Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

リスクは常に・・・ 

『 航空科学博物館 』

2011-10-08 華2697

成田国際空港の南端側に、航空機の歴史が学べる博物館がある。

館内は、1Fにはボーイング747-400の大型模型

    2Fには航空機の模型や歩みが展示され、

    3Fは成田空港を離着陸するジェット機を間近に望める展望台がり、迫力あるエンジン音が楽しめる。

    4Fは展望レストランになっていて、食事(美味くはないが)も楽しめる。

『 科学の粋を集めた管制室 』

2011-10-08 華2694

2011-10-08 華2695

カット写真の管制室は少しばかり古い機器であろうが、現状は多くの最新鋭機器が装備されている筈である。

とは言え、機器類を操作するのは管制官である。

人は時たま人為的ミスを犯すのが常である。離着陸の指示ミスを偶には耳にする。

『 野外展示場 』

2011-10-08 華2696

館外前は「航空機と多目的広場」となっていて、古の名機が展示され芝生広場では子供達が見学に来ていた。

有料ではあるが、機内に入り体験装置で遊ぶ(学ぶ?)事も出来、子供達の興味を引いていた。

『 ジェット機を知り、シミュレーターを体験 』

2011-10-08 華2692

館内には空港模型やライブラリーの充実もあり、太平洋戦争時のゼロ戦も展示されている。

航空機の仕組みを知り、何故飛行出来るのか?原理を学び、DC-8シミュレーターで遊べば、

スマホやゲーム機器では学べない、大切な学習が出来る。

『 芝山 風和里とんぼ 』

2011-10-08 華2693

怒賀 茂氏・作詞 と書かれた立札があるが、どんな詩なのか?調べるが判らない。

駐車場から館へ向かう小さな木立の中に、ひっそりと置かれている。

鉄製の為か錆びついたように見え、少々寂しさを感じる。

『 全ての事物に、リスク有り! 』

先日、ボーイング787なる最先端の航空機がANAやJALに納入された。

日本の最先端の技術や製品も納められ、鳴り物入りで採用されたものであるが、

バッテリーから煙が発生という事態を起こし、飛行禁止の憂き目に遇っていた。

このバッテリーは日本製という事で、気をもんだ人も多かった事であろうが、

正確な原因は不明のまま、また飛行許可が下りた。

考えられうる最先端の知能と機器を以てしても、リスクは完全には避けられないのが事実。

安全性100%を高らかに謳い上げた原発。

想定外の津波に福島原発は大事故に見舞われた。現実には、想定外という詭弁で逃げただけであるが・・・。

人知を尽くしても避ける事ができないリスクを余りにも甘く見た結果だ。

利益の為ならリスクも厭わないという企業精神の陰で泣くのは、いつの世も一般大衆であろう。

一度に多くの犠牲者が出る航空機事故に限った事ではないが、

現代人はリスクを余りにも軽視しているのではなかろうか?

最先端技術と言えども完全無比という事は無い。リスクは何処にでも潜んでいる。

自信過剰の犠牲って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

リスク

こんにちは。

仕事で毎日の様に、リスク管理の為に… と言い続けて来ましたが、ふと気が付くと自分は?と自問自答をすると 糖尿病を患ったりして、人には大きな事は言えないな~と。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/05/30 10:28 - edit

此れぐらいは・・・

”白熊”さん、こんばんは

「油断大敵」と言う言葉があるが、”此れぐらいなら大丈夫”とつい思うのが人間なのでしょうか?
血糖値でも、まぁ此れぐらいなら・・・その結果が今という事でしょう。
眼科の先生が、「A1c」は7台で抑える様にと言っていた。
私は6,5~6,8だから、「まだまだ大丈夫」。この油断が危険なのでしょうが・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/05/30 20:10 - edit

コメントの投稿

Secret