Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

心おとりか? 

『 うれしきもの まだ見ぬ物語の一を見て

     いみじうゆかしと思ふが のこり見でたる

        さて、心おとりするやうもありしかし 』


清少納言のお姉さんは、斯くのたまうが、此れが現実となる可能性は高い事が実証された。


2011-10-08 華2464

予てより或る人から観梅に誘われていた。

昨日、やっとの思いで時間が取れたので小田原の曽我梅林を訪ねてみた。

電話で見頃をお聴きしたところ、満開を少し過ぎた頃かと・・・

かの有名な曽我梅林だから、さぞかし見応えのある事だろうと、期待は現実を超える。

清少納言が云う様に、期待が裏切られることはしばしば 、「心おとりする」。

十日早く来ていれば、満開の梅林の間に根雪を被った富士山が望めただろうに。

2011-10-08 華2465

車を止め、梅林の方を見れば、乳牛が長閑な時間を楽しんでいるではないか。

何と、作り物のホルスタイン! 

聴けば、知人が事業を始めるので資金の一部を提供したが、廃業の憂き目に遭った。

其の”かた”に取り上げたが、置き場に困り此処に置いてくれとの事らしい。

レストランの店先より、此処の梅林に繋がれる方が、牛にとっても恐らく幸せな事だろうよ。

2011-10-08 華2466

梅林の奥へ目を遣れば、何と今度は山羊さんが草を食んでいるではないか。

二匹のヤギが食べてくれるので、下草を刈る手間が省けるとの事。

刈りたい草が生えている近くに山羊を繋いでおくのだろう。

2011-10-08 華2468

広い梅林の奥が少しばかり小高くなっていて、菜の花やブロッコリーなどの野菜が栽培されている。

こちらも既に借り入れの時期は過ぎていてが、折角だからとオーナーさんが言う。

暖かな日差しを浴びての菜摘も一興かと・・・少しばかり

この梅林は完全無農薬・有機肥料だけ使用との事で、収穫される梅の実は、

「減塩梅干し」「梅ジャム」「梅酢」 など等、商品開発に取り組んでいるらしい。

2011-10-08 華2467

『 良い友に三つある。一つには ”物をくれる人”

  二つには ”医者”、三つには ”智慧のある人” 』


兼好法師は一番初めに、”物をくれる人” と付き合えと。

帰り際に、オーナーさんから 「梅干し」と「梅ジャム」と「梅酢」、そして摘み取った葉の花とブロッコリー。

久し振りの休暇。往復230㎞程のドライブも、気分転換には最高の日和だった。

梅の時期を過ぎてはいたが、富士山を眺め、作り物の牛さんとも会えたし、山羊さんとも・・・

「心おとり」とは云え、身の回りに転がっている小さな幸せって、「こんなもんなの~?」



 
スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

梅が咲いて、桜が咲く時期。
心がうきうきする季節ですが、花粉が。
外に出たくなくなるくらいひどいのです。
薬でどうにか抑えていますが、それでも大変です。
外に出てこの良い時期の写真でもと思いますが、足は遠のくばかりです。
早く5月にならないかなぁ。

一ノ瀬 #- | URL | 2013/03/14 07:18 - edit

もう直ぐ春らしく・・・

”一ノ瀬”さん、

花粉症ですか~、 昔は違ったよね。 花粉症は突然発症するらしいですね。
私は今の所、花粉症とも無縁だが・・・其のうちに発症するかもね?
厄介なのは、糖尿病と金欠病! これも大変なんですよ~。

暫くブログを休んでいたのは外出する機会が無かったのでね。
17日(日)は、寅さんで有名な柴又へ、そして矢切の渡しで野菊の墓へ、行きたいと思っているところです。

も少し暖かくなれば撮影にでも行きましょうか、ね。

夢旅人 #- | URL | 2013/03/14 17:28 - edit

コメントの投稿

Secret