へと羽ばたいている。

昔、「西洋かぶれ」 と言う言葉が流行った時代があった。 何でもかんでも、西洋が一番とばかりに。

現在では、洋の東西を問わず、「日本かぶれ」 と言っても差し支えない程、日本人気は高いものがある。

”和菓子” この繊細で上品な菓子を頂きながら、ふと 「西洋かぶれ」 なんて古い言葉を思い出した。

外出が侭ならぬので、家の中に居る事が殆どである。

頂き物にカメラを構え、撮影するカットって、「こんなもんなの~?」




category: 雑感

CM: 2 TB: --   

会えてよかった 

『 また会えて、良かったね 』

L1010092.jpg
  カンディンスキーのリトグラフの前で・・・

”会えて、よかったね” と、言ってくれる君たちがいる。

”そうね、良かったね” と言える私がいる。

満面の笑みをたたえた、”ラ・パリジェンヌ”。 少しはにかみ気味な ”ヨハネ・パウロⅡ”、

嬉しい再会であるが、「花の命は短くて・・・」 と言われるように、短い間の再会だがね~。

『 人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける 』 紀 貫之(歌)

私は昔どうりに咲き、色も香りも漂わせていますが、さてどうでしょう、貴方に心変わりはありませんか?

見知らぬ人と初めて出会うのも楽しい事だが、旧知の友との再会には心温まるのもがある。

先月、訪ねて来てくれた ”パリジェンヌ” と ”パウロ”、今回は暑中見舞いでお伺いでしょうか?

蒸し暑い最中、爽やかな姿で、甘い香りを運んでくれる。 心爽やかになる再会である。

人は、”花 には、成れない” が・・・”花のある人” には成りたい!!

バラに思う事って、「こんなもんなの~?」



category: 雑感

CM: 0 TB: --   

値は値ほど 

『 値は、値ほど 』

L1010090.jpg


 若い娘は ウッフン  お色気ありそうで アッハン  スリーキャッツ(唄)

つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー 甘くてしぶいよ スリー、 ワン・ツー・スリー、ウ~ン!!

少し歩けるようなので、近くのスーパーへ買い物のお供。

果物売り場で、サクランボが並んでいるのを見て、 其の価格の差に少々驚いた。

私が買ったのは、1パック ¥298 他には箱入りの ¥3000~¥8000 と色々。

誰が高価なサクランボを買うのかね~? アベノミクスのお蔭(?)で、皆裕福にでも成ったと言うことなのか?

外出が侭ならないので、買ったサクランボでも写すとするか~、とまでは良かったのだが、

どう写せばイイのか? まぁ、どうでもいいや~と、小さなガラスのお皿に取りあえず入れてみた。

写して画面をよくよく見れば・・・やはり ¥300 ではショボいね~と思わざるをえない。

「値は、値ほど」 なんて言われるが、本当だね~。

歌の文句じゃ~ないが、も少し採りたての生きの良いサクランボが・・・と思った。

”ウッフン” ”アッハン” の、若いサクランボもいいが・・・

買ってきた少々くたびれたサクランボも、甘酸っぱいお味で中々のものでしたよ。

若い娘より、くたびれかかった中年女性の方が、お味が宜しいようで、と言う事なのかね~。

高級品が買えない負け惜しみって、「こんなもんなの~?」


category: 雑感

CM: 7 TB: --   

持つべきものは・・・ 

『 よくない友に、”身分の高い人”、”若い人”、”無病で頑丈な人”、

     ”酒を飲む人”、”勇猛な武士”、”嘘をつく人”、”欲深い人” 』


「つれづれなるままに 日くらしすずりにむかひて 心にうつりゆくよしなしごろを・・・」

兼好法師が 『徒然草』 の中で、 気儘に人生訓を説いたものと思われる。

学生の頃、『徒然草』 の書き始めの美しい音律に感動を覚えたものだ。

友としてはいけない人・・・なるほど、なるほどと思い当たる事もあるが、

「無病で頑丈な人」 をも、友として選ぶな!!と法師は宣うが・・・

病人は、あっちが痛い、こっちが痛いとぶつぶつ言い、聞くに堪えなくなるのにね~。

『 よい友に三つある。”物をくれる人”、”医者”、”智慧ある人” 』

とも、兼好法師は書き添えている。

何年か前より歩いていると、左足のふくらはぎが痛くなる事があった。

下肢静脈瘤なのか? 下肢動脈の血流が悪いのか? 色々医者を訪ねるが、病名は不明だったが、

最後に訪ねた病院の整形外科で、「腰部脊柱管狭窄症」 と診断された。

血流改善と痛み止め薬を、一週間ごとに三種類替えて飲めど、症状の改善はみられなかった。

三か月前より、鍼治療を自宅で受け、少なからず改善がみられたが、ここ一週間は元の木阿弥状態だ。

”医者” と ”薬剤師” と ”鍼灸師” がいれば、大抵の病気は治ると思うのだが、

13年前、胃癌で3/4切除したが完治。このたびの 「脊柱管狭窄症」 ばかりは今のところ、どうにもならない。

”医者” も ”鍼灸師” もいるのにね~、まったく~!!

『 持つべきものは、家族 』

L1010088_20160701161420487.jpg
               差し入れの、”なだ万” 弁当と ”お味噌汁”

「脊柱管狭窄症」 で立っている事も、歩く事も侭ならない状態に・・・

その上、一週間前に妻が脚立から転倒し、身動き出来ない状態になった。

背骨骨折が疑われ、病院に問合せすれば、自力が無理なら救急車で直ぐ来てくださいと。

レントゲン撮影の結果、骨折は無かったものの、過去に骨折があり治った跡が、そして重度の骨粗鬆症と。

寝ても寝返りが打てず、座る事も立つ事も出来ない状態が続いた、そんな折、

娘が晩御飯の差し入れとして、お弁当を持ってきてくれた。

夫婦で、踏んだり蹴ったりの状態の時の ”差し入れ” ほど嬉しい事はない!!と、

人間って、本当に身勝手な事を思うもんだよね~。

持つべきものは、”物をくれる人”・・・兼好法師の一説を思い出した次第である。

「狭窄症」 に、「強度打撲傷」 、弱り目に祟り目なんて事って、「こんなもんなの~?」


category: 雑感

CM: 4 TB: --   

ハイブリッド米 

『 食料過剰時代へ突入 』

思うに・・・・・

世界中の食料が余る時代になっている現状を考えれば、農産物の価格が高騰する杞憂には至らない。

「世界には現在、八億人の飢餓人口がいる」 とは、国連の言い種だが・・・

その大部分は、アフリカ・サハラ以南のアフリカと、

インド・パキスタン・バングラディッシュに存在しているだけだ。

TVの映像で見るような飢餓状態は、一部の農村部とスラム街であって、国連の政治的言い訳である。

太古の昔の古代人は、命を繋ぐ食料を手にする苦労を余儀なくされた事であるが、

エンゲル係数の高い時代と比べれば、現在の食料事情は想像を超す改善を見る。

世界人口の半数を抱えるアジアも、食料も工業製品も過剰生産状態になっている。

何を意味するか?は、世界中がデフレに陥る事を意味している。

『 ”コシヒカリ” を超えたか? ”みつひかり” 』

L1010082.jpg
          ”みつひかり” の試供品

”みつひかり” は、三井化学のバイオテクノロジーを駆使し、十数年の歳月をかけて育成したハイブリッド・ライス。

ハイブリッド・ライスの種子は、二つの品種を交配し、両方の優れた形質だけが受け継がれたものである。

遺伝子組み換え品種でないので安全で、”コシヒカリ” に匹敵する美味しさを保ちつつ、収穫性も高い。

三井化学アグロ(株)で種子を生産・販売。 丹精込めての栽培。 是非一度賞味したいものである。

”ハイブリッド米” と聞けば、何だかとてつもない技術を想像するが・・・

市販されている ”お米” は、皆ハイブリッド米だよね~。 だってどれも品種改良での掛け合わせだもん。

『 世界唯一。最も軽い、三井の ”熱可塑性樹脂” 』

L1010084.jpg
三井化学の 「TPX」 樹脂を使った ”しゃもじ”

(株)マーナ社の 「立つしゃもじ」 は、お米が付き難く、汚れが付き難い。

使用後は立てて置いて乾燥。キレイな状態が保てる ”しゃもじ” 、機能性・衛生性に優れた製品である。

我が家では使用後、”しゃもじ” は洗って箸などと一緒に立てて乾燥させるが、

”立つしゃもじ” は、下が膨らみ太くなっているので、乾燥し辛い。 これは我が家での事であるが、ね。

但し、「TXP」 製の ”しゃもじ” はお米のくっつきもなく、使用感も良く、衛生的と思われる。

”立つしゃもじ・プレミアムクリア” は、マーナ社のオンラインで購入できる。

『 食料の、あるべき社会システムの構築 』

10年前のバイオマスエネルギー時代の到来とともに、トウモロコシの価格が異常な高騰をした事があった。

食糧危機の時代の到来と、メディアも騒ぎ世界中がパニックに陥ったが、

バイオエタノール政策は、確かに食料価格の高騰原因の一部分であろうが、全てでは無い。

トウモロコシの異常な高騰と下落が示すように、今世紀はバブルの多発とデフレの時代なのである。

資本主義が大手を振って歩く時代になったと言うだけの話で、資本主義の危険性が表に現れた事を意味する。

原油にしても、穀物にしても、現在の市場は先物買いを左右する一部のファンドのマネーが、

自分に有利に動くように市場操作をするだけで、情報を流し市場参加者の不安を煽り、

価格を高値に誘引し、売り抜けては莫大なマネーを手にする、マネーゲームでしか無い。

人類の食料の歴史を振り返れば、窒素の化学肥料が発明されて以来、驚異的な収穫量が得られるようになった。

第二次大戦後、化学肥料は大量に生産され、穀物の生産量は飛躍的に増大、「緑の革命」 とさえ言われた。

農地を拡大せずとも、化学肥料の投入量を増やすだけで、食料生産量を即、増やすことが出来る。

今や、世界中で食料の生産余力が存在し、価格も低迷を続ける時代となっている。

世界中で、都市化と少子化、出生率の低下に悩みすら覚える現在である。

食料余りの時代へと世界は突入しているのである。

此の食料過剰の時代を人類はどのように、社会システムを改善しようとしているのか?

「人口が増え、ものが足りない時代」 から、「人口も増えず、ものが過剰に余る」 時代である。

日本では今、食料の20%を廃棄処分にしている。 決して智慧ある行動とは思えないのが現状だ。

智慧を以て模索する緊急事態を迎えている、食料問題だ。

”みつひかり” を写しながら、ふと頭を過った事って、「こんなもんなの~?」




category: 雑感

CM: 2 TB: --