Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

手土産は・・・ 

『 たちばなの散歩道 』

2011-10-08 華3631

いにしえの古代より伝わる地名には、当時の面影が偲ばれる。

ここ神奈川にも 「古事記」 や 「日本書紀」 の時代の神話より伝わる地名が数多く残っている。

日本武尊の妃・弟橘姫ゆかりの地・・・ 古代橘の産地・・・ と、どちらからの命名なのか?

現在の川崎市北部から一部横浜市に跨った地域を、武蔵國橘樹郡橘郷と呼んでいた。

『 往時を偲ぶ散歩道 』

promenade_map[1]

「たちばなの散歩道」 は、川崎市高津区・宮前区の遺跡や史跡を巡る、

総延長約5㎞の遊歩道の事で、往時を偲びながら、のんびりとした散策を楽しむ事ができる。

子母口貝塚~蓮乗寺~橘樹神社~伊藤家長屋門~富士見台古墳~

能満寺~影向寺~野川神明社~梶ヶ谷公園・・・続く遊歩道である。

『 散策の余韻を、銘菓で楽しむ 』

2011-10-08 華3632

鶴見・六郷渡場を渡り東海道に出れば、川崎宿・奈良茶飯があり、少しばかり足を延ばせば大師河原平間寺。

加瀬・白山古墳を通り過ぎれば、散歩道一番の古刹・影向寺が格式高い威容を誇っている。

目立ちはしないが影向石が疲れた体を休めるのに都合がイイ。

少し南に足を延ばせば、江田・真福寺があり、釈迦の立像が迎えてくれる。

大山街道を越せば、北に弘法の松があり、王禅寺があり、北原白秋の詩碑が見える。

「銘菓・たちばなの散歩道」

菓子匠 ”末広庵” では、「たちばな」 にまつわる話を、

菓子に託し歴史散歩を楽しんで頂きたいと 銘菓 「たちばなの散歩道」 を創作したものである。

いにしえの古代より伝わる薫香風雅をお菓子に託した逸品。

詰め合わせは、大師祈願もなか・来福焼き・惣之助の詩・大栗ひとつぶ の四種類である。

『 甘き栗菓 くれたる人の 影やさし 』

手土産は、贈って楽し、貰って嬉しい。

人の気持ちって、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 5 TB: --   

コメント

こんにちは。(^・^)

ちょっとしたことに、心の針が上下左右に揺れ動く・・・いつも北を安定して指し示す境地に憧れつつも、人としての微妙な喜怒哀楽の中にも、また生きる喜びを見出してホッとするような・・・凡人の境地って、「こんなもんなの~」

失礼しました・・・m(__)m

ダンボー1号 #- | URL | 2014/08/27 10:15 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/08/27 10:50 - edit

こんにちは

昔から1枚目のような地図のイラストが好きでした。
見ているだけで知らない街の空想が広がる。
そんな訳でか、今では街歩きが好き。

そしてあちこち行っては、観光カタログをもらってきます。
お菓子や土産を買うよりも、何度も見れるし、十分に記念品になります
それに無料ですからねえ。

犬山にゃん太郎 #klcj.0UQ | URL | 2014/08/27 12:04 - edit

気軽に・・・

 

”ダンボー”さん、こんばんは

人生の羅針盤は、いつも何時も思うようには動かないね~、本当に。
東西南北があるように、人生の指針はフラフラと動くのでしょうか?

心はその時、その時、我が想いを知ってか?知らずか? 勝手に動く。
まぁ~、其れでイイや~と思うのが楽に生きるって事でしょうか、ね。

夢旅人 #- | URL | 2014/08/27 18:29 - edit

古い街には・・・

”にゃん太郎”さん、こんばんは

全く同感です。
旅の土産に古地図があれば買いたくなるね~。
モダンな包み紙より、古地図が描いてある包装紙がイイ。

街歩きが好きな ”にゃん太郎” さん、私も古い町並み散策が大好きです。
懐古主義ではないが、古い物には哀愁も漂い、郷愁を呼び起こす効果があるよです。

東北の古い町並み・・・楽しみです。

夢旅人 #- | URL | 2014/08/27 18:34 - edit

コメントの投稿

Secret