Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

5月5日は・・・ 


『 実は、女の子のお祭り 』

恵まれた人には、10連休のゴールデンウィークも早や終盤となった暖かい日に、

チワワの ”らら” を連れて散歩に出かけた。

2011-10-08 華2631

直ぐ傍の団地の植え込みに、菖蒲が数本綺麗な花を付けていた。

そう云えば、5月5日は、『端午の節句』 だ。

この日には、チマキや柏餅を食べ、菖蒲湯に入り、邪気を払い明日への健康を祝ったものだ。

元々は、端午の節句は ”女の子のお祭り” だった。

「五月忌み」と云って、早乙女たちが田の神の為に小さな小屋や神社などに籠ってケガレを祓い清めたのだ。

田植えが始まる前の、田の神に対する女性の厄払いの行事だった。

平安時代になり、流鏑馬や競馬などの勇壮な行事が始まり、端午の節句に使われるショウブが、

武道に通じる ”尚武” や ”勝負” を意味すると考え、

男の子がショウブを頭や体に着けたり、ショウで作った兜で遊ぶようになった。

この頃から、「女の子のお祭り」五月忌みは、男の子を祝う行事へと変わって行くようになった。

『 春すぎて 夏きにけらししろたえの 衣ほすてふ天の香具山 』 持統天皇

近年、地球の異常気象を耳にする事が多くなった。

今年も、真夏日の報道を聴いたかとおもえば、北海道では5月に入っても雪で悩まされているらしい。

2011-10-08 華2632

冬眠から目覚めた蛙たちは、恋の季節となったのか、甘い囁きの大合唱を・・・

眼や耳の無い ”ミミズ” たちも、夏を感じ始め土の中から・・・

散歩が大好きな ”らら” は、草叢をハシャギ回り・・・

2011-10-08 華2633

走り疲れたのか?ツツジの陰で一休み。

『 取り寄りや愛し 手繰り寄りや愛し 

      糸より細い腰締むれば いとどなほ愛し 』
   (宗安小歌集)

2011-10-08 華2634

引き寄せても愛しい 手繰り寄せても愛しい。

糸より細い腰を抱き締めたら ますます愛しいことよ・・・

” 歌の文句にあるじゃ~ないか~ ” 、仄々とする光景だね~!!

2011-10-08 華2630

建屋の日陰にヒッソリと咲く ”すずらん”。

昔の若者達は、人目を憚りひっそりと逢瀬を楽しんだものだが、

其れにひかえ、今の若者達は幸せだね~。

人目を忍ぶ逢瀬より、誰はばかる事なく楽しむ交際の方が、清々しさを感じるものである。

スズランを見ながら、清々しい男女の逢瀬とが重なって見えた昼の散歩だった。

恋愛結婚した昔の若者達も 「こんなもんなの~」 




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

端午の節句

ごぶさたしています。

>元々は、端午の節句は ”女の子のお祭り” だった。
成る程…それで我が娘は鯉のぼりを欲しがったのですね!
ベランダのガラスにへばり付いて隣の鯉のぼりを何時も眺めて居る娘を見て亡父は長さ1メートル位の竿に付いた鯉のぼりを買って来た時の娘の喜び様は…亡父もその姿を見て満足そうでした(笑)

そう言えば、スズランって毒が有るから触るなと父がよく言っていました…
あんなに綺麗な花なのに恐ろしいですね!
女性と同じですね(笑)

最近も 書く度に侘びしさ募るブログかな でいっこうに進みません…

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/05/08 15:45 - edit

君子、危うきに・・・

”白熊”さん、こんにちは

ゴールデンウィークも終わり、関東は夏日が続いておりますが、北海道方面は季節外れの雪が降り、大変な様子ですね。

明治に入り、旧暦から新暦に変わり、二十四節気をはじめ全ての事柄が生活感から外れるようになりました。
農耕民族の我々には、旧暦の方が実感と合うのですが・・・

日常行われる「日本人のしきたり・風習」も本来の意味から外れ、いい加減な事となりました。
女の子が、鯉のぼりを欲しがる・・・5月5日は、「女の子の祭り」だから、いいのではないでしょうかね。

”スズラン”の毒は、知りませんでした。
清楚な”スズラン”も、美しい女性も、どちらも毒を含んでいるのでしょうね。クワバラ・クワバラと言う事かな。
危険な物は興味を引くって事か・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/05/09 19:47 - edit

コメントの投稿

Secret