Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

煤竹に風鈴 

『 煤竹に小田原風鈴 』

2011-10-08 華2571

三日月型にデザインされた懸け台に小田原風鈴。職人による煤竹の懸け台。

「煤 竹」 古い萱葺屋根民家の屋根裏や天井から取られる竹で、200年以上の永い年月をかけ、

     囲炉裏の煙で燻されて、自然についた独特の茶褐色に変色しているのが特徴だ。

デパートの即売会用に制作された物であるが、特別に頒けて頂いたもの。

煤竹と少しばかり緑青が吹いた風鈴がとても風情を感じさせる。

『 風鈴の伝来 』

風鈴は元来、中国で用いられ、「古風鐸」と言う吉凶を占うために使用された。

竹林に下げられ、風の向きや、音の鳴り具合によって皇帝が占ったと言われる。

2011-10-08 華2570

『 風 鐸 』

風鈴が日本に伝来したのは、仏教の伝来の時、経典や仏像と共にもたらされたと言われる。

主に用いられたのは、魔除けとして、寺院の屋根の四隅に吊り下げられた。

ガラン・ガランと重苦しい音で鳴るが、その音の届く範囲に住んで居る人々の為の厄除けだった。

古くは、正倉院の御物に見られるように、仏具・僧具などに多く用いられた。

2011-10-08 華2572

壁面に下げる為に制作された懸け台と、小田原風鈴。

小田原風鈴は、黒澤 明 監督の映画 「赤ひげ」 の中でも用いられた。

当時、殊の外 ”音” に拘った黒澤監督。「最高の風鈴をもってこい!!」とスタッフに。

指示を受けたスタッフが探し求めた結果、持ち込まれた風鈴は、特に念入りに制作された小田原風鈴だった。

2011-10-08 華2573
デパートへの出展前の懸け台に下げられた小田原風鈴。

『 夏の風物詩 』

音色の良し悪しは、材質に左右されるが、

日本人には涼しげな音と聞こえ、秋を知らせるスズムシの声とも似ている。

元来、日本人は風鈴の音色を聴くことに、涼しの風情を味わったものである。

『 砂張の風鈴 』

一般的な鉄や銅製の風鈴ではなく、”砂張” と言われる、銅に錫を20%以上混ぜたもの。

小田原風鈴は、銀を軽く燻したような砂張独特な上品な着色が施されている。

真鍮製の風鈴は時と共に、其の音色は徐々に悪くなるが、

砂張の風鈴は堅くて脆い性質で制作も難しいが、

「鳴り上がる」 と云って、音色は時と共に益々良くなると言われ、古来より珍重されてきた。

2011-10-08 華2574
欅の大黒柱に架けられた小田原風鈴

『 癒しの音色 』

1/f と言われ、癒しの音とも言われる。

人が心地よいと感じる音色は、高い周波数と音が干渉し合ってできる ”ゆらぎ” が、癒される良い音とされる。

”ゆらぎ” 音は異なったごく近い周波数が、ほぼ同時に発生した時に、

お互いの振動が重なり合ったり、打ち消したりして発生する。

小田原風鈴製作者は言う、「ゆらぎ音の発生波形・周波数・余韻など理想を求めて、

材料成分割合・熱処理など、常に分析研究を怠らない」と・・・


『 風は 嵐。三月ばかりの夕暮れに、ゆるく吹きたる雨風。』

清少納言は斯く言うが、

天気予報では、明日は強風が吹き荒れ、雨模様と報道されている。

今週は天候不順で「春に三日の晴れはなし」という事なのか。

我が家では、「煤竹に小田原風鈴」はサイド・ボードの上に置いてある。

雨風の鬱陶しい日には、爽やかな砂張風鈴の音色でも聴きながら過ごすとしましょうか。

風鈴の使い方って、「こんなもんなの~?」

スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

風鈴、うちにもありますよ。
3個も。

いつどこで買ったかは覚えてはいないのですが。
夏などの日中はベランダに出して、その音色と風情を楽しんでいます。

さすがに真夜中はうるさく近所迷惑になりますので、室内に。

それぞれに音色の違いがありお気に入りの一個ってのがあります。
その風鈴には、島根の津和野で買った金魚の絵の入った和紙のしおりを、付けています。

私にとっての風鈴のイメージは、夏の「ひと時の癒し」と「朝と夜の爽やかな風」ですね。

一ノ瀬 #- | URL | 2013/04/06 08:26 - edit

苦手

こんにちは。

風鈴は仏具とは知りませんでした…と云いつつ仏壇を見ると、一対の風鈴の様な下がり物が有りました。(納得)

私は自分の視界の中で不規則動く物が有ると精神的に不安定になって仕舞います。

ですから車の中になど一切動く物を下げたりはして居ません。

なので、風鈴も勿論有りません…家の中は雑然としていて写真の様な気の利いた風鈴を置く所も無いんですよ(笑)

音だけ聞いて居ると涼しげで良いのですけれど…

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/04/08 14:52 - edit

昔の物にも・・・

”一ノ瀬”さん、こんばんは

チリン・チリンと涼しげな音色を遠くに聞いた子供の頃。
夏には、「金魚~や、金~魚ェ」ってな呼び声も・・・

スマホやゲーム、最新の遊び道具もイイのかもしれないが・・・
やはり昔ながらの品々に郷愁を覚えるし、まだまだ未だに手元には昔の品々が・・・

風流を解しない若者が多くなったのは、日本の不幸と思うのだが、ね。


夢旅人 #- | URL | 2013/04/08 21:08 - edit

仏具ね~

”白熊”さん、こんばんは

ブログ書いては休み、書いては休む。やはり私は短距離ランナーでした。
最近は”白熊”さんの方がUPの回数が多いようですね~。

家の中が雑然として・・・物持ちと言う事でしょう!!
私は昔より捨てるのが上手で、家の中には ”これだけ?” と言われる程物が無い。
女房はその上をいきますよ~。
だって、普段聴かないKT88のアンプやスピーカーは”売ってしまえ~!!”と。
二束三文にしかならないと云えば、只では無いので売ってしまえ!!とだとさ・・・

写真はいいね~、邪魔者は横に置いて写せるから。
風鈴は仏具が始まりとは、私も知りませんでした!!

夢旅人 #- | URL | 2013/04/08 21:17 - edit

コメントの投稿

Secret