Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

ニイタカヤマノボレ 

『 秋 に 歩 け ば ・・・』

2011-10-08 華2048

『 幼子と 手をたづさえて秋の野に 蝶捕れば楽しくもあり 』

近くの公園に、秋の気配を探しに出かけてみた。

のんびりと秋の風情を楽しんでいるものの、自然の冬支度は既に始まっているのでしょう。

2011-10-08 華2043

我が家から僅か5㎞ほど離れた所に、県立行田公園がある。

午後のお遊びを終わり、幼稚園児たちが園に帰り支度をしていた。


2011-10-08 華2045

『 色と香で 時を知らせる 花時計 』

秋の薄日の中、精一杯咲き誇る花々が、美しく着飾り心地よい香りを放ち、現世の時を知らせていた。


2011-10-08 華2046

日本庭園の傍にある池では鴨たちが羽を休めていた。

『 ひさかたの 天路は遠し なほなほに 家に帰りて業を為まさに 』
                              万葉集 山上憶良(詩)

おまえの故郷は何処なのか? 自由な大空と言えど悲しいほど遠いぞ!

さぁ、早く帰って子供でも育てておやり・・・

穏やかな秋の午後だった。


2011-10-08 華2044

『 ニ イ タ カ ヤ マ ノ ボ レ 1208 』

『 船橋無線塔記念碑 』

大正四年に創設、昭和四十六年の解体され栄光の歴史に幕を引いた、強大な無線塔跡。

太平洋戦争開幕を告げる、『ニイタカヤマノボレ1208』の開戦電波は此処から発信された。


大正五年には、ハワイ中継でアメリカ大統領と日本の大正天皇との間で、此処から電波の交信があった。

広く世界と平和目的でも利用されたので、“フナバシ”の地名が初めて世界地図に書き込まれた。

大正十二年の関東大震災の折には、救援電波を発信し、多くの人命を救助した。


2011-10-08 華2047

『 光 と 影 』

漫ろ歩いていてフト足元を見れば、なんと多くのドングリの実が落ちているではないか。

秋の身支度も終わり、すっかり冬への構えをしている木々が・・・

北海道をはじめ、各地で熊の出現が取りざたされている報道を見るにつけ、

人間が自然破壊にどれ程無意識で無知だったのか、思い知らされる昨今だ。

ドングリの実が冬眠する熊たちの命を守るのだが、山は植林され食べ物が無くなった。

此処に、こんなにも多くのドングリの実が落ちている。熊たちに申し訳なく思わずにいられない気持ちだ。

「飽食と餓死」、食物の30%を廃棄する輸入大国・日本。

アフリカでは、ミルクも無く医薬品も無く、毎日何万人もの子供達が命を落としている現状。

山里の民家にまで食べ物を求めて降りてくる熊や他の動物、彼らは命がけなのである。

落ちたドングリの実に、教えられる事も多い秋の一時だった。

世の中の矛盾って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

うちの家の周辺も山が削られたりして、
子供の頃とはだいぶ景色が変わってしまいました。
その影響なのか、
夜車を運転していると、
ウサギや狸の姿を見かけることがよくあります。
場所によっては猪に畑を荒らされているそうです。
以前なら棲み分けができていたものが、
乱開発によってそうもいかなくなっている現実。
でもその恩恵を自分も享受しているのもまた事実。
寂しいやら、情けないやら。

ちくわ #- | URL | 2012/10/04 16:32 - edit

憐れな野良猫

“ちくわ”さん、こんばんは

自然破壊と共棲・・・難しい問題ですね。
今日のニュースで、文楽などの古典芸能に対する文科省の助成金問題がありました。
助成金が無駄な所に湯水の如く配られている事も事実でしょうが、果たして日本独特の文化・芸能を守る為の助成金は無駄遣いなのでしょうか?

総務省の中に叙勲局があり、毎年莫大な叙勲者がでる。
文化勲章などはいざ知らず、国家公務員を定年まで勤めれば、最低でも勲四等が貰えるとある役人が云っていた。

国民の公僕が、給与生活者の平均年収より多くないとイケナイなんてどう考えても可笑しい。
収入には拘らず国民の為に尽くすのが、公僕ではないのか?

今日の散歩で一匹の野良猫に逢った。
性格がとても良く、出来る事なら連れて帰りたいのだが、それは叶わぬ事。
野良猫が自然発生する時代でもない。何処かの誰かに飼われていたのだが、悲しいかな野良と成らざるを得なかった。

人間の非情さに腹も立つが、其れを通り過ぎて憐れさえ覚える。
此の世の中、全て寂しいやら・哀しいやらですね・・・

夢旅人 #- | URL | 2012/10/04 22:18 - edit

コメントの投稿

Secret