Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

おすそ分け 


『 秩 父 夜 祭 』

img_01[1]
                             観光HPより拝借

埼玉県秩父市は近くの武甲山からセメントの原料となして産出される石灰石で往時栄えた街である。

夏には長瀞ライン下りで涼を求める観光客が後を絶たない程の盛況ぶりである。

また、毎年12月3日に開催される祭り 「秩父夜祭」 は、

京都祇園祭・飛騨高山祭とならび、日本三大曳山祭(三大美祭)としても有名である。

絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行される。

『 一服の 茶にとけこむ 和の世界 』

2011-10-08 華3168

「茶菓一味」 とでも言うべきか。

自然の恵みをあるがままに使い、菓子作り一筋に道を究め、

和やかな気持ちで、人と人とが気持ちを一つにする。其の役目がお菓子なのか。

先日、秩父の方から銘菓 『栗助』 を頂いた。

2011-10-08 華3169

『 栗とらやき 』

虎模様に焼き上げた菓子で、”どら焼き” ではなく、”とら焼き” である。

北海道の良質な小倉餡と栗一粒を包んだ逸品。

『 栗 助 』

甘さ控えめに仕上げた白餡の上品さと、栗一粒が満足感を与える。

『 秩父まつりばやし 』

和と洋を包み込んだ和風パイ菓子。

コーヒー餡の旨味と香りが大粒の栗の美味しさを引き立てる。

『 夏柑の香 滲みた指も 洗わずに 』

2011-10-08 華3170

秩父のご自宅の庭で、たわわに実った夏蜜柑らしい。

爽やかな酸っぱさが、過ぎし夏の日の想い出を誘う。

酸味が苦手な私。余りの酸っぱさに・・・

”ゆず湯” ならぬ ”夏柑湯” と洒落込んだ。

皮を剥いたその手をそのままに、夏柑と共にお風呂へまっしぐら。

『 貰って嬉しい、あげて良かった おすそ分け 』

幸せの ”おすそ分け” って、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

神輿を担ぐって、なんか変だし、おもしろいですね・・・以前読んだ本の中に、人類がまだ未開の頃、空から降りてきた宇宙船を見て、神が居られると敬って、それをもとに、神輿を造って担ぐようになったとか・・・!?

神輿と屋台の違いを調べてみますと、屋台の方は、神輿の後にしたがってお伴をする人間たちの乗り物・・・って感じでしたね。^_^;

幸せの ”おすそ分け”・・・甘くておいしい物、いいいですよね~。
幸せな気持ちになりますし。(^◇^)

そうですね、30年ほど前は、四国に高速はありませんでしたから、私もフェリーで高松にわたり、四国山脈をひたすら走り続けて、西の端の方中村まで帰ってました・・・大変でしたよ。

この世的な価値観に振り回されている限り、心の平安はなかなか訪れませんね・・・。
この世を越えた、本来のあの世の世界の価値基準を信じることができると、不必要に喜怒哀楽に振り回されることが少なくなって本当の自分自身を取り戻すことができ、心の平静に繋がるだろうと思うのですが・・・(^_-)-☆

妖精ボージー #- | URL | 2014/04/07 15:01 - edit

小豆島への思い

”妖精ポージー”さん、こんにちは

全国どこでもお祭りには、山鉾や山車が繰り出される。
これらは本来は、降りてきた神が止まる所。

祭りがバカ騒ぎになり、鉾や山車の上に乗り飛び跳ねるのをよく見る。
神が載る処で人が跳ねるなんて、神は一体どのような気持ちでいるのか?

話は変わって、四国は縁が深い所で、松山に仕事で支店を出していた。
高知から丸亀までよく車(と行っても、軽自動車ですが)で出かけました。
高知ではあまり面白い・楽しい想い出は少ないですが・・・
板垣退助の高知新聞の事件などは心打つ話で、「言うまいと、思へど今日の暑さかな」なんて有名な言葉がありますね。

小豆島には以前より、行きたい・行きたいと思うが、その思いは未だに成就しません。
其のうちに、”妖精ポージー”のブログで楽しめるかもね?

夢旅人 #- | URL | 2014/04/08 11:48 - edit

こんばんは。(^・^)

小豆島は、働いていたとき、職場の旅行で行ったことがあります。
なかなか見どころが多い所でしたよ。

いずれもう一度行こうと思っていますので、その時は投稿しますね。(V)o¥o(V)

そうですね・・・ 「今」 を生きる・・・地に足をつけて生きること(グランディング)が最も大切だと言われますね。

妖精ボージー #- | URL | 2014/04/08 21:06 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/08 23:33 - edit

コメントの投稿

Secret