Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

黒猫がペリカンを・・・ 

『 女性の運命は、愛される量で決まる 』 ジョージ・エリオット

『 男性の使命は、広くて多様なり 』 と、トルストイさんはのたまう。

2011-10-08 華2933

チョットした記念にと思い、万年筆をプレゼントした。

妻が以前から、朝日新聞の「天声人語」を書き写している。

愛情表現でもなく、だからと言って、決して悪事の罪滅ぼしでもない。

予てより、万年筆が欲しい・欲しいと言っていたので、内緒でネットで購入した物である。

支払いは当然、妻の口座からではあるが・・・

何日後かに、二匹の黒猫がペリカンを運んできた。

『 家になくてはならぬものは、上がり框と女房 』

昔より上がり框と女房が、如何に大切なものなのか・・・実感ですな~!!

2011-10-08 華2934

『ペリカン、スーベレーン M400』

伝統的なピストン吸入式インク充填方式は、万年筆の醍醐味であり懐かしさを感じさせる。

ペン先は、14金プラチナ装飾が施され、彫刻の美しさは格別なものがある。

親子が寄り添うペリカンのメタル天冠も、見る者の憧れを満足させる。

完成度・堅牢性・耐久性に不安も無く、掌に絶妙なバランスを保ち、書き心地の良さに貢献。

『 女は弱し、されど母は強し 』   ヴィクトル・ユーゴー

ユーゴーは、「母は強し」と言うけれど、全くその通りで、今思えば妻は女の時から強かったか?

いやいや、優しく美しい女の子であった(私が勝手に思う事だが) そんな妻への細やかなプレゼント。

天冠のペリカンの親子像は、ヨーロッパでは古来より、「母性愛の象徴」とされる。

人気の高い縞模様の軸のデザインは、製造当時からの変わらぬ伝統的なもの。

『 大切な事は、大志を抱き、成し遂げる技能と忍耐をもつ事である 』
ゲーテ

2011-10-08 華2935

「パーカー・ローラーボール」

以前より妻が「天声人語」を転写するために私用していた物で、

ブランドの象徴である ”矢羽根クリップ” には、

”成功に向けて、人生を切り拓こうとする人々の傍に、寄り添う存在でありたい” と言う願いを込めて。

インクは濃く滑らかな書き味の水性ローラーペンで、万年筆とボールペンと足して2で割ったような物だ。

弱い筆圧で書くことが出来、インクは滲みが少ない。

ボディーは深みのある漆黒のラッカーで、宝石の輝きと云えば良いのか?

『 青が無ければ、赤を使えばいい 』

”青の時代” で有名なピカソの言葉だ。

確かに何事に於いても、全てが揃うという事はないのが普通だろう。

万年筆が無ければ、ローラーペンでも済む事ではあるが・・・

万年筆は女房が「天声人語」を転写に、

そしてローラーペンは、筆記用具の一つとして私が使おうか?

其れとも、人生最後のチャレンジでもしてみようか? ローラーペンが寄り添ってくれるのなら。

50年の長きにわたって私を支え励ましてくれた妻への、ささやかなプレゼントではあるが、

「 量より、質 」と言うではないか。 金額より愛情の深さではないでしょうか、ね?

『 女性の運命は、愛される量で決まる 』

おやおや、愛情の量で決まるのなら、もっと高価な万年筆でなければならなかったのか?

感謝の気持ちに込めた、愛情表現って、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

万年筆

こんにちは。

夢旅人さんの優しさを素直に受け入れる奥様は優しく素敵な方ですね。

もし、私が同じ様な事を我が嫁に行ったら、何故こんな無駄遣いをと烈火の如く叱られます…

私は中学から高校位まで万年筆を趣味で集めていましたが、外国産はウォータマンとゼファー、パーカーくらいで後は全て国産でした。

高校の修学旅行でモンブランを購入しましたが、胸のポケットに入れていて折ってしまいました。

インクはペリカンのブルーブラックでした。
文字を書いた後の濃淡が何とも言えず好きで、つい先日まで使い続けましたが、今はモンブランとパイロットインクの組合せです。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2013/11/05 15:42 - edit

参りました!!

”白熊”さん、今晩は

いやぁ~、まいった参った。
高校生でウォーターマン や、ゼファー、パーカー 等を使うって、こましゃくれた高校生だったのですね~。さすがに”お坊ちゃん”のする事は違いますね~!!

私は、中学生の時、仲の良かった薬局の同級生が、三菱の鉛筆だったと思うが、UNIという高級鉛筆を使っていて、芯は強く書き味が良かったのを覚えている。

私も親に、UNIを買ってくれと言ったら、親が言うには 「鉛筆で成績が上がるなんて事はナイ」 と、にべもなく断られた。
そう云われれば、鉛筆で成績が左右される事もナイのだろうが、欲しかった事には違いなかった。

26歳の時、初めて買った万年筆が「モンブラン」だったが、余りにも筆圧が強すぎて、ペン先が曲がり壊してしまった。
それ以後は、万年筆は使わなくなった。

ペリカンのインク「ブルー・ブラック」は綺麗と言われている。
一度試してみたいインクですよね。

それにしても、モンブランを折ったとは勿体ない事です。
国産愛用で、セイラーかパイロットを使うのがイイのかも?
国内の企業が四苦八苦青息吐息をついていると言うのだから・・・

夢旅人 #- | URL | 2013/11/05 17:34 - edit

コメントの投稿

Secret