Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

棺の中からコンニチハ 


届いた報せは 黒い縁どりがありました ちあきなおみ 「喝采」

「喪中につき 年頭のご挨拶は・・・」 ご存じ、薬石効なく逝去された報せである。

 
IMG_0547.jpg

先日、昔の同級生が亡くなり、遺族の方から届いた報せ。

祇園精舎の鐘の声ではないが、諸行無常のお知らせでした。

何時かは必ずやってくる自分の “死” 、そんな事を考えながら古墳を訪ねたくなった。


2011-10-08 華2178

『房総のむら : 風土記の丘』 101号古墳

6~7世紀の古墳で、周囲に埴輪が配置された築造当時の姿を再現したもの。

『 下総の 埴輪古墳 姫女苑 』

愛しの君が眠るのか? 心揺さぶる古墳の愛が眠るのか?

古代のロマンを思いつつ「黒い縁どりの報せ」に哀惜の念を覚えた。

2011-10-08 華2181

「竪穴住居」 弥生時代・古墳時代の竪穴住居が二棟復元されている。

イギリスBBSテレビで、古代の原人たちの暮らしぶりは再々報道されているので、

その姿は瞼に容易く浮かぶ。 毛皮の腰巻を纏い、弓矢を携えて・・・


2011-10-08 華2180

浅く掘られた住居は小さく、石の腰掛が円形に座し、

夫婦・子供達が楽しく暖を取り、晩餐を楽しむ声すら聞こえてきそう。

最低必要限の物以外には何もない原始の生活。

金と物に溢れた現代人の不満だらけの生活習慣・・・考えずにはおれないね~!!


2011-10-08 華2179

ごく一般人がこんな立派な石棺に埋葬される筈はないだろうが、

死者を葬る習慣は形こそ違うが、「棺」を通して現代でも想像できる。

アニミズムに始まり、宗教は度々の変遷を繰り返し、現在まで脈々と流れている。

大自然に畏敬の念を抱き、死者を葬り先祖を敬う。

最先端の自然科学知識をひけらかし、「死の冒涜」を高らかに謳うとは・・・


IMG_0549.jpg

死者は決して消滅するものではない。

『 棺の中から、こんにちは 』

昔の人々は考えた。

酒を酌み交わし、極上の料理を用意し、飲めや唄えの大騒ぎをすれば、

死者の霊魂は屋根の上から其れを見て、

「あんなに楽しいのなら、もう一度帰ろうかな」・・・と、思い直してくれはしないのか。

何はともあれ、死者の復活を願い、飲んで唄い騒いだのである。

通夜・葬儀に黒い喪服を着て、ふさぎ込んでは死者は、「面白くも無い、早く黄泉の世界に行こう」と。

日本橋の呉服屋に言い含まれて普及した「喪服」

黒づくめの喪服では、死者の霊魂も浮かばれないのかも?ね!!

『 棺に嵌まって、さぁ大変! 』

何時かは判らないが、必ずやってくる事は確かな・・・災難と死

そんな時に後悔しないように、今を充実した生活を送るとしましょうよ。

棺に入って極楽へ。いやいや、極楽はこの世にこそあるのでしょう。

ほら!、竜宮城も極楽も貴方の心の中に!!

生きて極楽!死んで地獄!とは、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんにちは

今回は、なにかしら抹香臭いお話ですね(笑)

>日本橋の呉服屋に言い含まれて普及した「喪服」
やはりそうでしたか…披露宴や葬式など冠婚葬祭は全てに商策、承認の企ての香りがしていましたが…

最近のフォーマルウエアーにダブルのスーツが多いのは何故でしょうね?
私はフォーマルの基本はシングルだと教えられました。
ダブルブレストはカジュアルデザインと…
喪主がダブルの黒い上下を着ている姿は(最初は)異様な光景に映りました(最近は慣れましたけど)。

重厚感が有るからフォーマルと勘違いしたのでしょうね。

棺桶に入って記念撮影…自身で見て見たい気はしますが…何となく(笑)

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2012/11/09 11:22 - edit

派手な服装が一番!!

“白熊”さん、今晩は。 コメントありがとう!!

「お池に嵌まって、さぁ大変!!」では無いのですが、現実は未だ片足が棺桶に入った状態です。
それにしても立派な棺桶ですよね~。

「虎は死して皮を残す」なんて言いますが、私には残す物が無いので、葬儀の時の棺は最低の物で結構!!
何故かって? 答えは、「8,000円の仕入れの棺が40,000円もするのですから」 葬儀社って儲かる訳だよね~。

無い脛をかじられ、骨だらけの体同様です。
せめてもの救いは、借金も無いという事ぐらいでしょうかね。

アツ、そうそう。喪服の事ですが、江戸の末期に越後屋さんが考えたらしいです。
それまでは荼毘に伏すときには全員白衣の白装束だったので、汚れて仕方ないので、「黒ならイイよね」と気が付いたらしいです。

全国に普及し終わったのは、昭和25年ぐらいだったのでしょうか?
考えてみれば、真っ黒でカラスの行列では、死者も気がふさぐ事でしょう。
私が死んだ折には、家族は全員持っている一番派手な服で送り出せ!!と言ってます。ただし酒を呑んで騒ぐなと・・・何を隠そう私が下戸なもんで。

夢旅人 #- | URL | 2012/11/09 22:11 - edit

コメントの投稿

Secret