Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

嘘でしょう・・・ 

『 嘘でしょう 雲がいたずら するなんて!!』

今日、AM7:34 が船橋での金環日蝕の筈だった。

日蝕を撮影できる機材は持ち合わせていないが、取り敢えず撮影に出かけた。


2011-10-08 華1549

少し遅れて、僅かな雲の隙間から、かろうじて日蝕が顔を出した。


2011-10-08 華1548

この時間帯は、通勤客でホームは多くの人出。

携帯のカメラで撮影を試みるも、無情にも雲が邪魔をする。


2011-10-08 華1550

丁度、金環日蝕の時間には肉眼では想像は付くが、撮影は残念な思いだった。


日蝕の伝説は多く残っている。

日本最古の日蝕は、「日本書紀」にも次のような記載がある。『 日、蝕之盡きたること有り 』

病に臥した推古天皇は此の日蝕の7日後にその生涯を閉じた。

此の日蝕は女帝の波乱の生涯を象徴する出来事だったのである。

また、「日本略記」には、

『 卯辰の刻に皆欠く、星、色のごとくにて光なし 』 と。

この時は、朝廷は大慌てし、不吉な日蝕が起こった事により、死刑囚まで釈放したと記す。

奈良時代・平安時代には、日蝕や月蝕の時には僧侶を招き祈祷までしたと云う。


2011-10-08 華1552

雲の悪戯で金環日蝕は絶望的だった。

科学が発達した現在では、日蝕も天体ショーで楽しめるのだが、

邪馬台国の卑弥呼が亡くなった時にも日蝕が起き、此れが原因とでも言われたのかしら・

天照大神の“天岩戸”事件は神話によれば、日蝕を表しているとの見方も有るとか?無いとか?

いずれにしても、日蝕にまつわる話には事かかないようだ。

駅から少々道草をしながら帰った。

谷津干潟に流れ込む水路で、三人の男性が潮干狩り(?)を楽しんでいた。

今日の海水の流れは、珍しく濁り褐色の色を呈している。

こんな場所で採ったアサリが本当に食べられるのか?心配だ。


2011-10-08 華1553

団地の中を家路へと急いでいたが、バラが美しい姿を見せていたので足が止まる。

記念にと一枚写すが、強風が花を揺らしピントが合わずカメラもブレる。


日蝕風景が余りにも濁としていたので、バラの明るさが一際目立った。そんな今朝の散歩だった。

運が悪いって、「こんなものなの~?」

それとも、平生往生って言う事なのかしら・・・


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 8 TB: --   

コメント

こんばんは

鹿児島も雲の悪戯で金冠日蝕は見ることができませんでした。残念。

どんなものかと思って、インターネットのライブカメラで見てみたのですが…

絶対に、自分の目で見たほうが価値があると思うのです。
感動も倍になると思うのです。

だから…つまり、金冠日蝕見たかったです…自分の目で。

雲よ、風よ、偶然よ…悪戯も大概にしてくださいな…。

カノン #xsUmrm7U | URL | 2012/05/21 21:37 - edit

金環蝕

こんばんは!親父様てんくらさん。

金環蝕ダメだったですか~・・・

こちら北海道は18年後にやってくるそうです。
その時は自分も50手前。
見られるのか、見られないのか。

色々な意味?で楽しみです。

まれすけ #- | URL | 2012/05/21 22:46 - edit

日食

こんにちは。
日食の話題で持ちきりですね…
小学校の頃、ガラスに蝋燭のすすを付けて見ました。
弟が2才位で、目に悪いから見せるなと父に言われた事を覚えて居ます。
平生往生 てんくらさんはもうそう云うお年なんですか ?

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/05/22 11:57 - edit

世界中、かって日食は不吉なことの予兆として恐れられていたようです。
それでも発達した文明の中には、日食や月食などを理論的に解明し
その予想までも出来ていたとか。
文明は中世ヨーロッパのキリスト教暗黒時代にいったん廃れてしまい、
停滞を余儀なくされました。

それでも人の知りたいという本能的な欲求を抑え込むことは出来ず、
ガリレオ、コペルニクスらが真理を紐解いて行きます。
未知のことを知りたいと言う強烈な本能は、どんなに抑圧しても
むしろ抑圧されるからこそ爆発するのかもしれません。

こちらでは、日食を見ることが出来ました。
前日の夜までは曇っていて半分諦めていたのですが
早朝置きだして外を見ると太陽が顔を出していました。
撮影も成功しましたが、稲科の花粉のおかげで今日は
目がうさぎのように真っ赤になってしまいました。

青竹 #- | URL | 2012/05/22 13:13 - edit

降灰が心配!!

“カノン”さん、こんにちは

鹿児島は金冠日蝕どころではナイですね。
桜島の噴火では大変でしょう。 特に農家の方々にはお気の毒です。
幸いに金環蝕は、どこの放送局でも放映し、居ながらにして観られるのは時代のお蔭ですね。

「見ると聞くとでは、おお違い」ではないが、やはり此の目で観たいですよね。私はほんの少し観ましたよ。撮影はダメでしたが・・・

「雲の悪戯」では、どうしようもないのですが、昔「穢れなき悪戯」という映画がありました。
自然現象なので、雲の悪戯も、“穢れ”はないのでしょうが・・・
雲が湧き、雨が降らないと困る人が居ることを思えば、一時の現象に一喜一憂するのも、大人げないのかな?

でも、出来れば此の目で観たかった。撮影もしたかった。

てんくら #- | URL | 2012/05/22 15:23 - edit

ゆめピリカが我が家に・・・

“まれすけ”さん、こんにちは

18年後、北海道でも日蝕が・・・
大丈夫だよ、50歳なら“はなたれ小僧”ではないですか!!
私は“鼻水こぼすオヤジ”の歳になった。車のマークも“濡れ落ち葉”になるよ~。

先日の一玉50万円の夕張メロン、
我が家でも毎朝の食卓にメロンが載る。 一玉 ¥〇98円のメロンが・・・
爽やかな緑色のとても甘いメロンです。コストパフォーマンス高いですよ。

そして、数日後からは、何とナント、北海道産米「ゆめピリカ」ですぞ。
以前、日本一のコメは何か?という番組で見たのですが、「ゆめピリカ」が「こしひかり」を抜いて、堂々の一番でした。
その「ゆめピリカ」が食卓の上りますぞ!!
後にも先にも、此の一回こっきりでしょうが、あまりにも高過ぎるので・・・



てんくら #- | URL | 2012/05/22 15:37 - edit

歳のせい?

“白熊”さん、こんにちは

そう云えば、私も小学生の時、日蝕が有り学校の校庭で見た事がありました。
昔の事なので、モノクロ・フィルムを真っ黒に露光させた物で・・・
その当時でも、日蝕網膜症なんて言葉があったのでしょうか?そして被害者が出たと云う事も聞いた事が無かったのだが。

今朝のTVで、ストレスの事を報じていました。
ストレスで育児が出来ない女性が増えていると・・・
昔は生活様式が単純だった事がありますが、母親がストレスで育児放棄なんて聞いた事が無い。
今は世の中複雑になった事は認めるが、若い母親の育児放棄なんて考えられない。
昔の男なら、「何て、だらしがナイ」と思うだけではないでしょうか?

此れから先の、日本と日本人、どうなって行くのやら?心配です。
あっ、いけない。こんな事を言うのも、歳のせいかもね・・・

てんくら #- | URL | 2012/05/22 15:49 - edit

他力より、自力で・・・

“青竹”さん、こんにちは

「迷信と科学」・・・時代が進んだ今日でも、依然として迷信が蔓延るのですね、信じられない事ですが。
マインドコントロールされたと云い、多額のお金を巻き上げられたり、色々な事件に巻き込まれたり、何とも忙しい世の中です。

太陽と月には伝説がつきものですが、何とも微笑ましい物ばかりです。
人の創造が作り出す伝説ではありますが、其れはそれで今でも子供達も夢を掻き立ててくれる物ばかりです。
夜空に浮かぶ星の数々、美しく輝く天の川、科学が発展しない時の方が、夢があって良かったのかも?と、思う事がしばしば・・・

夢とロマンを、そして希望をも失った現代の若者、ネットにスマートフォンに首ったけ。
「夢も希望も、もともとある物ではない、それは歩く人が作る物だから」
都合の悪い事は他人のせいにし、努力を怠っては何事も成就はしない。
是非自力で道を切り開いて進んで欲しいと願うばかりだ。

てんくら #- | URL | 2012/05/22 16:06 - edit

コメントの投稿

Secret