Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

知ってました? 

2011-10-08 華1561


2011-10-08 華1562

この風景を見て、アッ、「谷津干潟」だ~!!!と判る人は地元の人かな?

東京湾から流れ込む海水からなる干潟で、野鳥の楽園なのです。

ラムサール条約認証の干潟だが、大正時代までは “そう” では無かったのです。


2011-10-08 華1563

駐車場の端に、こんな立て看板がある。 それによると、此処は「塩田」だったのです。

『伊藤新田(塩田の古語)』 と言われ、伊藤氏が主となって行われたので、伊藤という字が・・・

看板の説明によれば、「明治時代の中頃から大正時代の間、此の地には塩を作る為の塩田があった。

入浜式塩田という種類で、堤防を築いて外部の海と区切り、海水を取り入れて砂浜に散布し、

天日で干して塩分を濃縮。更に釜に入れ煮詰めるという製塩方法だった。

大正6年の大暴風雨と高潮に襲われ、復興不可能となり閉鎖された。

後に、“谷津海岸遊園” を開設し昭和57年に閉園した。」 と・・・


尚、此の地は 『日本野球発祥の地』 でもある。


2011-10-08 華1564

昭和6年に第一回目のアメリカ野球チームの招聘、昭和9年に第二回目の招聘。

此の年に、全日本チームを母体とし、東京巨人軍が誕生、その後プロ球団が続々と誕生した。

日本野球界の発展、健全娯楽の育成の為、全アメリカ選手チームを招いたのだ。

ベーブ・ルースやルー・ゲーリック等の一流選手が名を連ねるアメリカ・チームは

日本中の歓喜をもって迎えられた。

日本軍選手は此の谷津の地に結集し、心魂を傾け策を練り技を磨いた。

それ以後、此の地を「日本野球発祥の地」また「巨人軍発祥の地」と云う事になった。

2011-10-08 華1566

現在は、『谷津干潟野鳥園』 『谷津バラ園』 とになっている。

2011-10-08 華1565

私事で申し訳ないが、50年前にある出来事があった。

此処 「谷津バラ園 は、女房と知り合って直ぐにデートした記念すべき場所なのだ。

今はすっかり其の面影は消え失せてはいるが・・・


2011-10-08 華1592

バラの写真は多くの方々がブログにUPされているので、此処では2カットを・・・

あたかも、黄色いバラの花の如くに、恋も淡かった。


2011-10-08 華1593

其のうち、赤々と燃える恋心に変わったのか?

では、今はどんな色のバラの花なのか?

くすんで、ほころび、今にも落ちそうな花びら・・・なんて言ってるのは誰?

過去を振り返へれば、恋も華やかに艶やかに想い出すって事なのか?

「バラ色の人生」って言われるが、果たして私の人生って、「こんなものだったの~?」

明日は、『谷津干潟野鳥園』(ラムサール条約加盟)をUPの予定です・・・




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 8 TB: --   

コメント

谷津バラ園 、懐かしいですね。
写真撮りに行きましたね。
またどこかに写真撮りに行きたいですね。
近場で良いので。

一ノ瀬 #- | URL | 2012/05/26 08:03 - edit

婚期

こんにちは。

てんくら さんは、お若い時期に結婚されたので、文字通り赤々と燃えるバラ色の結婚だったのでしょうね。
同窓会などで聞く話では、若くして結婚すると結婚後の現実との落差が大きくて… と云う話が大半でした。
話半分としても成る程な~と。
私は遅かったので、現実的な白けきった結婚でしたので、落差はゼロでした。
まあ、嫁はどう思っているのかは恐ろしいので考えない様にして居ますけど(笑)
そうわ云っても1人しか居ない嫁です(笑)

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/05/26 08:33 - edit

恋する相手と出会ったとき、胸の中で炎が燃え上がり、あたかもその色は深紅の薔薇のごとくだったことでしょう。
お互いが人生を一にし、歩んでいく歴史の中で、薔薇の花の色は
ピンクになったり黄色になったり。時には最近誕生した蒼い薔薇になったかもしれません。
そして長い道のりの後、穏やかな日々の中で見る薔薇は、淡いオレンジ色になっているのかも。
いろんな色を経験するのも、また人生の楽しみであるのでしょう。
それは経験した者にしか、分からない色の変化でもあります。

青竹 #- | URL | 2012/05/26 11:19 - edit

僕にとっての谷津といえば、
やっぱり谷津遊園なのです(^_^)/
子供の頃両親に連れて行ってもらったのを憶えています。
でもそこに何があったかは全く覚えていない(>_<)
でも確か菊人形みたいなものがあったような・・・。
てんくらさん!
谷津遊園ってどんなとこだったの?
おしえておしえて~。

ちくわ #- | URL | 2012/05/26 13:35 - edit

また捻挫を

“一ノ瀬”さん、お久しぶりです

撮影には暑い日になりました。
一か月までに右足首捻挫、何とか治ったようですが、今日、また左足首を捻挫。明日は外出が無理かな。
都合が合えば又撮影に行きましょう!!

てんくら #- | URL | 2012/05/26 17:34 - edit

気を付けて

“白熊”さん、こんにちは

谷津バラ園には、白から黒まで色々な色のバラが咲いています。
まぁ、私も永い人生を歩んできたので、色々な事がありました。
いろんな色の人生と云えば聞こえは良いが、ピンクや赤の花は無かったようでした。

今日、また左足首を捻挫しました、最近はどうもイイ色の花も咲かなくなったようです。
“白熊”さんも、お気を付け下さいよ!!

てんくら #- | URL | 2012/05/26 17:40 - edit

もう一花・・・

“青竹”さん、こんにちは

永い人生の中で、私には一体どんな色の花が咲いたのか?
思えば色々な色の花が咲いたようだが、途中で萎れた花も多かった。
“青竹”さん!!もう一花咲かせましょうよ。 私もだがね。

てんくら #- | URL | 2012/05/26 18:08 - edit

海難事故には

“ちくわ”さん、こんにちは

谷津遊園の事は良く判らないのです。だって私も50年前に一度だけ、その時にはもう「谷津バラ園」だったのです。
確かバラの花も沢山咲いていたのでしょうが、女房と知り合って間が無いものだから、女房の顔ばかり見ていたのか? そんな事も無いのだけれど・・・

いよいよカヌーのシーズン到来となりましたね。
海難事故も最近は頻繁に聞きますが、安全第一で楽しんで下さいね!!

てんくら #- | URL | 2012/05/26 18:13 - edit

コメントの投稿

Secret