Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

鎮守の森で・・・ 

2011-10-08 華2520

春彼岸も終わりを告げる昨日、お墓参りに・・・近くの神社にもお参りをした。

陽だまりの中、一人静かに時間を過ごしていると、昔の事が偲ばれる。

農民の生活は、朝日が昇ると同時に起き、野良に出向いて夕方、陽が沈むまで忙しく働いたものだ。

2011-10-08 華2534

静まり返った小さな小さな鎮守の森。

想いを馳せれば、笛や太鼓の音が聞こえて来そうな気がする。

『 村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日

              ドンドンヒャララ ドンヒャララ 』
 小学唱歌

娯楽や楽しみの少なかった時代、豊作に成れば大人も子供も、この時ばかりは歓喜の声。

鎮守の森は深夜まで歓喜の声が絶えなく、深夜まで賑わったものだ。

駄菓子屋が夜店を出し、金魚すくいに子供は現をぬかし、時にはドサ周りのサーカスもあった。

『 年も豊年満作で 村は総出の大祭・・・夜まで賑わう宮の森 』

朝から聞こえる笛太鼓に、子供の心は此処に非ず。

豊作を神に感謝し、村の繁栄と子孫の幸福を願い祝ったものだった。

『 狛犬って、な~に? 』

2011-10-08 華2533
向かって右側の、口を開いた角なしの「阿形」で獅子

中国から招来されたもので、平安時代には「枕草子」等にも其の記述がある。

神社に奉納・設置された空想上の守護神で、

寺の山門を守る仁王像の阿吽の形式が取り入れられている。

2011-10-08 華2532
向かって左側の、口を閉じた角ありの「吽形」で狛犬

しかし、この形式が残っている事は少なくなった。右も左も獅子形が多く見受けられる。

『 牡? 雌?』

最も多いのは、右の獅子形は牡で、左の狛犬形は雌というのが本来で、

股間にくっきりと男根や女陰が刻まれたものが存在するが、はたして此処の獅子と狛犬は?

『 子連れの狛犬 』

子連れの狛犬は珍しいものか?

「子嗣昌盛」 子孫に亘って繁栄が続く事を願っているのであろう。

「獅子は子を千尋の谷底に突き落とし、這い上がってきた子だけを育てる」 も言われる。

立派な強い子供に育って欲しいとの願いからの、厳しい躾けなのであろうが、

こんな事を現代の若い夫婦に云えば、”そんな可哀そうな事は、デキナイ” とのお怒りの声が・・・

2011-10-08 華2535

灯篭には色々な模様が彫られていて、その中に鹿が刻まれていた。

鹿は ”神の使い” で、神聖な動物という事なのか。

彼岸の墓参りでは、死後、阿弥陀の浄土へと願い、活かされている事を、ご先祖に感謝するが、

神社では昔の事を思いだし、日本も発展したものだと思うのだが、

文化と経済では無く、犯罪ばかりが発展している様な気がしてならない。

罪の意識と自我の発達ばかりが目に付くのは、果たして私だけの事なのか?

神社で身を清め、罪の反省をし懺悔する。そして願うは明日の幸せなのか?

全国的に有名で大社と言われる社は多くあるが、片田舎にヒッソリと佇む鎮守の森に

心惹かれるって、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

神仏

こんにちは。

春のお彼岸は雪が多く大変です。
ご住職と花見の話を交わした日の夜から次の日にかけて猛吹雪…
桜はどこ? と云う、札幌です。

お寺よりも神社のほうが神秘性を感じるのは私だけでしょうか?

お寺の方が日常生活に入り込んで居るせいでしょうか…

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/03/24 10:32 - edit

寺より神社?

”白熊”さん!、今晩は

暑さ寒さも彼岸まで・・・なんて事、北海道では関係ないようですね。
縦長の日本では、四季折々の楽しみがある、なんて言われるが、
寒すぎたり暑過ぎたり、楽しみより苦しみと云った方が適切かも。

此の小さな片田舎の神社では、獅子舞が有名らしいです。有形無形文化財指定とも言われている。
獅子と狛犬が、後々の獅子舞に発展したと言われるが、私も子供の頃は、獅子舞の獅子が大きな口を開けて、頭をガブリ!子供心に恐怖心を抱いたものです。

寺との付き合いには、お布施と云う何とも不可解な経済的負担が発生するが、
神社では小銭一枚で願いを叶えてくれる・・・貧乏人には寺は見向きもしないが、神社は何時も快く迎え入れてくれる。
身近な方は、神社でしょうね。


夢旅人 #- | URL | 2013/03/24 19:22 - edit

コメントの投稿

Secret