Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

シェルターは必要か? 


『 御文庫という防空壕 』

2011-10-08 華3680

アメリカ・フロリダ半島を始め、ニューオーリンズ辺りは、

ハリケーンの発生で巨大な竜巻や暴風にしばしば見舞われる地域だ。

核シェルターならぬ竜巻シェルターや強靭な地下で、安全を計っている。

東日本大災害の教訓なのか? 日本でも災害用シェルターが人気を博す時代となった。

千葉県・三里塚記念公園の中に、人目には着き難い場所に 「御文庫」 ならぬ、「防空壕」 がある。

一見すると、こんもりと盛られた小高い丘が目に入るが、貝塚や墳墓の跡地では無い。

休憩所のように見える黒い建物の近くに、その 「防空壕」 の入り口がある。

『 ”秘密の防空壕が作られるらしい” との噂が 』

2011-10-08 華3678
前室・主室に降りる階段には、爆風逃がしの窓も併設

昭和12年、中国大陸での紛争が激化するなか、「防空法」が公布された。

同16年には、御前会議で、東宮の御将来に関する件が決定。防空壕建設が間組に発注される。

厚さ70cmのコンクリート造りの強固な守りが確保されている。

『 天皇も人の子 』

2011-10-08 華3679
前室と主室との境の分厚い鉄製の扉

昭和16年12月8日に防空壕は完成するが、戦時下であり今上天皇の御行啓は不明である。

一か月前に昭和天皇のお言葉に、”東宮避難の三里塚の壕は未だ完成しないようだが・・・” と。

B29爆撃機が東京に雨嵐の爆弾を投下し、風雲急を告げる戦時下である、

天皇も他人事ならぬ事態であった、身の心配をするとは、”天皇も人の子” だったのでしょうね。

『 使命を終えた御文庫 ”防空壕” は・・・』

2011-10-08 華3681
防空壕の主室内部は、意外にも質素な造り

昭和20年8月15日の終戦を期に防空壕としての使命を終え、現在はひっそりと其の姿を留めている。

爆風逃がしの通路の中央に、前室・主室への入り口となる鉄製の扉がある。

前室の広さは、1,32m×2,0m、0,8坪の広さ。

主室の広さは、4,5m×2,5m、3,4坪の広さ。

前室は、主室への爆風を緩和する為の部屋と考えられている。

前室・主室を挟み、左右に爆風逃がしの通路を設けたのは、

被害を受けても、もう一か所の通路から脱出できるように考慮されたものと思われる。

コンクリートの強度は、45~69(N/mm2)を誇り、現在のビル30階以上の高層ビルに相当。

中性化と呼ばれる劣化もなく、鉄筋は16mmのサイズで10cm間隔で配筋されていた。

『御文庫』 とは・・・

戦争当時、宮内省では 「御文庫」 と呼ばれる地下防空建築を造っていた。

昭和18年春には、吹上御所の 「御文庫」(防空壕) が完成されている。

此処、三里塚の防空壕も、完成当時は正式には 「御文庫」 と呼ばれていたらしい。

田舎育ちの私もB29の爆撃、焼夷弾が雨霰の如く降り注ぐ光景を覚えている。

軍事工場(油化工場)が爆撃を受けるので、少し小高い場所に引っ越しをしていた。

空襲警報が鳴り響くと、それ急げとばかりに防空壕へと走って逃げた。

横穴住居ならぬ、土手を掘り穴を造っただけの粗末な防空壕では、焼夷弾の爆撃は防げなかった。

当時、我が家には小さな雑種の犬がいた。

被爆ではなかったと思うが、その飼い犬が死んでしまった。

少し離れた小高い場所に一本の大木があり、其の根元に埋めた事があった。

「御文庫」 を訪ね、戦争の記憶を呼び起こすって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんばんは。(^-^)

コメント、ありがとうございます。
今回は、あえて何も書かず、皆さまそれぞれの思いで見ていただければと思いました・・・(^_^;)
時間の経過を追って、3回シリーズで投稿です。

昨日投稿したのですが、なぜか届いていないようですね・・・(?_?)

イスラム王国にしても、諸外国にしても、自分たちの主義主張を通すためには、人を殺そうと、傷つけようと構わないという姿勢には、正義なく、神もなく、ただただ、悲しみや苦しみの連鎖しか生まないということになぜ気が付かないのか、あるいは無視し続けるのか、まったく理解できません・・・(o|o)

ダンボー1号 #- | URL | 2014/10/07 20:50 - edit

何事も回避が大切

”ダンボー”さん、おはよう

世界中できな臭い事件が起きている。 何とも物騒な世の中ですね。

先日、昭和天皇の回顧録(?)が宮内庁から発表され、一般にも開放された。
天皇は、戦争回避を唱え、いち早く戦争終結を望まれたようだ。

いつの世も、何処の国でも、軍部の暴走は避けられないのでしょう。
「イスラム国」の如くに・・・


夢旅人 #- | URL | 2014/10/08 07:32 - edit

コメントの投稿

Secret