Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

カタツムリに学ぶ・・・ 

2011-10-08 華1694

雨上がりの早朝、近くの公園を散歩した。

名も知らぬユリのような花が、恥かしそうに下を向いて咲いていた。

清楚な花びらに透き通った雨粒が美しく清々しい。

颯爽と上を向いて闊歩する現代女性とは、余りにもかけ離れたこの花の上品さに心打たれる。


2011-10-08 華1692

始業時間前の運動なのか? 中学生が走っていた。

徒競走並に走る者・ジョギング程度に走る者・疲れたのか歩いている者。

スタートからゴールまでの走り方にも、人其々の走り方があるもんだ。

2011-10-08 華1693

『 思えば 遠くへ来たもんだ 』

ふと、こんな思いが浮かんできた。

短いようで、長かった人生を、この子たちの様に歩いたり・駆け足で急いだり・全速力で駆け抜けた人生だった。

道の途中では色々な経験を繰り返し、喜んだり・楽しんだり・悩み苦しみ・挫折もした。

其の想い出が走馬灯のように駆け巡っていた。


2011-10-08 華1696

『 這えば立て 立てば歩めの親心 』

親が子供を育てる時、這えば立ってよと、立てば早く歩んでよと、子供の元気な成長を願うものなのだ。

長い人生だから、早く・早くと願わなくてもいいようなものだが・・・

日本画家・最高峰で、芸術院会員・文化勲章受章の奥村土牛という私の一番好きな画家がいた。

『 土牛 』とは、「土牛石田を耕す」 寒山詩からとったものだ。

堅くしまった田圃でも、ゆっくり・ゆっくりと耕す牛の如く、歩みは鈍いが確実に・・・という意味だ。

如何にも人生の教訓ではあるまいか?

ややもすると、栄光を目指して一目散に駆け出したくなるのが人情だろうが、

長い長い人生だから、土牛のようにのんびり・ゆっくり、確実に歩めば良いと・・・


2011-10-08 華1695

『 舞え舞えかたつぶり 舞わぬものならば 

 馬の子や牛の子に 蹴させてむ踏み割らせてむ

 まことにうつくしく舞うたらば 花の園まで遊ばせむ 』
 梁塵秘抄

梅雨の頃、紫陽花の葉にへばりつくカタツムリ。

ゆっくりとしたカタツムリの歩みが、忙しくする人々には羨ましかったのか?

現在人こそ、此のカタツムリのゆっくりとした歩みを見習うべきだろう。


駆け足で走り、消えゆく生徒を眺めながら、ふと自分の歩んで来た人生を振り返った。

『 光陰矢のごとし 学成り難し 』

確かに時間が経つのも早く、智慧の成就は叶わない事は良く判るが、

カタツムリの歩みも人生には必要ではないか?と思うのだが・・・

果たして、人生って、「こんなものなの~?」

スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 10 TB: --   

コメント

我が人生カタツムリ

こんばんは!親父様。

毎朝メロンですか~、安いとはいえイイですね~。。。

自分の人生、ゆっくりゆっくりです。

社会人になり、仕事3か月やり1か月プー、2年働き2か月プー、8年働き1年プー、現在1年ちょっと続いています。

辛い時も嬉しい時も悲しい時も楽しい時も、お酒を呑み続けている人生。
カタツムリ過ぎですかね~?

まれすけ #- | URL | 2012/06/13 21:43 - edit

こんばんは!

カタツムリには、まだなれそうにないようです…
今年の夏休みなのですが
集中講義
車の免許取得
旅行
帰省
など、ぎっしりと予定が詰まっております…
忙し過ぎて…
好きでやってるので問題ないんですけどね。
今週末は何にもしないでのんびりしてみます!

カノン #xsUmrm7U | URL | 2012/06/13 23:56 - edit

今下を向く花を見ると、意気消沈してうなだれている自分の姿に
重なってしまいます。
私の人生は思い返せば、ひたすら走っているような気がします。

そろそろここらで生き抜きしたかったのですが、そうは問屋が卸さない。
かえって自分の首を絞められ、冗談抜きで枝振りの良い木を探さねば
ならない状況。

ゆったりとした人生を送れたなら、今頃研究所で楽に過ごしていたろうに。
それがどこで間違ったか、這いずり駆け回りそれでも全ての努力が
無駄になる人生ばかり。
思い返せば、ろくな人生ではなかったなあと辛いものがあります。

青竹 #- | URL | 2012/06/14 10:13 - edit

『 這えば立て 立てば歩めの親心 』

こんにちは。

>『 這えば立て 立てば歩めの親心 』
と云いますが、歩み出すと這っている頃が懐かしくなって仕舞います。

歩みだした後は走り去っていくのでしょうね…

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/06/14 16:05 - edit

カメが勝つ

“まれすけ”さん、こんにちは

カタツムリも、ナメクジも、もうちょっと早足で・・・と、言ってるかな~?
此れからの人生、長いのだから全く急ぐ必要はナイでしょうよ。
歳を取ると、あっと云う間に過ぎた時間だが、急ぎ過ぎて失敗ばかりして来たように思えてならない過去でした、私は・・・

「七転び八起き」と言われるが、私は三十転び、三十一起きかな?
失敗は大切ですよ!それらが皆経験となって、後の人生を豊かにしてくれます。

自分の事は棚に上げて、他人の事には口を挟むのが人間なのか?
至らぬ口を叩くものだよね。

焦らず・急がず、此処はのんびりと一杯やって、考えるとしましょうか、ね。
兎とカメでもゆっくりの方が、結果的には勝つと云うではないか。
一杯やっても、お昼寝程度ですよ! ぐっすりはダメ・ダメ、お気を付け遊ばせ!!

“てんくら” #- | URL | 2012/06/14 16:35 - edit

ジグザグに?

“カノン”さん、こんにちは

スケジュール一杯ではありませんか!!
手帳も予定表が真っ黒になるのでは?

集中講義・・・懐かしい響きですね~!!
でも私にはあまり関係は無かった事ですが・・・「勉学より遊びが大切」を地で行った様な学生時代でしたから。

車の免許證は必要ですよ、そして此れからの時代は英会話もね。
将来は国際弁護士に成るかもよ。

忙中閑有と云うから、たまには一休みをして、夢に向かってまっしぐら!!
車でも人生でも、ジグザグ運転はしない方がイイのかもね・・・

“てんくら” #- | URL | 2012/06/14 16:44 - edit

此れからが、本当の人生か?

“青竹”さん、こんにちは

名も知らない清楚な白い花を見ていると、うなだれているのではなく控えめに、何事もと思えたのです。

近くの「ららぽーと」には毎日、多くの若い女性がやって来ます。
元気溌剌は良い事ですが、彼女らが全てにおいて白い花の様に上品であって欲しいと思うばかりです。
最近の女性は頼もしいと言うのか?頼り甲斐があると言うのか?・・・
いやはや、ロートルには気後れがしますね。

私も過ぎし日を振り返り、バカな事もしましたし、挫折もありました。
現役を引退するのが60歳なら、其れまでは不可ばかりの人生だっかも知れないが、残る余生は可ばかりの人生になるのかも?・・・と期待してきました。
まぁ、それこそ今は可もなく不可もないと云ったところでしょうか?

今年の9月に満70歳になります。
残る人生にもう一回、何か新しい事をやりたいな~とも、考えています。
何がしたいのか?答えも見つかってはいないのですが・・・

“てんくら” #- | URL | 2012/06/14 17:01 - edit

親心って?

“白熊”さん、こんにちは

今朝も散歩していると、若い奥さんが小さな子供の手を引いて散歩してました。
微笑ましい光景でもあり、自分にもあんな時があったのだな~とふと思いました。

「親思う 心に勝る親心 今日の訪れなんと聞くらん」 松陰は、本当に親心に感謝したのでしょうね。
私は三人の娘を育てた(いや、いや、勝手に育ったのか?)が、未だに親心は良く判っていない状態です。

走り過ぎて、そんな事を思い、振り返る暇も無かったのか?
まぁ、罰当たりな人生だったという事でしょうが・・・

「後悔 先に立たず」と言われても、後悔すらする暇がない程、がむしゃらに出鱈目な人生だったという事なのか?
落ち着いた歳にも成りました。ここらで後悔をし、明日に向かってのんびりと歩むしか方法はナイように思うこの頃ですね。

“てんくら” #- | URL | 2012/06/14 17:11 - edit

サラリーマンやってると、
なかなかカタツムリのようにノンビリとしてもいられなかったりします。
常にスピードと正確性を求めるこの社会で生き続けるのは、
けっこう大変なことだな~。
でも待てよ。
カタツムリ自身はのんびりしているつもりはなくて、
超高速で動いているつもりだったりして・・・。
もしかしたら、カタツムリの世界も
けっこうシビアなのかもしれないな~。

せめて漕いでる時くらいは
のんびりとやらせてもらいますよ(^_^)/

ちくわ #- | URL | 2012/06/15 14:07 - edit

のんびりがイイ・・・

“ちくわ”さん、こんにちは

コメント頂き、気が付くのが遅くなりました。

いやぁ~、のんびりする手段がある人は、幸せですよ~。
そう云う私は、現役を引退だから何時ものんびりですがね。

そう云えば、カタツムリも意外と急いでいるのかも?
今日、ペットショップでカメを見ました。ケースの中で忙しそうにしてましたよ。
彼らなりに急がなくてはならない訳でもあるのでしょう。

新幹線もいいかも知れないが、鈍行列車も味があるようです。
忙しい世の中、鈍行でノンビリと行きましょうよ!!

“てんくら” #- | URL | 2012/06/15 16:59 - edit

コメントの投稿

Secret