Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

七十歳の手習い・・・ 

2011-10-08 華2127


『“春花園” BONSAI美術館 』

東京都江戸川区に、小林國雄氏が主宰する “春花園” ボンサイ美術館がある。

以前から盆栽には少しばかり興を覚えていた。

古稀を迎え、人生を振り返る歳にも成り、盆栽に心の糧を得ようかとも考えていた。


2011-10-08 華2126

何度となく見受けている建屋で、一度訪ねてみたいと思っていた。

聚楽風の塗り壁に檜皮葺の門構え。瀟洒な和風建築が目に映る。


2011-10-08 華2131

中庭には無数の盆栽が所狭しと並べられ、右隅に休憩所が設えてある。

此の手前には池があり、鯉が悠々と泳いでいる。


小林國雄氏は言う。

「盆栽は四季折々の植物の美しい表現を見せてくれるとともに、

 修羅場に生きる命の尊厳を私に教えてくれる」
 と。

少しばかり小林氏を紹介すると、

イタリア・フランス・スペイン・スイス・ドイツ・チェコ・アメリカ・オーストラリア・アルゼンチン・

中国・台湾と、諸外国にて海外公演を熟し、盆栽の国際普及に貢献している。

また、テレビ出演などにも招かれ、慌ただしい日々を送っている。

盆栽に関する受賞歴は数えれば限がなく、内閣総理大臣賞をはじめ各賞を総なめ。

文化奨励賞や文化功績賞なども受賞。


2011-10-08 華2128

初めての入園だったので、入園料¥800を支払い中へと進む。

先ず目に留まった盆栽が、写真の盆栽 “真柏” だった。

大きさは少々大きいが、舎利の状態も捻転する幹の状態も好きだったので、しばし楽しんでいた。


2011-10-08 華2129

庭の中央に一際立派な盆栽が鎮座していた。

良さは分からなくても、立派な事は見れば解かる。

只々驚いたのは、聞いてビックリ・見てビックリではないが、其のお値段。

なんと、¥35,000,000 !!

思わず記念にパチリと一枚と相成った。


2011-10-08 華2130

室内展示場には、沢山の床の間が設えてある。その中の一つ。

掛け軸との相性が大変良く、美し過ぎる空間美に暫し見惚れていた。

仏教と盆栽、そして全ての芸術。相通じるものが有り増々盆栽に興味を覚えた二時間だった。

一時間ばかり小林國雄氏と美について語り、盆栽が始めたくなった。

一番好きな「真柏」の小さな盆栽から手始めにと思っている。

先日、三人の娘(とは言え、もうオバサンさんかな?)から貰った古希の祝い金が手付かず残っている。

盆栽の命は何百年、私の命はあと数年か?

大切に育て、多くの事を盆栽に学び、娘に遺すのも意味ある事と思う。

「真柏」・・・白く輝く死んだ幹。 こげ茶色の水揚げする元気は幹。「生と死の共存」

生と死、その二つの永久の時間の間の一瞬に過ぎない人生!!

盆栽に惹かれる私の思いって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

盆栽

こんにちは。

時間とお金がかかる庭いじりはサラリーマンには無理ですね。
草木大好き人間だった亡父は寝ても覚めても植木や盆栽に明け暮れていましたが、そのせいか私は全く興味がありませんでした。
父が寝たっきりになった時に、父の寝床から見える庭の一部に造園をした程度で今は見る影もありません。

良い事は判っていても暇とお足が…

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/10/12 11:46 - edit

盆栽

さすがに、盆栽がわからない僕でも
ここの盆栽の凄さはわかりますねね。

写真と違い、結果が中々でないものってどうも僕には不向きなようです(^^ゞ

犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk | URL | 2012/10/12 15:23 - edit

子々孫々まで

“白熊”さん、こんにちは

そうなんです実は。
インターネットで調べてみれば、盆栽は一鉢¥2000前後から楽しめそうです。
只、鉢植えの花は枯らすし、観葉植物も水をやり忘れダメにするし、果たして盆栽の世話が出来るかしら?
此の事が一番心配の種なのですが・・・

先日訪ねた「春花園」の小林氏が云うには、盆栽を始めたら育て方など普段の手入れは教えてくれるそうです。
手始めに一番安い(金額的に)盆栽から始めてみようかと思っているところです。

“白熊”さんのご尊父が残してくれた盆栽があるのでは?
ご先祖から子々孫々まで受け継ぐ盆栽は可愛い物だと言ってましたよ。
何たって500年も育つ盆栽だから・・・

暇が無く忙しい人ほど、心落ち着く盆栽が良いのでしょうね。
そして、安価な物から始められる盆栽が・・・

夢旅人 #- | URL | 2012/10/12 17:58 - edit

何とか成るか?成らないか?

“にゃん太郎”さん、こんにちは

写真はカメラを向けてシャッターを押せば、其れなりに撮れるのですが、
盆栽ばかりは、見ているだけでは形も崩れ枯らしてしまう危険性はありますね~。

ただ、安価な盆栽は数千円から楽しめるという事なので、気長に取り組んでみようかと、今は思っているが果たしてどうなる事やら?

「春花園」の盆栽を見ていると、手におえない気もしますが、素人でも育つ真柏あたりから始めれば、何とかなるかも?と思えるから不思議です。

写真は瞬間芸術と昔は言われていたが、盆栽は数百年と愛情を注がないと価値が無くなる物らしいです。
其処が一番の心配事ですが・・・

夢旅人 #- | URL | 2012/10/12 18:06 - edit

コメントの投稿

Secret