Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

LLADRO が、やって来た 

『 LLADRO の静寂美 』

main_01005009[1]

「或時、昼寝していると、神女が天下って来た。夢とも現ともなく、襄王に契りを伝えた。

 襄王、名残を惜しみ慕ったが、天女が言うには 『私は天界の天女です。前世の契りがあって此処に

 来たのですが、此処に何時までも居る訳にはいかないのです』 と飛び去らんとする。

 襄王あまりにも慕いかねて、『さらばせめて形見でも残して欲しい』 と・・・

 天女が言うには、『形見は巫山ですが、宮中に近き山にあります。

           朝にたなびく雲に、夕に降る雨を眺めてください』・・・と。

襄王ならずとも、一度見た物が頭から離れない事って、誰にもあるよね。

現に見た、忘られぬ LLADRO の置物 「若草色の少女」も、まさに其の一つだった。

『 鏡の前で、<若草色の少女> 』

2011-10-08 華2932

”白い黄金” と呼ばれ珍重されたクラシック・ポーセリン。

クラシック・スタイルと柔らかな色合いで、少しばかりオシャマな仕種が微笑みを誘う。

鏡の前で清ましたポーズをとる若草色のワンピース姿の少女。

LLADRO は、1953年スペインの古都バレンシア近郊に小さな窯を開く。

「優しさ溢れる世界、人生の歓びを創造したい」 をモットーに。

熟練の手、色の魔法、炎の試練、そして完成へと。

「美の哲学」 「芸術への愛」 、此の精神は今でも脈々と受け継がれている。

『 模 倣 と 擬 装 』

昨今、TV報道や新聞紙上で阪急・阪神ホテルグループの問題が話題を起こしている。

模造とは、本物に似せて作る事で、オリジナルの複製品など、レプリカとは一線を画す。

擬装とは、他人の目を誤魔化す為の装いうや行動をいう。カムフラージュとは少々違いが有る。

今回の阪急・阪神の偽物を使用した事件は、模造でもなく模倣でもない事は、火を見るより明らか。

100%安い価格の偽物材料を使い、使った原料より高価な材料は0%。

現場の料理人、仕入れ担当者に罪を脱擦りつけ。現場の方々はプライドをズタズタにされた。

経営者って、東電の事件でも同じことだが、何時でも責任放棄!!

「お詫び」の看板、記者会見で頭を下げる。それで済む問題ではありえない。

今回は、詐欺罪の適用を検討して欲しいと思うのは、はたして私だけだろうか?

『 Royal Leo 』 エレガント・スタイル

2011-10-08 華2931

「似て非なる物」という諺がある。

予てより見ていた、「LLADRO」の、”若草の少女” が脳裏にこびり付いていた。

或る日、小田原に私用があり行った折に、小田原城に立ち寄った。

売店で見かけた、写真の少女像。

姿と言い、色使いと言い、一見すればLLADROではないか?と

手の込んだ造りだが、顔の表情はLLADROより、少しばかりシャープだ。

あどけない少女の姿に、そして何より価格に・・・テレビの前に置けば、結構楽しめると。

LLADRO人気が高いので、安価な模造品でも客に歓迎されるだろう、とメーカーさんは。

此れはあくまで、真似事としての模造品。決して阪急・阪神のような詐欺的行為ではない。

数日前、店頭の飾りケースに置いてある 「若草色の少女」 が目に入った。

純白のポーセリンに淡い色彩は、やはり模造品とは違う。

色彩や、あどけなく上品な顔の創りは、静寂美を讃えていた。

今は、テレビの左横前で、その美しさを楽しませてくれている。

「Royal Leo」の御嬢さんも、それなりに美しく今ではテーブル脇の棚に鎮座している。

似て非なる物って、「こんなもんなの~?」



 
スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret