Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

雅って、な~に? 

『 香には鎮静効果あり 』

香を嗅ぎ、身に塗れば、心身を浄化し無量の功徳を得ると言う。

香には、沈香・栴檀・丁子・鬱金・竜脳の五香があり、

塗香・抹香・丸香・線香などと、形状によって区別される。

香りには、心を鎮める沈静効果、リラックス効果などがあるが、

成分によっては、催眠効果や催淫効果もある。居眠りしたり妄想に囚われるのは其の為である。


2011-10-08 華2117

先日、京土産で「京のたより」という線香を頂いた。

香を趣味として、「聞香」という遊びがある。

香木の小さな片を香炉で焚き、其の香りが何の香木か?を当てる遊びであるが、

経験と嗅覚の良さがものをいう遊びで、一般的では無い。

其処へいくと、手軽に香のかおりを楽しむには、線香が一番か。


2011-10-08 華2118

早速、香炉で焚き香りを楽しむ事とした。

焚いた香りより、箱のまま部屋の片隅に置いて、広がる香りの方が好感が持てた。


2011-10-08 華2119

籠目透かし彫り香炉で焚いてみたが、籠目から立ち上る一筋の煙には、思わず風情を感じた。

2011-10-08 華2116

化粧箱の中に、江戸時代の線香製造風景なる図絵が入っていた。

仏教の伝来と共にもたらされた香であるが、その時代には穢臭を消す消臭目的でも用いられた。

仏教には三つの香があり、

「戒香」 戒を守り、真実の生き方を歩んでいる人によって焼かれる香は、

     香の種類に関わらず最上の香となる。是が戒香である。

「聞香」 香には、匂い其のものに福德を増長させるものもある。また悪業を増長させるものもある。

     しかし福徳とか悪業とかに心惑わされず、差別の相を超える事。

     更には、香の本性を尋ね、その実相を知る事。

     香を嗅ぎ実相を見極めることを聞香という。

「施香」 戒香と聞香の中、実相を見極めるような生活と心を持って、尊敬する人に捧げる香をいう。


2011-10-08 華2120

柄香炉で焚く、「沈香・薫香」・・・抹香を焚く為に炭の代わりに使用する香。

過ぎし日々の鼻の罪を包み隠さず懺悔し、鼻根の重罪を清浄にしたい。

色々な香気、男女身の香、馳走の香、あれこれと迷い多くの欲望を湧き立たせ、

寝ている煩悩を呼び起こしてしまった。

香に溺れ悪い事をした罪を妙香を焚き、懺悔し清浄な身になります・・・と、香は焚くものである。


ストレス解消に、ヒーリング音楽とかエッセンシャル オイルで気分転換とか、お遊びで香を焚くとか、

香の持つ本来の意味をはき違えている現状に戸惑いを覚える時がある。

「香々」と言う言葉がある。感じたままで使われる事が多いようだ。

味噌は、匂いも良いので “香” と呼ばれ、味噌漬けの事を “香の物” といい、

ついには他の漬物までも “香々” と言うようになった。

これらは、『雅言』であり、奈良時代から日本人の心に伝わっている。

『女房言葉』は、雅な言葉として真似られてきたようだ。

言葉も雅であり、香を焚くのも雅だろうが、現代人は此の雅を勘違いしているのではなかろうか?

若い女性の雅感って、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

夢旅人さん、おはようございます(^_^)/
香の話勉強になります!
それと籠目透かし彫り香炉が素敵すぎます!!!
一筋の煙がまた絵になりますね~。
僕も欲しくなっちゃいました。

昨日は洲崎灯台に行ってきました。
千葉の灯台巡りでもしてみようかと思ってます。
灯台フェチになりつつある僕なのです(笑)

ちくわ #- | URL | 2012/10/13 09:28 - edit

優雅な時間なのか?

“ちくわ”さん、こんばんは

洲崎の灯台に行ったのは4年ぐらい前だったが、岩場に寄せては返す波を見ていると、田舎の海にも似た綺麗な水が印象的だった。
カヤックで灯台巡りとは、何とも羨ましいですね~。

籠目透かし彫り香炉は、以前娘が結婚祝いにと作家から頂いた物です。
普段使っている訳では無いが、頂いた香を焚いてみました。
何となく風流を感じるのは、やはり日本人という事でしょうか、ね。
忙しい日々を送る現代人には大切な時間かもね!!

夢旅人 #- | URL | 2012/10/13 19:58 - edit

コメントの投稿

Secret