Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

”スケベ根性” って・・・ 


『 貝 殻 山 公 園 』

2011-10-08 華3251

アヒルや鴨が泳ぐ池の周りの並木道を行けば、四季折々の変化が楽しめる。

アスレチックや芝生広場では親子連れの楽しそうな声が周りに響き、

穏やかな日差しの中長閑な時間が流れる。ノンビリと過ぎゆく時間を楽しむのも一興か。

曾て此処では海の暮らしがあったのか。直ぐ近くには ”中沢貝塚” が残っている。

『 野 馬 の 親 子 像 』

2011-10-08 華3253

”小金中野牧の野馬” 江戸幕府は軍事上重要な馬を確保する為、直営の牧場を千葉県北西部に設置し、

”小金牧” と呼ばれた。牧場は北西部の五か所に設けられたが、此処が最初の牧であった。

馬は放牧され野馬と呼ばれた。

飼料や飲み水も人の手を貸さず、自ら求めて草を食み水を飲んでいた。

冬は笹の葉や常緑樹の葉を食べて飢えを凌いでいたようだ。

カットの野馬親子像は、江戸時代の野馬の姿を参考に制作された彫像である。

『 下総小金中野牧跡 』

2011-10-08 華3255

牧跡は、江戸幕府が其の軍事力を誇示し、全国支配を継続する一環として、

軍馬を安定的に確保する為に設けた直轄の牧だった。

8代将軍・吉宗をはじめ歴代の将軍の鹿狩り場でもあった。

吉宗公は四回に亘り鹿狩りをし、捕獲した鹿や猪は1000頭を超すほどの収穫だった。

狩りの為に他所の地から態々鹿や猪を此の地に運び入れたという記録も有る。

また、此処では将軍用の乗用馬を飼育する重要な牧場でもあった。

”捕込” は、野馬を捕り行う施設で、今となっては現存する唯一の牧跡である。

馬を追い込み捕獲する ”捕込”、

江戸へ送る馬や、農耕馬として払い下げる馬を溜めておく ”溜込”。

若い馬などを野に返す ”払込” の三区画が設けられた。

広さは7000㎡の規模であったと考えられている。

土手の高さは、2,5~5m程で、今でも想像に難くない。

牧としては、全国で初めて国史跡に指定されている。

『 悦び 花を飾りて 』  銅像

2011-10-08 華3254

市制施行20周年を記念し、”ふるさと創生<緑と水と文化のふれあい事業>” の一環として、

ここに彫像を設置する。作者は大須賀 力 氏の作。

『 い の ち 』  銅像

2011-10-08 華3252

作者は、酒本 雅行氏。 同じく記念事業として設置される。

公園の池沿いに散策すれば、”野馬親子像”に出会い、

此の二つの銅像が広場の一角の設置されている。

『 銅像は、どうして裸婦が多いの~? 』

それはね~、男性の作家が多く、心の奥底にある ”スケベ~根性” が原因だろうよ。

男性の目からは女性の裸体に興味が湧くからでしょうね。

女性の肉体の柔らかさ肌の滑らかさより、男性の筋骨隆々とした頑強さに魅力を感じた時代もあった。

とくにギリシャ彫刻などに多く見受けられるように・・・

キリスト教世界では、神話の女神が絵画にしても彫刻にしても多く、

その大半が裸体か半裸体に表わされている。

神々の裸体は良いが、世俗の女性の裸は破廉恥で嫌悪感を催す。

フランス革命以後からは、官能的な絵画や彫刻が制作されるようになった。

ルノアールの女性画でも見られるように、女性のふっくらとした肉体、色白な肌の感触に女性美を見出した。

『 好きだらか描きたい、彫りたい 』

絵画にしても彫刻にしても、芸術とは言え、貴族や一部の金持ちの趣味だった事も見逃せない。

自室に一人籠り、ひっそりと裸体を眺めながら楽しみほくそ笑んでいた時代があった。

動物は子孫を残すと言う本能を持っている。

男性一人に女性十人でも、子孫は残せる。

そんな女性の能力に男性は魅せられたのか?

或いは、女性の裸体が性欲を満たしてくれたのか?

男性作家が多い中、男性の目から見て女性の肉体の美しさに憧れを持っていたのか、

それとも、ただの男性の ”スケベ根性” だけなのか?

『 為政者の ”力の誇示” と、文化人の ”希求する美” 』

米・口の冷戦の再燃も奇遇され、中国の領土進出問題の世間を騒がしている。

太古よりの為政者達の思想・行動を見るにつけ、

”力の誇示” は、人間の闘争本能を見るようでもあり、

また文化人の一端を担う芸術家は、”美” の追求に齷齪としているだ。

徳川幕府が権力誇示の為に、野馬を飼育し、

公園では女性の裸体彫刻が展示されている。

散歩しながら思う事は、「権力と芸術」 の事だった。

”スケベ根性” は男性の特権? 凡人が思う事って、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんばんは。(^_^)

裸体は人間本来の美であり、その表現は決して恥ずかしいものではない・・・と言われることもありますけど、「恥ずかしさを知ること」も、美に通じると思うのですけど・・・^_^;

私は、コスチュームの姿が好きですけど・・・。

妖精ボージー #- | URL | 2014/04/22 19:08 - edit

女性は皆、菩薩なのか?

”妖精ポージー”さん、今晩は

街中に裸婦の彫刻が立っている。 こんな國は日本だけらしい。
男性の彫刻は美と言うよりは、グロテスクとでも言いたげに。

仏像でも、憤怒相の不動明王よりは、薄絹を纏った観音菩薩の方が、見易く見ていても惚れ惚れする。
そう云えば、親鸞聖人は煩悩から解き放たれなくて観音菩薩に、「女体が欲しければ私を抱きなさい」 と言わしめた程だから・・・

夢旅人 #- | URL | 2014/04/22 20:36 - edit

コメントの投稿

Secret