Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

空海の偉大さ・・・ 


『 高野山が始まり・・・』

2011-10-08 華3652
高野名物 ”ごまとうふ” と、銘菓 ”高野通宝”

友人O氏は、大変信心深い仏教徒だ。

妻を若くして失われ、未敷蓮華の幼子にまで先立たれた四十半ばの資産家である。

その彼が先日、高野山・金剛峰寺に参詣され、手土産にと頂いた、”ごまとうふ” と ”高野通宝”。

「 高 野 豆 腐 」

昔の僧侶の生活に欠かす事の出来ない食品の一つに、”豆腐” がある。

肉や魚を断った食生活では、大豆は貴重なタンパク源であった。

僧侶の修行の場は、森閑とした高い山中で、寒中は殊の外気温が下がる。

せっかく作った ”豆腐” も、凍り付くほどの寒さである。

勿体ないので、この凍った ”豆腐” を煮て食べたところ、以外にも美味しかった。

”高野豆腐” の起源は、高野山で試作した事が、ことの始まりである。

”凍り豆腐”・”凝り豆腐”・”凍み豆腐” 等の呼び名がある。

『 弘法も、筆の誤り 』

2011-10-08 華3653

比叡山・延暦寺の開祖:伝教大師 「最澄」 は、天台宗を開き、

高野山・金剛峰寺、京都・東寺の開祖は、弘法大師 「空海」 で、真言密教を確立。

この二人が、日本仏教界を代表する二人である。

弘法大師・空海は、余りにも偉大過ぎて、「イロハ詩」 など多くの伝説を残している。

人は一度過ちを犯すと、其れを修正することは可なり難しいが・・・

「弘法も、筆の誤り」 と有名な諺がある。

日本三代墨跡家として有名な、弘法大師・空海であるが、

そんな偉人にも、”間違いがある” という意味にしばしば使われる。

応天門 (平安京大内裏の朝堂院の南面正門) の額を書いた時に、

点を書き落とした為に、此の諺が生まれたという。

しかし、そこは弘法大師、筆を額めがけて投げ上げて点を書き入れ、一瞬にして直してしまった。

これを 「弘法の投げ筆」 と言うが、こちらはあまり知られていないのが現状である。

『 ”護摩の灰” は、高野聖から 』

2011-10-08 華3654

「 護 摩 の 灰 」

旅人を装って、他の旅人を騙し、金品をかすめ盗る盗賊を ”護摩の灰” という。

元々の起源と云えば、高野山の僧侶(高野聖)の扮装をして、

弘法大師の厳修した有難い護摩の灰と称して、押し売りした者があったのが始まり。

また、”はい” の訛音と胡麻の上の ”蠅” は、見分けがつき難い事から、”胡麻の蠅” とも言う。

「 弘 法 清 水 」

清らかな水の由来を、弘法大師の霊力に帰して説く大師伝説の一つである。

弘法井戸・弘法水・独鈷水などともよばれている。

空海が、水の乏しい地方に伝道に旅した折に、持っていた錫杖で大地を突いたら、清水が湧き出し、

それ以来、村人は水に不自由しなくなったと言う。

空海の幅広い民衆教化を物語る伝説の一つであり、空海の偉大さを讃えるものであろうか。

「遍照金剛、言うな!!」

密教では、胎蔵界・金剛界の曼荼羅に、投華得仏をする。

この時、投げた蓮華が落ちた所が、大日如来であったことから、”遍照金剛” という。

下らない事、些細な事を、何時までもグチャグチャいう時に、相手に向かって言う言葉。

空海がグチャグチャ言うのではなく、余りにも偉大な僧で、何事につけても博識だったことから、

弘法大師は、弁が立ったのである。

博識でもない者の多弁を諭す為の言葉なのだ。

いつまでも長なが書くと、グチャグチャ言うなと、言われそう。

”遍照金剛” って、「こんなもんなの~」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

なにかミスした時に、
「弘法も筆の誤り」と言って慰められるようになりたい・・・。
なんてことを思ってるのは僕だけ?
(笑)

ちくわ #- | URL | 2014/09/15 19:39 - edit

ミス? アッそうか~、独身女性?

”ちくわ”さん、こんばんは

能登にて晩夏のカヤックを楽しんでますね~。

弘法も筆の誤り・・・「猿も木から落ちる」といえば良いのかな?
失敗した時には、くよくよ考えないで、笑い飛ばせと言う事でしょうね。

でも失敗続きの時には、慰める諺にはどんな言葉があるのでしょうね。
逃げるが勝と言うからには、潔く諦めるとしましょうか?ね。

夢旅人 #- | URL | 2014/09/16 20:59 - edit

コメントの投稿

Secret