Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

只今、0匹 

『 名水百選 生きた水 久留里 』

2011-10-08 華2896
              JR久留里駅前 水汲み広場

好天に恵まれた或る日、予てより来たかった久留里に・・・

駅前の水汲み広場で出会った、一人のご婦人。

車でお越しで、何時まで待っても何度も何度も汲んでは車に運び、

聞いてみれば、「2ℓのペットボトルを50本ばかり持参している」との事。

これではいつまで待っても、此方が待ちくたびれるばかり。

2011-10-08 華2894

「井戸」に纏わる話は全国いたる所に遺されているようだ。

「井戸と入水自殺」は枚挙にいとまがない。

井戸の水鏡に映された業平の顔を見て、女官は我を忘れて、井戸に飛び込み死んでしまった、とか・・・

2011-10-08 華2893

『 千早振る 神代も聞かず 竜田川 からくれないに 水くくるとは 』

古典落語の演目の一つで、良く知られた「竜田川」

吉原に足を運んだ関取・竜田川、

花魁・千早の振られ、妹遊女・神代にも振られる。

ガッカリし自信を無くした竜田川は、力士を廃業、故郷へ帰り豆腐屋を継ぐ。

後になり、店の前に一人の女乞食がやって来て、”オカラを下さい” と懇願。

訪れた女乞食をよくよく見れば、昔自分を振った吉原遊郭の千早ではないか。

零落した女乞食は、千早の成れの果てだった。

それに気づいた竜田川は、”オカラはやらない!!” とっとと帰れとばかりに、女乞食を突き飛ばす。

千早は井戸の傍に倒れ込み、”こうなったのも、自分が全て悪いのだ” と、

井戸に飛込み入水自殺を果たす。

2011-10-08 華2892

『 みもや立つ 雲も煙も なか空に さそいし風の 末ものこさず 』

山口県長門市深川湯本に「大寧寺」がある。

本州西部の有力守護大名・大内義隆氏は、家臣・陶 晴賢の謀反によって、大寧寺に攻め滅ぼされる。

大寧寺に逃げ込んだ義隆氏は、古井戸に目をやっると、恐ろしい程疲れ切った己の顔に驚愕する。

行く末を案じ、此処に義隆氏は自害を果たし、今でも此処で静かに永遠の眠りについている。享年39歳。

上の句は、大内義隆氏の辞世の句である。

「末も残さず」と詠んだのは、己の一族だけならず、陶一族の後の繁栄も無い事を願っての事だろう。

2011-10-08 華2897

『 ただいま、0匹 』

アッ、ご免・ご免、「ただいま、0匹」では無くて、「ただいま、0人」でした。

好天に恵まれた日だと言うのに、観光客には一人も出会えなかった。

日本有数の名水に恵まれた久留里だというのに。

火野葦平が、小説化してる「ただいま0匹」があるが、あまり知られていないようだ。

先日、ボス猿・ベンツが二週間ばかり居なくなった事で新聞・テレビを騒がしていた、「サル公園」。

大分県高崎山の「サル公園」は、

昭和27年 法螺貝を吹いて山中のサルを呼び出す奇妙な ”餌付作戦” によって始められた。

1年経ってもサルは現れなかったが、数年後には数匹のサルが姿を現しはじめ、

その後、100匹ほどが餌場に集まるうようになり、全国的に知られるようになった。

高崎山「サル公園」の入り口に、大きな看板があり、

今、集まっているサルの数を観光客に知らせている。

「ただいま、0匹」なる、葦平の題名も、ここからきている。

2011-10-08 華2891

街中の井戸を訪ねながら、その先 「久留里城」 へと行く途中、

駐車場を兼ねた、名水の飲み場がある。

少々疲れたので、此処でしばらく休憩と洒落込んだ。

10分ばかり経過した頃か、一人の小学生が通り過ぎた。

挨拶もそこそこに足早に帰路を急いでいるのか・・・

それにしても寂しい街だった。

観光客が、「ただいま、0匹」とは。

季節も良くなり、どこの観光地も人だかりと言うのに、

片田舎の観光地って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 6 TB: --   

コメント

井戸水

道庁公宅にに済んで居て、中学生の頃まで飲料水は井戸水でした。
ある日、上水道が引かれ上水を口にした途端「こんな水飲めない」…

半年位、慣れるまで上水と井水の併用でしたが、塩素臭はなかなか慣れず、今は浄水器を付けて居ます。

井戸水は美味しいのですが、何となく恐ろしさも有ります。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/10/16 15:40 - edit

暖炉が要る?

”白熊”さん、こんばんは

久留里は、自噴の井戸が街中に沢山あります。
駅前の井戸で口に含んでみれば、そこはやはり天然水!美味しいの一言。
二時間ばかり散策したが、観光客には一人も出逢わなかった。

私の実家も、中学生の時には市営水道も完備されていたが、井戸のある生活をしていました。
夏には、スイカなどを冷やしていたが、やがて木造の冷蔵庫がやってきて、一貫目の製氷を一番上の段に入れ、色々な物を冷やせる便利に与かるようになった。

その後は、井戸に蓋を覆い、水すら飲めなくなったが、ポンプで吸い上げるので、植木の水遣りなどに利用していた。
毎年水質検査をし飲用も可能だったが、飲み水として使った記憶はない。
今思えば勿体ない事でしたが・・・

※ 今日の北海道は台風の影響も受け、旭川や帯広などでは初雪が降ったようで  すね。
  札幌も例年になく一足早く冬の訪れでしょうか?
  もう、暖炉を使いはじめましたか?




夢旅人 #- | URL | 2013/10/16 17:52 - edit

久留里・・・。
確かに寂しい街ですね。
ここを通過して勝浦や鴨川にみんな行っちゃいますね。
僕も通り過ぎるだけの人でした(笑)

ちくわ #- | URL | 2013/10/16 18:38 - edit

次は鴨川?

”ちくわ”さん、こんばんは

久留里は静かで落ち着いた良い街でした。 
観光客はいなかったが、この街の住人の奥さんと立ち話が出来たのが良かったですね。
上総掘りと言う独特で最も優れた井戸掘り技術!!今ではアフリカでこの方法がとられ、井戸掘りに貢献していると言うではありませんか。

おやおや!、”ちくわ”さんも、ただの通り過ぎる人でしたか。
何時か、電車で鴨川方面にも行きたいと考えている。
古い町並みなんて無いんだろうね? でも古い人たちと話が出来れば、それでイイのだが・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/10/16 19:43 - edit

寒っ

こんにちは。

台風一過、気温は一気に下がり朝晩は一桁になって仕舞い、汗をかいていた時期が懐か敷く思う今日この頃です(笑)

夕べは「まだまだ」と空元気で突っぱって居ましたが、9時過ぎには流石に我慢が出来なくなりボイラーに点火…寒いのに虚勢を張って盛大に火入れ式を缶ビールで行い若干二日酔いです(笑)

あと、一月半もすると除雪に汗を流さなければならない季節です。
これが、結構血糖値のコントロールに効果的なんです…(気休め)

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/10/17 09:44 - edit

そうなんだ~

”白熊”さん、おはよう!!

さすがに北海道だね~、此方は丁度良い気候になり、秋の行楽シーズンと言ったところでしょうか。

それにしても、缶ビールで・・・冬の北海道は東京では考えられない程、暖かいと言うではありませんか。暖房がしっかりしている証拠ですね。
夏はビール、冬は日本酒かと思っていたが、北海道では一年中ビールで乾杯!!ですか。

雪かきが血糖値コントロールに良いとは知りませんでした。
疲れなくて体も気持も心地よいのなら、手伝いに行きたいくらいですが・・・
そして、おまけにA1c が下がるのなら。

夢旅人 #- | URL | 2013/10/17 10:09 - edit

コメントの投稿

Secret