Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

”蕎舎” 其の1。 


『 古民家で、本物の日本そば 』

2011-10-08 華3599

先日、友人のO氏のご招待を受け、蕎麦を食しにドライブをした。

筑波学園都市の近くに、その佇まいを見た時には感動を覚えた。

二年の歳月をかけ、古民家を二軒分移築し、”蕎舎” を開業。

勇壮な古民家で ”そば” を・・・はやる心を後に、先ずは外観から撮影と相成った。

『 赤と緑のコントラスト 』

2011-10-08 華3596

前の庭園はそう大きくはないが、深緑とモミジの赤が、美しいコントラストを見せる。

『 涼を呼ぶ、水車の水音 』

2011-10-08 華3595

庭園を少し歩めば水音に誘われ、水車小屋でもあるのかな?と。

直径は8mはありそうな巨大な水車が勢いよく回っている。

夏の暑さの中で、水車の水音を聴いていると、暫し暑さを忘れる。

『 重厚な引き戸を・・・』

2011-10-08 華3597

”蕎舎” の前には広大な駐車場が・・・

雰囲気を重んじ、使い古した枕木が敷き詰められている。

車を後に入口へと歩を進めるが、余りにも重厚な引き戸に一瞬ためらう。

『 テーブルを上がり框に 』

2011-10-08 華3598

古来、日本の民家は三和土から座敷へ続く上がり框は、段差があり過ぎた。

そこで一段低くする為に、テーブルとして使用していた板が利用をされているが、

これが良い雰囲気を醸し出している。

杉の古木の一枚板は、厚さ20cmを越しそうな重厚なものである。

履物を脱ぎ、座敷へと。 次にはどんな雰囲気が客を迎えるのか? 楽しみだ。

何回かに分けて、この”蕎舎”を紹介する予定。 今日は ”蕎舎” 其の1.

『 筑波の里 古民家に 蕎麦の香たつ 』

戦後半世紀を過ぎ、日本経済は急速に想像以上に発展した。

科学技術と勤勉な国民性が齎したものだ。

数十年前からすれば、現在の生活で困る事は、何一つない筈である。

人間は、一つの事に満たされれば、また異種の幸せを求める生き物だから困る。

生活環境にしても、小さく粗末な長屋から一軒家になり、

木造民家から、コンクリート造りのマンションへと、その変貌は急速に進んだ。

電化製品に囲まれ、何一つ不便はない筈の生活を享受している筈だが、

何を思うのか? 不便極まりない古民家に憧れる。

郷愁の成せる業なのか? それとも、”無い物ねだり” なのであろうか?

いまある物で満足できないのが、人間と言う生き物なのであろう。

古民家で蕎麦の香りと味を楽しみながら、こんな事が頭をかすめた。

”あれも欲しい、これも欲しい” 満足する事なく欲求が湧いてくるらしい。

求不得苦とは、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

勘違い

こんにちは。

なんだか、店の主に食べさせられている感じがしますが…

料理は器でと良く通の方は云いますが、建物も器の一種なのでしょうか?

元来日本のファーストフードだった蕎麦や寿司が妙に祭り上げられ、有り難がられて居るのに天の邪鬼な私には不満です…(笑)

普通のそば屋さんが良いですね。

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2014/08/04 17:42 - edit

お蕎麦。

学研都市にこんな佇まいがあるのですね。我々北海道人は筑波は人工都市・・・なんて少なからずあるので(笑)。
私の住んでいる町に有名なお蕎麦屋さんがあって、兄と食べに行きましたが、フレンチのフルコースが如く、産地から食べ方から色々言われた挙句に食べている間にもあれこれうんちくを並べられたので食べた気がせずお店を出てきました。
美味しい物はキレイに飾らなくても美味しいものなんですよね! 

ぬくし #- | URL | 2014/08/05 00:56 - edit

家庭料理が・・・

”白熊”さん、こんにちは

貧しい山村の食べ物というイメージが昔からある。 蕎麦とはそんな物。
飽食に時代になり、豪華な物が楽に手に入るようになった現在、蕎麦のような貧しい物にも、珍しさが手伝って人気が出たのでしょう。

魯山人が ”食” に拘ったと言うので、雰囲気を楽しみ器を愛でる事が重要視され出した。
好きな物を、手記な時、好きな人と食す。 此れが一番だ。

外食は飽きるが、家庭料理は飽きない!! いや~、仕方なく我慢をしているのか?

夢旅人 #- | URL | 2014/08/06 17:33 - edit

7分以内に・・・

”ぬくし”さん、お元気でしたか?

食事は新鮮な素材が一番。
そして、暖かい物は暖かく。 冷たい物は冷たく。 これが一番大切な事。

フレンチにしても、和食にしても、外食をすると要らぬ説明をしばしば耳にする事がある。
ゴチャゴチャ説明をする暇があれば、もっと早く料理を出せ!!と思うのだが、ね。

オーダーをしてから、客が待てる許容時間は7分というデータがある。
果たして7分以内に料理が出てくる店がどれ程あるだろうか?

夢旅人 #- | URL | 2014/08/06 17:40 - edit

コメントの投稿

Secret