Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

傘ひとつ 

『 傘ひとつ 片方は濡れる 時雨かな 』

傘は一つしかありません。どうしても片方は濡れます。

扨て其処で、傘をどう差すか?が問題となります。

傘が一本しかないから濡れるのだ。もう一本探して来い!という発想では、

老いを無くせ、病気を無くせ、死をも無くせ、という事に他ならぬ。

寒さも和らぎ、過ごし易くなった今頃です。寒いのは嫌だ、暑いのも嫌だ・・・

と、理不尽で叶わぬ事ばかり言っても仕方ない事です。

「傘は一本だけ」と諦める事こそ大切なのです。


jyanome.jpg


此の世の娑婆世界は耐え忍ばなければ、生きては行けない世界と知るべきなのです。

キッパリと諦められれば、耐え忍ぶことも満足感へと変わることでしょう。

傘一本で充分満足ですし、一本だからこそ労り合って歩んで行けるのです。

『 晴れてよし、雨もまた良し 路傍の花 』と云う事でしょうか・・・


sakura2.jpg


今日は昨夜からの雨も降り続き、街中では傘の行列が見受けられました。

傘を差さなければならないのは、濡れるから嫌だ。

折角咲き誇っている花々が可哀そうだ。

色々と人は不平不満を口にするが、雨が降らないとどれだけ困る事が起きるのか?

雨の中、犬を散歩させている何人もの人に出会ったが、

“雨がうるさく、嫌だね~”と、こぼしている犬は一匹もいなかった。

宮沢賢治も言っているではありませんか。

『 雨にもマケズ 風にもマケズ…』 と

『 ミンナニデクノボウトヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ 

 サウイフモノニ ワタシハナリタイ 』


いやいや、人間っていう生き物は、本当に厄介な存在だね~

生きて行く煩わしさ・哀しさを知る事こそ、生きる歓びを感じ得る第一歩となる。

叶わぬ事ばかり願っていても、到底無理と知りながら・・・

『 はだかにて、生まれてきたに、何不足 』 小林一茶

雨の打たれても衣は濡れるが、体が溶ける訳でもないだろうに、

どうして人間は不平不満を云う。人間って、「こんなものなの~?」
スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

う~ん

てんくらさん、こんばんは!

人間以外の動物は自然に抗うことなく生きていますね。

なぜ人間は自然に対し、科学で対抗するのか。
どう頑張っても自然にはかなわないのに・・・

まれすけ #- | URL | 2012/02/25 23:04 - edit

この世は耐え忍ぶもの・・と考えれば
傘ひとつのありがたさが理解できますね。

zak #0MXaS1o. | URL | 2012/02/26 16:12 - edit

科学は無力か?

“まれすけ”さん、こんばんは

もうそろそろ、「科学は自然に対しては無力」って解かってもイイよね。
原子力発電所の事故を、どうして学ぼうとしないのでしょうか?資本主義の悪い所でしょう。

身の回りにある、植物や動物が、「どう生きれば良いのか」を教えてくれます。
其ればかりか、歓びさえも与えてくれます。

「草木国土 悉皆成仏」と云われる所以は、そう云う所からの日本人独特の発想だったのでしょうか?
全ての動植物、いや土や金属にさえ、魂が宿ると考えた先人の達観には感心します。
全ても物に対する、「おかげさまで・・・」と云う気持ちの表れなのでしょうか。
生きるためには、知識は無用!!智慧こそ大切!!と云う事なのか・・・

てんくら #- | URL | 2012/02/26 21:34 - edit

モスラが動く

“zak”さん、こんばんは

いや~、良く云ったものですね・・・モスラの行進でしょうか。
「見立てる」という感情は人間だけが持つ感情でしょうが・・・
上手く見立てれば、幸せな気持ちになれ、
見立てが拙いと、悪感が残るだけでしょうが、モスラとは良く云ったものですね。
夜の闇の中、オレンジ色の“モスラ”が・・・印象的です!!

てんくら #- | URL | 2012/02/26 21:40 - edit

コメントの投稿

Secret