Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

夏の想い出 


『 秋立つや 猛暑の夕べに 鈴風ふく 』

image7.jpg

暑い暑い夏も一段落し、ホッとする暇も無く、戻り夏の暑さに気が滅入る昨日・今日。

夕日が沈むとそこには秋の気配が感じられ、夜の散歩にでも・・・と誘われる。

『 昔の記憶が・・・』

いつの日だったのか? 遠い記憶の彼方に想い出がよぎる。

ある高名な方の執筆になる、随筆集の口絵写真のカットを依頼され、山口県角島に撮影に行った。

小さなな小さな角島。夏の終わりの浜辺にはハマユウの花が咲き誇っていた。

純白の灯台が今も現役で活躍しているそうな。

黒い岩場の浜辺には、昔は使っていたのだろう漁師小屋(と言っても、4,5か?6畳ほどの)が、

10軒ばかり軒を並べていた。日本海の厳しい風を防ぐために、小屋の回りは石垣で囲われている。

島の幼い男の子と女の子に出演を頼んでの撮影だったが・・・

この子たちが大きくなった後の想い出を表現する為に、イエローのCCフィルターを架けた。

遊び疲れた後のシーンだが、

男の子に苛められているシーンなのか? 小さな花か?蟲でも見つけて話しているのか?

そんな雰囲気でも感じられればと、思いつつ・・・

『 吹くからに 晩夏の花木の萎るべば むべ浜辺の嵐というらむ 』

遠い日の記憶は、曖昧さが心を温めるのだが、

白き波頭で吹きつける北からの風に、今を盛りにと咲く草木にも、肩を寄せ合い激寒を乗り切る島民の辛さも、

海水浴で有名なこの島を、訪れる観光客の想い出には残らない事であろう。

都会に出てきて、長い年月を過ごした身には、島での記憶は淡く通り過ぎるものである。

協力してくれた男の子も女の子も、今では立派な成人になっている事だろう。

彼らも私と同じく、浜で遊んだ夏の終わりの記憶を、懐かしんでくれているのだろうか?

ふと、そんな昔日の一コマを想い出し、想い出のカット写真をUPした。

古い想い出に心遊ばすって、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 8 TB: --   

コメント

灯台

こんにちは。

灯台の写真を拝見すると、昭和50年台の中頃えりも町の灯台の改修工事に携わった事が有ります。
昭和24年に建てられたもので、浜砂を使ってコンクリートを練ったせいか、鉄筋の不適合所が著しいのと強度不足でボロボロでした。
工事は夏の観光シーズンに行われ、同じ世代の男女が観光ではしゃいでいるのを脇目に早出残業と…

岬の左右で天気が違い、一旦風が吹き出すと30~35メートルくらいの強風が吹き、小石が飛んでくる為に海上保安庁の宿舎はアクリル板でガラスを守って居ます。

写真の様な長閑さが溢れる灯台の景色では有りませんでした。

ここの工事では電話の埋設ケーブル切断や灯台の霧笛埋設ケーブル切断など今にして思えば楽しい毎日の現場でした。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/09/03 09:40 - edit

今となっては・・・

”白熊”さん、こんにちは

灯台の改修工事を担当ですか~? 羨ましいような経験ですね。

土木技師・建築士とは縁の無い私ですが・・・
建設工事といえば、建物が完成した時に、大手ゼネコンでは完成写真アルバムを数冊作るのが、昔はありました。

大成建設・大林建設・鹿島建設など等の建設会社より依頼され、完成写真を撮影したものでした。撮影は私、アルバム作成は女房と、手分け分担していた。
面白い事に、それぞれの会社ごとに社風と云えばよいのか?特徴があるものです。

最高の丁寧さを誇る会社、コストパフォーマンス重視の会社、安いが雑な工事の多い会社・・・色々と傾向が有るのが面白かった。
人にも少々の差異があるように、企業にも少なからず差異はあるのでしょうか。

荒波や暴風雨に晒される北の国での灯台改修工事。
大変な難工事でしょうが、埋設ケーブルの切断とは、それはそれは難儀されたのですね。
まぁ、今となっては良き想い出!!そんな呑気な事も当時は言えないでしょうが・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/09/03 15:05 - edit

角島はぜひ一度行ってみようって思ってます。
それにしても素敵な一枚ですね。
こういう雰囲気のある写真を僕も撮りたいんだけど、
なかなか難しいですね。
カヤックもだけど、カメラもガンバリマ~ス(^_^)/

ちくわ #- | URL | 2013/09/03 19:38 - edit

こんばんは

9月に入り天候が秋へと近づいて行くような日々であります、
雪の降る恐れのない地方だと僕も夏が終わってやれやれ感があるのではないかと思いますが、
今年冬場吹雪く中に出掛けた東京、そこは春でした。
こちらからしたら夏、秋、春のような関東の四季ならぬ三季ともいような感じでした。
毎年雪が降ってネガティブになってくるような冬が来るのかと思うと、
1枚目のような光景の夏は僕は実にいいのですがねえ(^^)v

犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk | URL | 2013/09/05 23:16 - edit

一言コメント

角島、懐かしいですね。
また行きたい場所です。
角島、異次元の美しさです。

一ノ瀬 #- | URL | 2013/09/06 07:14 - edit

必見の価値あり

”ちくわ”さん、こんにちは

角島・・・小さな小さな島ですが、青緑で透明度の高い海の色には驚きます。

手前には、北長門リゾートホテルがあり、カヤックを一休みさせるには、もってこいの場所ですよ。

海産物の美味しさも一入です。とくにサザエやアワビがね。
魚は生きているものを調理してくれますよ。
是非一度足を、いやいやカヤックを運んでください!!

夢旅人 #- | URL | 2013/09/08 16:08 - edit

近場で我慢

”にゃん太郎”さん、こんにちは

「冬来たりなば 春遠からじ」・・・「夏過ぎれば、秋遠からじ」ですね。

何時も感心するのは、本当に多くのカット、それも古式然とした建造物と人の気配。
そして、”何してんの~”と訝しげな顔の猫の姿。

私は春には角館の枝垂れ桜を、
夏には立山・白馬へと・・・夢ばかりで、いずれも叶わなかった。
も少し涼しくなれば、近江八幡へと、夢ばかり。

夏も終わりを告げたようなので、近場で我慢して、カメラをぶら下げて・・・なんて事ぐらいかな?

夢旅人 #- | URL | 2013/09/08 16:17 - edit

果たして、眠たい街か?

”一ノ瀬”さん、こんにちは

角島・・・古い古い想い出です。
あの二人の小学生は、今はどうしているのか? とふと思い出したのでね。

懐古趣味に浸らないで、どこか撮影にでも行きたいのですが。
それにして、”SIN”さんはどうしているのでしょうか?

11日には、佐野に行きます。眠たい街でもパチリといきましょうか?
古い町並みも久しく観ていないので・・・


夢旅人 #- | URL | 2013/09/08 16:22 - edit

コメントの投稿

Secret