Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

天邪鬼? 

『 春きては 心のまつにかゝりつる 藤の初花 さきそめにけり 』 源 俊頼

2011-10-08 華2575

今年一月に、一鉢¥800で買った ”藤” の花木.

プラスチックの鉢に植えてあったが、此の綺麗な釉薬の懸った鉢に植え替えた。

少々グロテスクな幹だけだった ”藤” であったが、数日前から咲き始め、

今日はほぼ満開の状態になり、可憐で綺麗な紫色の房を楽しめるようになった。

『 家 紋 』

日本には、古来より出自と云って、自らの家系・血統・家柄・地位、等を表す為に ”家紋” が用いられた。

藤の家紋は、日本五大家紋の一つであって、

藤は、長寿で繁殖力が旺盛で、お目出度い植物として讃えられた。

家紋は、その藤の花をデザイン化したもので、代表格は藤原家であろうか。

huzi[1]

『下がり藤』の家紋。

最も代表的な家紋であるが、

fz_2[1]

『上がり藤』の家紋。

上がり藤の家紋は、下がり藤の家紋を、上下反転しただけではない。

よく観れば、中央の葉の位置こそ違うが、両とも上向きなのである。

恐らく下がり藤の家紋が最初であろう。其のうちに「反対の上がり藤でもイイのでは?」と言う人が・・・

花房が上向きに咲いている藤の木なんて、私は観た事も無いが、果たして現実にあるとでも言うのか?

『 天邪鬼 』?『 へそ曲がり 』?『 偏屈者 』?

いつの世の中にも、この様に陰口を叩かれる人がいるものだ。

家紋の件でも、藤原家に反目だったのか? 藤の花の家紋は使いたいが、藤原がいるので自分は上がり藤にと。

天邪鬼・へそ曲がり・偏屈者・・・どの言葉にしても、他人との同調性に欠け、

ひねくれていて素直でない、心が捻じ曲がっていて性質や考えが、ひねくれて素直でない。

img_1116773_36393470_3[1]

『 正真正銘の天邪鬼 』

平安時代の真言宗の道場:東寺(京都)の五重塔を支える天邪鬼。

五重塔の内部、一階の屋根の庇の裏側、張り出した柱の上の四隅に天邪鬼が居る。

「天邪鬼」 は、本来は仏教で人間の煩悩を表す象徴であった。

四天王や執金剛神に踏み付けられている悪鬼であるが、その後転じて、

”人の心を見計らって、悪戯をしかける鬼” とか、

”他者の思想・言動を確認したうえで、敢えて此れに逆らう言動をする「ひねくれ者」「つむじ曲がり」” に。

「天邪鬼」 は、本心に素直になれず、周囲と反発する人・言動を指して言わるようになった。


『 藤の花 こき紫の色よりも をしむ心をたれかそめけん 』 清原元輔


2011-10-08 華2576

「花の命は短くて・・・」、何処かの女史が詠んだ有名な句であるが、

正しく花の命は短い!! 満開の紫を愛でられるのも数日の事である。

仄かな甘い香りを楽しませてくれる ”藤の花”。いや、楽しませてくれたが本当なのか?

奈良時代・平安時代には、一番高貴な色として珍重された紫色。

¥800 の藤の花に我が家のリビングも華やいだものだった。

一日の何度となく顔を近づけては花弁の形と色と香りに心地よさを楽しんだ。

その都度思う事があった。「どうして、下がり藤と上がり藤があるの?」と。

そうだキット太古の昔より、「へそ曲がり」や「天邪鬼」がいたのに違いないと。

愛でる気持ちに「ひねくれの心」は要らないと思う。

草花を楽しむ気持ちって、「こんなもんなの~?」

スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 6 TB: --   

コメント

呼びましたか ?

呼ばれた様な気がしましたので顔を出しました(笑)

私は仕事上、組織の問題点を洗い出し改善するのが主要な業務なので、常に問題意識を持って物事を見る習慣が付いて仕舞いました。
まあ、もともと天の邪鬼/へそ曲がり と云うのも有りましたが…
適材適所だったのかも知れません。

子供の頃は正直すぎると参観日に親が先生に言われて帰って来た事も有った様ですが、社会が私を歪めてしまった様ですね(云い訳)
まあ、そのせいで安月給で40年も勤める事が出来たのかも知れません(笑)

そうそう、私もステレオは捨ててしまえと良く云われます。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/04/09 10:31 - edit

京都東寺で初めて「天邪鬼」見た時、なんだろう?って
長年風雨にさらされて木も腐ってきたのかと思いました。
でも、後で「天邪鬼」と判ってから塔を注意して見るようになりました。
先日、東京の豪徳寺、ここの三重塔は招き猫でした。

800円の藤、、、3000円の藤と云っても、おかしくない見事の咲き具合ですよ。

犬山にゃん太郎          #WVb5vgCk | URL | 2013/04/09 15:40 - edit

オーディオの行方は?

”白熊”さん、お久しぶりです

そう、呼びましたよ~!!
”白熊”さんのコメントが無い時には、寂しいからね。

何に驚いたかって、持っているレコードの多さに・・・
ジャズ喫茶でもあの数のレコードやCDを集めている所は少ないですよ~。
一年目に廃業になったジャズ喫茶は、マッキントッシュにアバンギャルド
でしたが、レコード・CDは、せいぜい1000枚ぐらいだったか?
コレクションの数が少ないでいで廃業では無いのですが、そこはジャズ喫茶運営の難しさなのでしょうか、ね。

「ステレオは捨ててしまえ」・・・何とも辛い言葉ですね~。
私も数は少ないが、自分の死後、オーディオは何処へ行くのやら?
廃品回収へ?それとも買い取り屋へ? せめて中学校か高校へ寄付は出来ないものか? 
学校側も”要らない”って云うでしょうが・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/04/11 20:19 - edit

突然の登場・・・

”にゃん太郎”さん、こんばんは!!

鎧坂からニコライ堂へ・・・その間に何と、くらげ!。
私の棲んで居る処の近くの水路にも、しばしば”くらげ”が上ってくるが、
綺麗でも可愛くも無い。
先日は、珍しく赤い線が入った”くらげ”がやって来ました。名も知らないですが。

鶴岡の賀茂水族館・・・世界一のクラゲの収集ですか~、珍しいですね。
クラゲは中華料理ではお馴染みですが、水族館ではあまり見ないですね。
昔は「逆さクラゲ」というネオンが目立ちましたが、最近は見る事もありません。
楽しみ方も時代と共に変化するという事でしょうか?

¥800 の ”藤” 捨てたものでもないでしょう!!
安い・高価というより、如何に楽しむか?が大切なのでしょう、ね。

夢旅人 #- | URL | 2013/04/11 20:30 - edit

すっかりご無沙汰してしまいました。
PCが完全に壊れてしまい、今までブログにも訪問できませんでした。
お坊様に袈裟も紫色が一番位が上だと聞いたことがあります。
奈良時代でも紫は高貴なしるしだったとか。
紫に染めるのには、貝から採取した染料を使ったと何かで読んだ
記憶もあるのですが、このあたりはかなり曖昧です。

青竹 #- | URL | 2013/04/11 23:25 - edit

モノは言わぬが・・・

”青竹”さん、 お元気な様子、安心しています。

古稀を迎えた私は、血糖値が少々高いぐらいで元気でおれますが、
体に多くの困難を抱えると辛くもなる。何とかならないものでしょうか、ね。
健康に仕事に辛くても頑張らなくてはならないなんて、アベノミクスなんて呑気な事は云い、浮かれている暇も有りません。
人生には「平等」なんて事はないのでしょうか?

最近は世に愁い、物言わぬ植物に興味と愛情を感じるようになりました。
原発避難民の事は、政府をはじめ東電も無関心の様に思え、テレビの報道を見るにつけ怒りさえ覚える始末です。

北朝鮮はバカ丸出しで、世界の不安を煽るだけ。
政治家は我が党が良かれとなれば、理不尽な法律さえ作る。
どうせ此の世は、そんな所!! 困ったものですね。

奈良時代・平安時代と過ごしてきた訳ではないが、何となく仄々とした郷愁に駆られるのは私だけでしょうか?
色で言えば 「紫」。 高貴な物に憧れるのは良いとしても、現代人は高貴では無く「高価」な物に憧れる。
今朝もアベノミクスのお蔭で、数千万円もするランボルギーニやフェラーリーなどの高級車がバカ売れと・・・テレビが浪費を煽る。
足が地に着いた生活とは、一体どんな生活なのでしょうか?
そして、地道な生活を望む人は、果たしているのでしょうか?

イイとも、悪いとも、何も物言わぬ草木にもっともっと学ぶべき事がありそうです。
庭の無い我が家では、ベランダで鉢植えを楽しむだけですが、
¥1000前後で何年も楽しみを与えてくれる盆栽(とは、云えないが)を愛おしく思うこの頃です。
紫に限らず、桜の淡いピンク・木瓜の清楚は純白・松の緑、季節季節に楽しめる彩です。

お時間があれば、また訪問して下さいね・・・夢旅人

夢旅人 #- | URL | 2013/04/12 09:24 - edit

コメントの投稿

Secret