Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

風たちぬ 

『 秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風のおとにぞおどろかれぬる 』
                   古今和歌集・藤原敏行

暑い夏の夜の過ごし方に、昔は夕涼みがあった。

立秋の日に詠まれた此の和歌に、忘れていた涼を求める繊細な感性にハッと驚かされた。


2011-10-08 華1941

『 秋うちわ 団扇置く 捨て団扇 忘れ団扇 』

古民家の板戸に懸けられた江戸団扇。

夏の暑さにも馴れ、涼風が感じられ始めると、お世話になった団扇とも暫しのお別れが・・・

エアコンの無い子どもの頃に、寝苦しい夜を少しでも涼しくと、

『 寝ていても 団扇の動く 親心 』 一茶(句)

よ~く、ぐっすりと眠るのですよと、煽ぐ母親のあの時の優しさは、誰にも想い出がある事でしょう。


2011-10-08 華1942

『 涼風の 曲がりくねって 来りけり 』 一茶(句)

何処からともなく吹いてくる風に チリ~ン・チリーンと鳴る風鈴。

奏でる音に秋の訪れをも感じ取ることができる昨今だ。


2011-10-08 華1943

『 立秋や 軒に一つ 江戸手ぬぐい 』

落語家がこよなく愛する日本手ぬぐい。

煙草入れになり、お財布にも成る “日本手ぬぐい” 落語家には必要な小物だが

多くの落語家が、自分専用の日本手ぬぐいを作っている。

手水用の手ぬぐいだが、爽やかな風に吹かれ過ぎ行く夏の終わりを感じさせるのか。


「団扇」「風鈴」「日本手ぬぐい」 夏を上手に乗り切るための三種の神器なのか?

和歌に誘われ古き良き時代を求め、秋風を感じに11,335歩の散歩に出かけた。

『目にはさやかに見えねども・・・』

こんなところにも小さな秋を見つける日本人の感性って、「こんなもんなの~?」





スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 6 TB: --   

コメント

こんばんは。

暑い夏もどうやらピークを過ぎたのでしょうか。
先週から少しバテ気味で寝不足です。
会社の空調が効き過ぎているせいだと思われます。
吹き出し口の横に座るようになってから、冷え性に体質が変わったように思えます。せめて家だけはと、この夏は一度もクーラーを付けてませんが、なんとか過ごせるものですね。
クーラーの無かった昔が懐かしい。^^;
と言ったら贅沢だと言われそうですが、仰るとおり、自然に対する抵抗力と合わせて、日本人はこうした感性を失っていくのですね。

tmz #- | URL | 2012/08/11 00:02 - edit

団扇

こんにちは。

一枚目の団扇の写真、良いですね…絵ですね。
これだけで涼しさを感じてしますね…

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/08/11 12:10 - edit

風たちぬ
いまは秋♫
松田聖子の歌を思い出しました。
暦の上では秋だけど・・・。
まだまだ夏の暑さですね。
ご自愛ください(^_^)/

ちくわ #- | URL | 2012/08/11 13:57 - edit

先人に学ぶ

”tmz”さん、今晩は

エアコン無しでひと夏が過ごせれば、それに越したことはないですが、夜は30℃に設定して眠ります。
冷えないので夜中に目が覚めますが・・・

エアコンが無ければ、扇風機。扇風機が無ければ団扇に扇子。
昔の人は何とか智慧を絞り、暑い夏を凌いで来たのでしょう。

今となっては観るだけの風物詩となった、団扇と風鈴、手ぬぐいですが・・・
何か一つでも先人に学ぶとイイのですがね。

“てんくら” #- | URL | 2012/08/11 19:55 - edit

古い人間?

“白熊”さん、今晩は

団扇とか扇子とか、日本的な古い物には何時も郷愁を覚え、ついシャッターをパチリと・・・
近代的建物もモダンで良いのでしょうが、どうも私は古民家などが好きです。

最近、博物館に懲りそうになってます。
やっぱり、私って古い人間に成りかけているのでしょうね?
古い人間とお思いでしょうが・・・というセリフの通りになりそうです。

“てんくら” #- | URL | 2012/08/11 20:00 - edit

恐れ入る・・・

“ちくわ”さん、今晩は

風立ちぬ、今は秋・・・ヤッパリ其の歌が出ましたか。
私も書いていて、思わず松田聖子の歌が口から出ました。

暑い暑いと云っても始まらないので、何とか暑さを凌ぐ方法をと思うが、やはり行き着く所はエアコンなのか・
其れにしては、先人の智慧ってすごいですね~。
団扇と風鈴で涼を感じ、それでも汗が出れば日本手ぬぐいとは、恐れ入ります。

“てんくら” #- | URL | 2012/08/11 20:05 - edit

コメントの投稿

Secret