Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

月に兎はいるか? 

『 秋の夜の 月の光を見るごとに 心もしぬに 古へ思ほゆ 』

秋の夜は、済みきった月の光を見るたびに その昔、身を犠牲にして老人を救おうとした兎のことが、

しみじみと思われることよ・・・と、良寛は詠んだ。

兎のように愛情を持って行動すれば、世の中は本当に平和であろうに、

自分の欲望にまかせて行動すれば、争いが生じるのだ、と良寛は教える。


2011-10-08 華0693

『 あたら身を 翁が贄となしけりな 今の現に聞くがともしさ 』

翁のために身を呈した“ウサギ”。その行動の尊さは何と崇高な行いなのだ。


日本人は、月を見て兎が餅をついてると考えた。

中国では、兎が薬を作っていると考えた。薬研を転がしているのだろうか?

インドでは、兎が月に棲んでいると考えた。


月に兎が棲んでいると云う日本人の考え方は、

仏教説話「ジャータカ」が日本にもたらされた事に起因する。

その結果、「今昔物語」等に多く語られるようになる。


インドの神話に、兎が自分の身を、飢えた翁に与え救うために犠牲になって死んだ。

その兎の捨身の姿を見て、翁は元の身・帝釈天の姿に復して、兎の亡骸を抱えて

月の都に行って葬ったので、月の世界に“ウサギ”が居ると云うのである。

此処に出てくる「月の都」が、後の『竹取物語』に出てくる“月の都”なのだ。

“ウサギ”の捨身伝説は仏典の中に多く見ることが出来、

兎の捨て身の慈悲行を後世に伝えるものである。

平安時代に最も大切にされた仏“薬師如来”の脇侍に“月光菩薩”がある。

この菩薩の左手には、丸い球の中にウサギ:“伏兎”が描かれている。


『 うさぎ うさぎ なに見て跳ねる 十五夜お月さま 見て跳ねる 』

子供の頃、よく歌って貰った事のある歌だが、子供心にも作り話とは知っていた。

しかし、子供の夢を羽ばたかせるのに充分でもあった。

月旅行も夢ではなくなった現在、月に行った人間の事よりも、

光とクレーターが織りなす月の陰影に、色々な兎の姿に見えるのか?を想像する方が・・・

夢を壊す現代科学の智慧って、「こんなものなの~?」





スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

うさぎと満月

こんばんは!てんくらさん。

知り合いの話なのですが、野ウサギが満月を見て微動だにしない、近づいても触っても動かない(もちろん生きてます)事があったそうです。

これはやはり、うさぎと月には何かあるのではないでしょうか。

ちなみに自分は月や星を見るのが好きです。
何の知識もないのですが。
酉年なのにうさぎの血が?

まれすけ #- | URL | 2012/03/06 22:48 - edit

毎回、すべての音を消して
てんくらさんの文面をじっくりと読ませてもらっています。
私の知らないことばかりで・・ その背景だとかいろいろ
改めて言うのもなんですが・・勉強になりますね。
へ~ と毎回ボタンを押してます。

zak #d3xRQPUk | URL | 2012/03/06 22:59 - edit

星空を・・・

“まれすけ”さん、こんにちは

月に兎・・・夢があって面白い話です。
科学万能の時代になっても、この様な夢のある物語は大好きです。
天空の星や月を楽しみ、心落ち着かせる時間の大切さを、現代人は何処かに置き忘れてきたのでしょうか?
40年も昔の事ですが、真夜中に大菩薩峠で一休みした折に、ふと天空を見上げた時の、満天の星空に驚きと感嘆の声が出たことを想い出しました。
最近の子供達に、星空を楽しむ事を知ってもらいたいものです。

てんくら #- | URL | 2012/03/07 14:01 - edit

星空の元・・・

“zak”さん、こんにちは

大変恐縮してます。
日々雑感を綴れればイイがな~、との思いから書いていますが、毎日となると息切れしそうにもなります。
でも、“zak”さん達が見てくれていると思えば、精が出るのも事実です。
勝手な事を綴りますが、懲りずに遊びに来てください!!待ってます~。
私はキャンプはした事がありませんが、満天の星の元のキャンプ!!羨ましいです。
楽しい・綺麗な写真を何時も見せて頂き、感謝・感謝です・・・

てんくら #- | URL | 2012/03/07 14:11 - edit

コメントの投稿

Secret