Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

誘惑には弱い・・ 

「不犯の清僧」と名高い僧侶:明恵上人がいた。鎌倉時代だが・・・

不犯の僧は、或る時・ある場所で女性と交わった。

青き衣を纏った、ふっくらとした女性と。 夢の中での出来事だが。

『 覚時に好楽ところを 夢中にて試也 』

夢とは言え、かなり現実味を帯びた行為だったのではないか?

想い出すのは、『道成寺縁起』ではなかろうか。

平安時代中期に成立した 『法華験記』では、安珍は若き僧侶・清姫は寡婦となっている。

愛欲に狂い、化け物になり、滅びの道をまっしぐら。「観音様~、お助けを・・・」と。

色と慾と、誘惑には、昔より人間は弱い生き物なのだ。


2011-10-08 華1560

先日、同じマンションの「犬とサイクリング」の好きな方から “お土産” を頂いた.

長崎県佐世保市にある 「ぽると総本舗」 のお菓子を。


2011-10-08 華1558

“ぽると”の由来。

南蛮菓子「ぽると」は、太閤記に切支丹のことを記した中で、

「下戸には、かすていら、ぽうる、かるめら、ぽると、あるへい糖、こんぺい糖などをもてなし・・・」

と述べられているように、安土桃山時代にオランダ、ポルトガルより、此の地に伝えられた、とある。

上下クッキーにクリーム餡を挟んだ、とても美味しいお菓子(クッキー)だ。

糖尿病で血糖値コントロールを薬に依存している私。

普段は糖分摂取は控えめにしているが、糖尿病になるだけあって、甘い物には目がナイ。

哀しいかな、「誘惑には弱い」自分がそこにいる。

考えてみれば、人は誰でも「誘惑には弱い」動物なんだよね。

清僧と言われた明恵上人でも、やはり女性の「誘惑には弱かった」と云うではないか。


2011-10-08 華1559

此方の“みたらし団子”と “あん団子” は、

私も好きだが、女房が大好きなので何時もと云って良い程、買い置きがある。

どちらも、安い時には 1本 ¥30 で売っている。 値段を聞けば、貴方も欲しくなるのでは?

“ぽると” を食べ、“みたらし団子とあん団子”を食べれば、血糖値上昇は間違いなし。

それでも、好きな物には勝てない。「誘惑には弱い」私だから・・・


『 欲は 喉の渇き 』という格言がある。

人間には五欲があると言われる。満足を知らないという事でもあろうか?

『 登っても 峠を知らぬ 欲の道 』

気が付けば、甘い物でも程度を弁えれば、“まぁ、いいか~” と思う自分がそこにいる。

「誘惑には弱い」 自分なのだが、誰でも、「こんなものなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 8 TB: --   

コメント

はい、そのとおりです。
人は欲の塊、そこからは抜け出せません。
また煩悩や欲を切り離したら、それは人ではなくなってしまうでしょう。
欲ゆえに人生を悩み苦しみ。若きウエルテルの悩みのごとく。

聖人君子であっても、権力を手に入れると次は名誉が欲しくなります。
それも手に入れると、今度は妾を囲いたくなる。
全てはほどほどが一番落ち着いて生きられるのかもしれません。

欲を切り捨てられないのなら、人生飄々と生きましょうか。
時に惑うも良し。
後悔しても後の祭りと言いますが、これがいくら後で後悔しても
またやってしまう。それが人の在り様なのでしょう。
煩悩にまみれて、じたばたしましょうか。

青竹 #- | URL | 2012/05/24 23:06 - edit

欲には勝てない・・・

親父様、こんばんは!

このお団子が30円で売っていたら、まず買うでしょ~ね!

修行を積んでいる者も誘惑に敵わないのなら、煩悩の多い自分にはとてもとても・・・

おいしいお酒・夢の百万馬券。
やっぱり欲には勝てません。。。

まれすけ #- | URL | 2012/05/25 00:07 - edit

甘い物

こんにちは。

私は結婚してから、間食をする様になり、それまで口にしなかった甘い物も食べる様になりました。
その結果 てんくら さんと同様…立派な糖尿病患者になる事が出来ました。

体重を減らすと数値は健常者並みに戻るので、痩せようとヘルシアウォータを飲み始めましたが、体重は一向に減る気配は無く返って増えて居るにも関わらずA1cの値が見違える様によくなり、主治医も (@_@)
相性も有るのかも知れませんが、好結果に飲み続けて2年位になります。
で、いい気になって甘い物も…色気が無くなった分食い気が…(笑)

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/05/25 09:58 - edit

諦めが一番か?

“青竹”さん、こんにちは

そうですね~、もがき・あがき・のた打ち回るのが、娑婆世界に生きる人生なのでしょうね。
折角この世に生を受けたのですから、それでも我慢して・辛抱して、図太く生きるより他に手は無いのでしょう。

我が家のペットのチワワ”らら”を見ていて何時も思うのですが・・・
何が悲しく何を嬉しく思うのか? 働くわけでもなく、時間が来れば餌は貰えるし、何とも気楽なものだねな~と。
しかし彼女は言うでしょう、「好きな時、好きな所にも行けないのに~」って。
犬にしても、人間にしても、何かに不自由はあるのでしょう。それなりに不満もね。
考えれば、不自由だから、反対に楽しみも嬉しさもあるのでしょうね。

くよくよしても仕方がない事は解かっていても、どうすることも出来ないモドカシサは誰にもある事でしょう。
諦めの人生でも送るとしましょうか、ね・・・

てんくら #- | URL | 2012/05/25 16:29 - edit

気を付けよう~ぜ!!

“まれすけ”さん、こんいちは

30円だよ~、30円!!
思わず買わずにはおれない、此の節制感の無さ。
血糖値を気にしていては、何も出来ないと開き直る、此の勇気?無分別さ?
そうさ、ギャンブルでもそうだよね~。
負ける事を気にしていては、勝てもしないだろうし、面白くも無い!!

男、一度、コレッ!!と決めた事は、とことんやらなきゃ~。其れでこそ“男”というものだ。
なんて勝手な解釈を今日までして来たので、其の祟りが今になって・・・

親爺さんは、もう歳だから、今更どうって事ないが、“まれすけ”さんと“ぬくし”さんは、若いので気を付けるに越した事はないよ!!!


てんくら #- | URL | 2012/05/25 16:38 - edit

試す価値あり

“白熊”さん、こんにちは

立派な糖尿病患者・・・おめでとう!ございます。贅沢病と云われる病気らしいですね。
間食はしたくても出来なかった時代に育ったせいか?私は(私もかな?)社会人になり甘い物には目が無い生活を・・・その上の不節制な食事。
これぞ自業自得って事なのでしょう。

世界の経済状態は悪く、株価も下落。 人間の程度もこの上なく下落。
下落・下落の世の中、せめて円高とばかり。此れでは日本は増々非常事態に。
円高の代わりに血糖値高で・・・とは行かないようです。

午前中に偶に低血糖を起こし、目の前がカスミ、逢い越しに痛みがでる。
次回の検査日には此の事を話してみようと思っている。
ヘルシア・ウォーター・・・試す価値ありかな?

てんくら #- | URL | 2012/05/25 17:07 - edit

こんにちは

人間の欲…所謂「煩悩」ですかね。
小学生の頃、大みそかに「人間の煩悩の数は?」と訊かれ
「365!」と答えてしまい、親に笑われてしまいました。
しかし、実際108じゃ足りない気がするのですが…


甘いものは、強いですよね…私も誘惑に負けそうになるもしくは負けてしまいますもん。
でも、糖尿病は怖いですよ…
私の父も糖尿病なのです。


それでは。お体にお気をつけてくださいね。

カノン #xsUmrm7U | URL | 2012/05/25 18:02 - edit

煩悩の数は・・・

“カノン”さん、こんばんは

煩悩の数は365もあったのだ~!! でも、それ正解かもよ・・・

仏教に「アビダルマ教学」というのがあって、その中では五位七十五法と云うのがあるが、書いたある一部分の文句に、「ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もし汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。車をひく牛の足跡に車輪がついて行くように」と・・・

インド教学では五位七十五法だが、中国や日本では“心法”には八法あると言われるね。
大乗仏教の日本では、五位百法だから、其れに八法を足せば108法になる。
これが一般的に煩悩は108ある、と言われる所以なのか。

煩悩の数は、心が作るものなら、もっと・もっとあるような気がするね~。
やっぱり、365が正解では・・・実は八万四千の煩悩があるとも言われるぐらいだから。

『煩悩の犬』という諺がある。
「煩悩の犬は追えど去らず。人の持つ煩悩は追い払っても・追い払っても、付きまとう犬のように、凡夫の心から離れるものではない」と云ってる。
数限りなく有るという事でしょうね。

父上も糖尿病ですか、困ったものですね~。
私もそうだが、此れも煩悩の成せる業とでも言うのかな?
切っても切りきれない煩悩なら、一生付き合うのもイイかな?
でも、“カノン”さんは、お気を付けあそばせ!!

てんくら #- | URL | 2012/05/25 21:58 - edit

コメントの投稿

Secret