Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

昔日に想いを馳せる 

移築された  『 学習院初等科講堂 』

2011-10-08 華3324

久し振りに成田市 ”房総のむら” にペットの ”らら” を連れて散歩した。

広々とした芝生の公園に、移築された 「学習院初等科講堂」 を訪ねてみれば、

二年前は、塗られたペンキも剥げ堕ち、木製の手すりはいたる所が壊れていたが、

再塗装され修復を終えた講堂は、其の堂々とした姿を誇らしげに見せつける。

『 ”青色”は、時の流れなのか 』

2011-10-08 華3328

周り廊下の柱も手すりも、青空を思わせる色に彩色され、木々の緑と美しいコントラストをみせる。

日本の青の染色は、露草の花の汁を布に擦り付けたものが原点らしい。

万葉の森を偲ばせる此の森には、”青” がとても良く似合う。

欄干の色、”鴨頭草(つきくさ)” は、「移ろう」・「消えぬ」 の枕詞。

昔、威風堂々とした此の講堂も、移り行く時の流れには抗ぜず、今となっては遺構となるのか。

”青” 色が、其の事を物語っているかのように・・・

『 色 彩 の 妙 』

2011-10-08 華3325

先の東日本大震災では、多くのスポーツセンターの天井が抜け落ちた。

経済最優先で、吊り天井にしてある事が原因と言う。

昔の構造物は木造で各部材は大きく太く、重厚で頑丈なので天井が抜け落ちる事はない。

黒漆の様な光沢を放つ装飾柱と漆喰の白とが織りなす色彩の妙を楽しむ事ができ、

其の向こうに見える萌黄色の木々は目に眩しい。

『 さすがに学習院!!』

2011-10-08 華3327

70年前、私が通った小学校にも講堂はあったが、舞台を備えた広々とした安普請の建物であった。

舞台には学校の紋を刺繍した垂れ幕と真紅の引幕が袖にくくってあり、

床も木製で設えが悪いのか少々波打っていて、当然の事、天井も単調な作りで、豪華な建物ではなかった。

『 印象的な臙脂のカーテン 』

2011-10-08 華3326

差し込む光に透ける臙脂のカーテンが、とても印象的だ。

子供達が学ぶ勉強机も豪華な物である。さながら教会のテーブルの如し。

光を受け、鈍く光る机が過去へと誘っているかのように。

講堂の内部の落ち着いた色調と、外周りの青と漆喰の白とが、モダンさを醸し出している。

近くには桜の木々が並木を構成するが、今は満開を楽しむには遅すぎる。

花吹雪を見せる薄桃色の花弁とは違い、濃い紅色の桜蕊があだっぽい色香を感じさせるも、

満開のサクラも花吹雪となり、花筏を楽しませるが、やがては葉桜となり夏の到来を感じる事となる。

春から夏へと移り行く長閑な公園の一時を楽しみ、

慌ただしい世の中の騒音からも離れ、六根清浄な気持ちになれる散歩で気分転換。

「学習院初等科講堂」 で、暫く子供の頃の記憶を辿ってみた。

昔日に思いを馳せ、古きを訪ねる楽しみって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず・・・とか。
でも、こんな大枚のかかった講堂を見ていますと、「拝啓 福沢諭吉さん、天は造らなくても、人は造っているようですけど~~?」って言いたくなってしまいます・・・^_^; 

妖精ボージー #- | URL | 2014/05/03 19:47 - edit

”色気” が無い

”妖精ポージー”さん、お早う!!お久しぶりです

いや~、本当に立派な建物でした。
当時の技術の粋を集めての建築でしょうが、さすが学習院と言うのでしょうか、ね?

真新しく補修され彩色されると、趣は薄れあの寂びれた美しさは失われていました。
私は廃校・廃坑が好きなので、一抹の寂しさを覚えた次第です。

古び壊れかけた廃屋に、当時の生活感を想像する楽しみなどとは無関係な、此の学習院初等科の建物は、”色気” を失っていました。

夢旅人 #- | URL | 2014/05/04 08:44 - edit

コメントの投稿

Secret