Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

散歩のついでに 

『 命というものは、儚いからこそ、尊く、厳かに美しいものだ 』

ドイツのノーベル文学賞受賞小説家:トーマス・マン。文化に対する自問自答を続けた作家。

先日、北海道のブロ友より、ブログのUPが連続で忙しいですね~とのコメントを頂いた。

春先の体調変化か? 立ちくらみ・めまい・耳鳴りに煩わされ、思考能力低下をきたした。

昨日はブログのUPもする意欲が失せた。歳の所為なのか?

今日は気分転換で、久しぶりにチワワの ”らら” を連れて午前中に散歩に出かけた。

観桜シーズン真っただ中なので、近くの「さくら広場」まで午後車を走らせた。

”花見” は日本人の大好きな行事となっているが、果たして其の中に文化の薫りを嗅ぐ事が出来ようか?

2011-10-08 華2566

「さくら広場」は、安藤忠雄氏の設計によるものだ。

彼曰く、「桜は人の心をとらえる。なぜか?

     古来。わたしたちは自然を愛し、四季の変化に敏感に生活をしてきた。

     梅や桜の開花時期を心待ちにする国民性は他国にはない。

     気候異変が多発しているいま、地球環境を保全するために

     一人ひとりが考えなければならない時期にきている」 ・・・

2011-10-08 華2561

安藤氏は続けて問う、「この桜の公園を訪れた人々の感動が、地域から、そしてアジア、世界各地へと

           広がり、地球環境を大切にする思いにつながってほしい。」 と。

2011-10-08 華2562

「さくら広場」 は、総面積31,500㎡。ソメイヨシノ505本が整然と幾何学模様を描いて植栽されている。

四季折々の姿で私たちに語りかけてくれる桜に、花を想う先人の豊かな文化を継承し、

自然との対話を通じて、都会に住む安らぎを育み、心に語りかける場所として末永く利用を願って・・・

2011-10-08 華2563

北海道より、一足も二足も早く桜の満開を迎える関東。

残雪に交通の足を奪われ、侭ならぬ日常生活を送られる方々にはお気の毒の念を禁じ得ない。

昨年、角館に桜を観に行った折には、桜の花は何処にも観られなかった。

今年は来月末頃には見頃になりそう。再度角館にと考えている。

2011-10-08 華2564

ほぼ満開のサクラを楽しみに家族連れが多く、長閑な午後を楽しんでいた。

植栽された桜の木々をよく観ると、幹の上部は大きくならない様にとの思いからか? 切られている。

自然の観察から思うことは、

「どんな樹木でも、天まで届くほど大きく高く成らないように、創造主はつくったのであろう。

 物事には限度があるのだ。

 人間は何事につけ、より大きくなろう・立派に成ろうと願うものだ。

 前途には、大きな落とし穴が密かに牙を研いでいるという事を知らないで・・・」

『分相応』・『弁え』 と言う言葉がある。

自然に学ぶって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

角館いいですね。
レポート楽しみにしています。
僕の方は今日宮島を漕ぎました。
桜はちょうど見頃を迎えてましたよ。

ちくわ #- | URL | 2013/03/29 16:51 - edit

楽しみに・・・

”ちくわ”さん、こんばんは!!

宮島をカヤックで・・・楽しかったでしょう!!海は静かだったですか?
宮島名物「もみじ饅頭」は食べたのかな~? 私は大好物ですが・・・
其れ以上に美味しいのは、牡蠣とお酒。でも牡蠣はもう食傷気味ですよね~。

カヤックが瀬戸内海を悠々と・・・そんな想像を膨らましています。
カット写真を楽しみに待ってます!!
私は四月末の角館は人込みを観に行くようなもんなので、遠野にしようかと思案中ですが、
結果はブログにUPします。

夢旅人 #- | URL | 2013/03/29 20:37 - edit

コメントの投稿

Secret