Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

男はつらいよ 

『 わたくし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。

  姓は車、名は虎次郎。人呼んでフーテンの寅と発します 』


2011-10-08 華2560

此の口上で始まる、映画 『男はつらいよ 』の主人公、”寅さん” の帽子とトランク。

葛飾柴又「帝釈天」の参道で ”くるまや” と言う団子屋を営む ”おいちゃんとおばちゃん” 夫婦。

主人公の寅次郎には母親の違う妹がいる。

毎度フーテンを決め込む寅次郎がたまたま故郷に帰ると、なぜか周りの人々を巻き込んでの騒動が始まる。

2011-10-08 華2555
「くるまや」の店先風景。ウトウトする寅さんが・・・

寅さんを取り巻く心暖かい隣人たちと人情豊かな下町の情緒だった。

実施に撮影に使用した「くるまや」のセットが、大船撮影所から移設されている。

寅さんの実家、団子屋「くるまや」。小さな庭付きの二階家で、下町の心が息づく場所。

優しさに満ち溢れた ”おいちゃん・おばちゃん” そして妹・ ”さくら” が居る。

フーテンの寅さんは、この家で心癒され、またフラ~っと旅に出る。

日本人の心のふるさとの一つかも知れない。

2011-10-08 華2556
「くるまや」の台所風景

寅さんの名言に、『それを言っちゃ~、おしめ~よ~』

        『いいって事よ~、いいって事よ~』 人柄が偲ばれるね~。

2011-10-08 華2558

壁の柱にはザルが。 食卓には番茶とリンゴ。 

私が育った実家も似たようなもので、懐かしくもありほのぼのとした気持ちが湧きあがる。

2011-10-08 華2557
二階への階段下にはハタキとホウキ。

映画の中では、寅さんの名言を沢山みることが出来る。

「そうよ~、人生は賭けよ」

己の人生の中での一番の賭けは、”結婚” だったと振り返るのは、果たして私だけだろうか?

2011-10-08 華2559

「くるまや」の裏手にある「朝日印刷所」。タコ社長が経営する活版印刷工場。

寅さんとタコ社長の掛け合いが大変面白かった。

数え上げればきりがない程の名セリフ。

「いいか~、人間、額に汗して、油に塗れ、地道に暮らさなきゃ~いけね~」

「お前と俺とは、別の人間なんだぞ~。早い話がだ、俺が芋喰って、お前の尻からプッと屁がでるか!!」

「若い時っていうのは、胸の中に炎が燃えている。そこへ恋という一文字を放り込むんだ、

 バァ~ッと燃え上がるぞ!!」  など等。

2011-10-08 華2554

この草履を履き、帽子を被り、トランクをぶら下げ、フラ~ッと見知らぬ土地へ・・・

鞄の中には道端での商売用の品々が・・・そして、面白い香具師の口上が多くの客を呼ぶ。

「結構毛だらけ、猫灰だらけ。見上げたもんだよ、屋根屋のフンドシ。見下げて掘らせる井戸屋の後家さん。

 上がっちゃ~いけない、お米の相場。下がっちゃ~いけない、柳のお化け。
                  ・
                  ・
 捨てる神ありゃ~拾わぬ神、月にスッポン提灯じゃ~釣鐘。

 買った買った、さぁ買った。カッタコト音がするのは若い夫婦のタンスの環だよ~」


『人情とは、家族とは』 そして『人の温もりとは』

寅さんがもたらしてくれた「人生論」。

心を豊かにし、愛のある人生を生き、人には好かれ、明日に希望を探し、人生を最高に活き活きと・・・

寅さんに学ぶ、人は如何に生きるべきか?って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 5 TB: --   

コメント

こんばんは。

男はつらいよ、大好きで何度見たことでしょうか。

判っちゃいるようだけど、様々なしがらみに縛られて生きている常人には決してできない、寅さんのような生き方、それを忘れちゃいけないぞ、とこの作品は寅さんを通じて教えてくれているようです。

昔は何処にでもあった家族だんらんの風景や下町の人たちの細やかな人情、それから、日本各地の今は見られなくなった風景も花を添えています。
まさに日本人の心のふるさとが詰まっている作品ですよね。
これからも幾度と無く見続けるような気がします。

寅さんのいきざまに憧れを感じるのは、自分に放浪癖があるからかもしれませんけど。

tmz #- | URL | 2013/03/29 23:35 - edit

寅さん…

こんにちは。

寅さんのような人が沢山居ると今の世の中のように殺伐とした世の中にはならないのかも知れませんね。

庶民には或意味平和な世界になるのかも知れませんね…。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/03/31 20:53 - edit

どうしたのかな?

モシモシ…どうかしましたか?

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/04/03 17:09 - edit

人情は・・・

”tmz”さん、 お久しぶりです。コメント有難う!!

「下町」、この言葉の響きが大好きです。
温かい人情が感じられ、久しく忘れられていたような思いに駆られます。
その典型的な表現が、”寅さん” なのでしょうね。
都会へ都会へと若者が一局集中し、過疎化が進んだ結果、それに伴い失われtものに「人情」があるのでしょう。

DVDという便利な物が有るので、何時でも「男はつらいよ」を観ることが出来るは良い事です。
事件の多い殺伐とした現在だからこそ、「男はつらいよ」の価値観は増すのでしょうね。

「自分に放浪癖がある」・・・男のロマンですね~!!
私も昔を振り帰り、放浪癖を取り戻したいですが・・・此の歳に成ると其れも難しく残念です。



夢旅人 #- | URL | 2013/04/04 20:13 - edit

また走るか?

”白熊”さん、二度もコメントを頂き失礼しました。

「男はつらいよ」・・・香具師の口上も面白く、昔ながらの人付き合い方にほのぼのとした人情を覚えますね。
現在では、一番大切な家族関係にも違和感を感じます。
”寅さん” が、人情の大切さと有難さを教えてくれるのですが、こんな映画も若者達には受け入れられなくなったようですが、本当に悲しい事です。
暴力と殺人場面が無い映像は、若者達には面白く何ともないのでしょう。
結果、暴力事件と殺人事件ばかりが報道される世の中になった。
”罪” に対する ”罰” の軽さが、事件を増長させるのでしょうが・・・

「モシモシ、どうされたのかな?」・・・やはり私は短距離走者だったのですね。
ほんの少し全力疾走、結果息切れがしてダウン!!
脈拍も治まったので、またUPでもしようかと思っているが、果たして何時ダウンする事やら???

夢旅人 #- | URL | 2013/04/04 20:25 - edit

コメントの投稿

Secret