Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

せめて、水でも・・・ 


『 水が飲みたい・・・』

2011-10-08 華2776
「上総掘り」によって掘られた公園の井戸

昨日から関東にも冷気が入り込み、少しは過ごし易いですが、

全国的に猛暑が続き、熱中症患者続出の日々が続いていました。

観測史上初の記録とか報道が有りましたが、地球温暖化もここまで来たのか?

熱中症寸前で、熱にやられた頭ではブログも書けなかったという事でしょうか?

昼の外出は愚か、夜の犬の散歩でも、思わず口を突いて出る言葉は、「せめて、水でも」だった。

『 上総掘り井戸 』

kazusabori01[1]
                  「上総掘り」の資料より転載

千葉県中央に位置する上総の国では、昔より高い山々が無かった。

飲み水の確保には格別の苦労もあったと言われる。

明治中期に確立された井戸堀りの技法で、竹や木材を使う為、道具の現地調達が比較的容易で、

少ない人力で深い井戸が掘れ、経済的負担も小さいため、この上総地方で急速に普及した。

「上総掘り」この方法は現在、水不足に悩むアジア・アフリカ地域にも広く取り入れられている。

これもひとえに青年海外協力隊や国際協力事業団などの活躍に負うところである。

『 朝顔に つるべとられて もらい水 』  加賀千代(句)

2011-10-08 華2777

「井戸に水を汲みに来てみれば、朝顔のつるが釣瓶に巻き付いている。

切るのは可哀そうだから、近所の井戸に水をもらいに行きましょう」 

此処、谷中には未だに井戸端があちこちで見受けられる。

昔はご婦人たちの朗らかな声が聞こえたものでしょうか?

井戸端会議は主婦たちのコミュニケーションの場だった。

『 井筒つの 井筒にかけし まろがたけ 過ぎにけらしな いもみざるまに 』 

2011-10-08 華2784

井戸の傍で遊んだ幼馴染の貴女よ もう私の背丈も井戸枠の高さを超えました。

貴女に逢わずにいるうちに・・・。

幼い日の恋人が忘れられない内に今日まで来てしまったことよ、切実に訴える求婚の歌。

『 井を掘りて 今一尺で出る水を 掘らずに出ぬと いう人ぞ憂き 』
                      手島堵庵(句)

2011-10-08 華2779

あと一尺掘れば水が出るのに、頑張って掘らないなんて、なんと勿体ない話なのか。

あぁ、もうだめだ!!と諦めるなんて、勿体ない事よの~。

此の句を読めば、己の努力不足が恥ずかしい。後悔・後悔。

『 都人 来ても折らなむ かわずなく 県の井戸の 山吹の花 』

2011-10-08 華2785

「都に住む愛しい貴方よ 私の邸に咲いている山吹の花を・・・」 橘 公平の娘が詠んだ歌。

直向きな恋心を優しく詠んだ歌。

花も綺麗に咲いているうちに・・・枯れてからでは、もう遅いですよ~。

『 井の中の蛙 大海を知らず 』…『 されど空の深さを知る 』 

中国「荘子」が詠んだ歌とか? 続きは誰が詠んだのか?

蛙が利口なのか? はたまた大亀が博学なのか?

”知ったかぶる”・・・世の凡人の習性なのか?

『 眠りえぬものに 夜はながく 疲れたるものに 五里の路はながし

  正法を知るなき おろか者に 生死の輪廻は ながからん 』
  真理の言葉「法句経」

人は誰でも、男女・貧富・美醜・賢愚・・・多くの縁を背負ってこの世に生まれる。

どんな境遇であれ、生まれてきた者なりに・・・

果たして井の中の蛙が良いのか? それとも大海の大亀なのか・・・

利口ぶっても所詮は小人、所詮は愚か者。

せめて、感謝と少しばかりの恩に生きるとしましょうか。

人の生きる道って、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 6 TB: --   

コメント

地下水

こんにちは。

地下水の豊富な土地へ行くと未だに飲料水や冷房など生活用水として使って居る所が有りますね。

地下水が豊富でその利用が一般的な土地で大型量販店の新築工事を行った際、井戸枯れ対策で、何本の井戸を掘ったか解りません。
保管所では浄水の使用を進めて居るのだそうですがなかなか普及しないとこぼして居ました。
漬け物屋、作り酒屋、鯉の養殖、飲料水、冷房 等々…対象となった家屋は約4,000件。

井の中の蛙大海を知らず…わが会社の様な田舎大名はもろ当てはまりますね(笑)
錯覚とは恐ろしい現象です。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/07/18 11:01 - edit

あと一尺掘れば水が出るのか・・・。
何事もあきらめず頑張ってみようと思います。

それにしても、永遠の一尺って感じだな(笑)

ちくわ #- | URL | 2013/07/19 20:47 - edit

一寸止まって、自己を見つめて現世の役目を改めて考え直さないといけませんね。
私は何故ゆえに、この場所にいるのか、此処で何を成そうとしているのか、はたまた何をさせられようとしているのか。
人は、自分で考えた方向に必ず進めるのか。
はたまた考えた挙句の判断が、神の示す通りの道だったのか。
運命か、宿命か。
人は自分で動いているのか、一日24時間と言う時間を与えられて、神に動かされたいるのではないか。
否、必ず”自分の意思で動いている。”と信じたいのもです。

一ノ瀬 #- | URL | 2013/07/19 21:51 - edit

懐かしの井戸水

”白熊”さん、 一か月のご無沙汰でした

猛暑・酷暑続きで、ブログの更新どころではありませんでした。
連日の35度越え、日課にしていた10000歩の散歩は、連日2000歩でした。
間食・夜食はしないものの血糖値も下がり様も無く、次回の検査で医者が何というかしら?

昔は我が家にも台所にも井戸があったのですが・・・
日照り続きでダムもカラカラ!!水不足が深刻ですが、
あの冷たい井戸水が懐かしい毎日です。
今は只々懐かしんでいるだけです。

夢旅人 #- | URL | 2013/08/17 16:24 - edit

書き方を、忘れた

”ちくわ”さん、本当にお久しぶりです

久し振りにブログを開きましたら、何となんと”ちくわ”さんのブログの更新が目に飛び込みました。
私は一か月も更新ならずの為体振りでした。

瀬戸内海を心行くまで楽しんでいる様で、羨ましさ半分で”ちくわ”さんのブログを読みました。

今年は、どうやら本格的な夏バテも回避でき、さぁ、此れからはブログの更新も出来るのか? と思っているが、一週間に2・3回かな?
暫く休むと、何を書けば良いのか判らないのが現状かな・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/08/17 16:30 - edit

頭の中は、真っ白け!!

”一ノ瀬”さん、こんにちは

10日間の盆休み。 関西旅行はどうでしたか?交通渋滞は?
私は、何一つするでもなく、バテバテと言うところかな?
ブログを更新する気も起こらない程、疲れている訳でもないのだがね。
ネタ切れも確かにあったのですが・・・だって、何処にも行っていないので。

猛暑続きで撮影どころではありません。
撮影しないままで現像し、素抜けのネガみたいに、頭の中は常に真っ白け!!
も少し涼しくなれば撮影に行きたいものです。何処か一緒に行きましょう。

夢旅人 #- | URL | 2013/08/17 16:38 - edit

コメントの投稿

Secret