Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

魅せられて・・・ 

『 自然は、それを愛するものの心を 裏切ることは決して無い 』 
                                 ワーズワース


セザンヌ・モネ・ピカソ・ルノワール等の印象派とポスト印象派の絵画を収集した、

「オランジェリー美術館」がパリにある。

明るい光に満ちた楕円形のホール壁一面に飾られたモネの『睡蓮』は、

煌めく水辺の風景の世界へと見る者を誘ってくれる。


2011-10-08 華2210

『 モ ネ の 言 葉 』

私が睡蓮を植えたのは楽しみの為であり、此れを描こうなどとは思いもせずに育ててきた。

そして突如として、私の池の妖精たちが私の眼前に現れた。私はパレットを手に取った。

この時以来、ほとんど私は他のモデルを使う事がなかった。


あるサロンの装飾に<睡蓮>のテーマを使ってみようという考えが浮かんだ。

壁に沿って、間仕切り壁を一つのまとまりで包んでしまうと、

切れ目のない、水平線のない、また岸のない水のイリュージョンが生まれるかも知れない・・・


2011-10-08 華2209

私は、自然な中により深く入って行こうという、願いの他の望みは持たないし、

ゲーテの教訓にならって、

自然の教えと調和して制作し、生きていくと言う運命以外のものを願いはしない。


自然は偉大で強大で不滅のものなのだが、それに比べたら人間の描き出したものなどは、

憐れな芥子の粒の如きものに過ぎない・・・


千葉県立「花の美術館」円形ホールの壁一面に、モネの『睡蓮』の模写が描かれている。

モネが云うように、自然の中にこそ「自然の美」は存在する。

良い香りだ・綺麗な花だ、とつい手を出し、一枝一葉を折りたくなるものだが、

そして美しい物は、手に入れたいと思うのが人情とでも云えるのか?

『 手に取るな、やはり野に置け レンゲ草 』

自然な中に、在るがままに鑑賞することこそ大切な事なのだろう。

「求不得苦」・・・求めても得られない苦しみ。

あれも欲しい、これも欲しいと、欲しい・欲しいと思いはしても、なかなか手に入らない苦しみがある。

それが此の世の常ならば、必要以上の無い物ねだりはしない事こそ大切と言う事。

春の野に一面、可憐に咲くレンゲ草。手にしたくなる思いは判りはするが、

やはり、自然の中で見る事こそ大切なでしょう。

モネの『睡蓮』を眺めながら、ふと 『手に取るな!』 を思い出した。

名画が教える教訓って、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

とっても

ご無沙汰いたしておりました!
不肖の息子です。

なんともかんとも久々の事で、何をどうしていい物やら・・・

絵、まったくわかりません。
お花のコトもわかりません。
ただ、自然の中のお花は当たり前ながら“、生きている”ことを実感させられます。


また、しつこくお邪魔させて頂けるようパソコン開きますね!

まれすけ #- | URL | 2012/11/15 22:06 - edit

一安心

“まれすけ”さん、お久しぶりです

「生きていたとは、お釈迦様でも知らぬ仏の・・・」ではないが、心配懸けましたね~!!
 疲れながらも、何とか無事だった事は喜ばしい事です。

 気持ちを取り戻して、またブログで近況を知らせてよ~!!

夢旅人 #- | URL | 2012/11/16 11:00 - edit

コメントの投稿

Secret