Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

古民家が好き 


『 記憶の彼方に・・・』

2011-10-08 華3538

古民家の裏手に回ると台所の窓越しに、昔懐かしいアルマイトのヤカンが見えた。

そう云えば、我が家では今でもこの手のヤカンを使っている。 

漢方を煎じる為に、そして熱効率が良いのでお湯を作るのにも。

窓枠が木製なので、何故か昔の光景を見るようであった。

『 分限者の棲家か 』

2011-10-08 華3536

この家は一見、農家なのか? と思うが、一般の農家にしては少々立派過ぎるか。

だって、三和土も見当たらないし、玄関も大き過ぎるうようだ。

『 この人は、だ~れ? 』

2011-10-08 華3539

近くに此のモニュメントが立っていた。

誰なのか? 気にもせずいたが、今になって思えば、此の民家の持ち主だったのか?

「くさぶえの丘公園」では、鈴木省三・生誕100年祭が開かれるという。

”ばらの夢を未来につないで” をモットーにバラ作りに精鍛込めた方なのであろう。

此の方の家であれば、なるほどと思える民家である。

『 親の脛かじり 』

2011-10-08 華3537

民家のあちらこちらと傷みが出ている。

このカットを眺めていると、随分傷んでいて、思わず ”親の脛かじり” と言う言葉が浮かんだ。

古く痛々しく見える古民家。 脛をかじられた親も、歳おえて痛々しく見える。

想い出せば、私も若かりし頃、よく親の脛をかじったものだった。

『 日本人である証なのか 』

2011-10-08 華3540

家の裏手には立派な井戸があり、釣瓶を落とせば飲み水にも使えるのか?

夏になれば、バケツやタライに汲み上げ、キュウリやトマト、スイカにウリ・・・

何処の家庭でも見られた夏の光景だったが、便利な電化製品のお蔭で、

今となっては遠い陽炎の様な記憶にしか見る事も出来なくなった。

古民家を訪ね想い出に耽る楽しみって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 5 TB: --   

コメント

こんばんは。(^・^)

同じような井戸、おばあさんのところにもありました。
遊びに行った時などは、スイカを冷やしてくれていましたけど、覗くと暗くて下も見えないので、怖かったという思い出がありますね。(V)o¥o(V)

琵琶湖、近江八幡・・・そうですね、撮影ヵ所がたくさんありそうで、あまりないようでもあり・・・どうなんでしょうか・・・^_^;

妖精ボージー #- | URL | 2014/07/04 21:31 - edit

井戸端会議が・・・

”妖精ポージー”さん、今晩は

子供の頃、長屋が建ち並ぶ一角に、小さな井戸があった。
子供達はクギネンボやパッチンや独楽回しで楽しみ、
近所のお母さん方が何やら話ながら、笑いが絶えなかった光景が目に浮かびます。

意思の疎通なんて、こんな処から生まれるのでしょうね。
スマホでは無理な話でしょうが・・・

夢旅人 #- | URL | 2014/07/05 20:16 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/07/05 20:42 - edit

先日白川郷・五箇山に行ってきました。
古民家たくさんでした(笑)
でもあれだけのものを保存維持するのも、
きっと大変なんでしょうね。
所詮僕なんかは観光で行って、
いいな~なんて思ってるだけで・・・。
それでも日本の原風景として
いつまでもいつもでも残ってほしいなって思います。

ちくわ #- | URL | 2014/07/06 16:54 - edit

懐古主義?

”ちくわ”さん、おはよう!!

昔ながらの民家に想いを馳せるって、懐古主義なんでしょうか、ね。
白川郷・五箇山には、昔一度だけ訪ねた事があった。

その当時は、年に何回も車で、東京~山口を往復していた。
途中、色々な所を訪ねながらのドライブでした。

”原風景”、大変イイ言葉です、響きも耳に心地よくて・・・
”デ・ジャ・ビュー” なんてハイカラな言い方より、”原風景” 方がイイ!!

金沢あたりの景色(海も含めて)は、何時ごろからUPされるのでしょうか? 楽しみにしていますよ、”ちくわ”さん。

夢旅人 #- | URL | 2014/07/07 09:16 - edit

コメントの投稿

Secret