Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

上総国分寺尼寺 探訪 

『 天平の願いを込めて 』

天平年間の初めは、国際色豊かな貴族文化が花開いた華やかな時代だった。

一方では異常現象が続き、天候は不順で農作物は実らず、疫病や飢餓に人々は苦しんだ。

又、政治や争いや国際関係の緊張が、大衆は不安と苦悩をつのらせた。

聖徳太子は、『 篤く三宝を敬え 』 と説き、仏教を信奉していた聖武天皇と光明皇后は、

社会の騒乱と人々の心を鎮める為に、仏教の力でもって平和な世を願った。

国分寺と国分尼寺は、この様な目的を持って、全国60か所に建立された。

2011-10-08 華3638

『 上総国分尼寺、回廊と金堂基壇の復元 』

上のカット写真は、中門と回廊の部分で、

中門は国分尼寺の本尊を奉る為の空間である金堂院、南側正面の門である。

中門は、特別な行事の時にだけ開かれ、普段は閉じられている。

『 瓦と甎による、珍しい基壇 』

2011-10-08 華3634

回廊の基壇は、本来であれば石積みで築くのであるが、

此処、市原には礎石となる堅く大きな石が無く、さりとて鋸山からは距離も50㎞もあり

復元に当たっては、地表の上に50cm盛土し、鉄筋コンクリートの基礎を設け、

遺構の保護と復元建物の安全を期した。

特徴は、基壇部分が瓦を積み重ね、上面に甎(せん)を敷き平らにした物である。

『 手斧と槍鉋の美 』

2011-10-08 華3635

中門と回廊の柱は、強度や耐久性に優れれ、加工もし易い木曽ヒノキが用いられている。

柱から上の重みがかかる大斗には堅いケヤキ、軒先の垂木や足元の地覆にはヒバが。

何れも木部の表面は、伝統的な工具である ”チョウナ” や”ヤリカンナ” が使われる。

直径44cmの柱は、手斧や槍鉋の僅かな削り後が見られ、古の美すら感じる。

用いられた塗料は伝統を守り、ベンガラ・黄土・緑青・胡粉が使われている。

頭貫より上部は伝統的な塗料だが、頭貫より下・破風には保護塗料が塗布してある。

『 燈明で尻をあぶる? 』

2011-10-08 華3636

金色に輝く ”八角燈篭” は、東大寺にある八角燈篭を参考に、その二分の一の大きさで復元。

燈篭は、金堂院内を明るく照らす道具であったが、仏に燈を捧げる意味をも含んでいた。

本来、燈明は仏前に捧ぐる燈火で、仏の智慧の明らかなるを標わす。

「燈明で尻をあぶる・・・」 とは、

なかなか温まらないので、方法が間違ってる為に効果が上がらないと言う意味。

昔の燈明は菜種油を燃やし、ホソイという草などを燈心にした。

この燈心に対する生活の知恵から生まれた諺は多く、

「燈心を少なくして油を多くせよ」  「燈心で鐘を撞く」 「燈心で竹の根を掘る」 等など。

『 本尊は、”釈迦如来” ? ”薬師如来” ? 』

2011-10-08 華3637

寺院で本尊を安置している台座を 「須弥壇」 という。

その四隅には四天王を侍立させて、須弥山の主である帝釈天が四天王を伴って、

此の地上に君臨した相に模っている。

遺跡からは本尊は発見されなかったようだが、

中央に ”釈迦如来 ”、左右に ”文殊菩薩” と ”勢至菩薩” の三尊形式ではなかったのか?

或いは、疫病が流行した当時のご本尊は、”薬師如来” が多く見られる。

そうすれば、国分尼寺のご本尊は、三尊形式をとれば、

中央に ”薬師如来”、其の左右に ”日光菩薩” と ”月光菩薩” だったのか?

遺跡に時間を過ごすって、「こんなもんなの~」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

仏ほっとけ…

ご無沙汰して居ます。

神社仏閣を見て歩くのは大好きなのですが、不信心です。
荘厳な建物を見る度に「無駄遣いだ」と罰当たりな思いをしています。

祖父母、両親とも信心深かったのですが、その反動でしょうか結構な不信心者です。
まあ、父は日頃から 神構うな仏ほっとけ と云っていましたが…。

両親、姉の祥月命日とお彼岸お盆だけしか寺へは行きません。
お盆には3ヶ所の墓を一日がかりで回ります。

まあ、本家(総領)の義務なんでしょうね(笑)

musselwhite #HfMzn2gY | URL | 2014/09/03 11:29 - edit

無駄遣いなのか?

”白熊”さん、お久しぶりです

遺跡や遺構の再現が各地で行われている。
考古学に興味がある人には、有難い事でしょう。
無関心であれば、多額の資金を掛けての開発だから・・・
もっと使うべき所と場所があるようにも思える。

話は変わって、もう直ぐお彼岸ですね~。
夕日に沈む太陽に、極楽浄土を願う事は平安の比叡山から始まったのですが・・・
安易に極楽浄土に行きたいと言っても、平生往生という事でしょう。
精進あっての願い事なら、阿弥陀仏も叶えてくれるかも?ね。

夢旅人 #- | URL | 2014/09/04 10:53 - edit

コメントの投稿

Secret