Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

”生きる” 意味って・・・ 


  線路は続くよ どこまでも

          野を超え 山越え 谷越えて
  

L1000190.jpg

 遥かな町まで 僕たちの 楽しい旅の 夢つないでる 

あれ~!! 線路は途切れてるよ~。

小湊鉄道の ”上総鶴舞” 駅には、昔むかし発電所があった。

当時の小湊鉄道は電車だったのか? そして此処から、電車への電力を送電していたのか? 

現在では、ディーゼル軌道車が ”五井” 駅から ”上総中野” 駅まで、その先は ”いすみ鉄道” となる。

暖かな陽射しを浴びながら、「小湊鉄道」 の旅を楽しんだ。

”上総鶴舞” 駅は、無人駅で、二本あるホームの一本は完全に使われてなく、錆びた線路が残っている。

駅前を散策してみてが、本当に何も無い!! 民家がポツンと、ガソリンスタンドも暇を持て余していた。

『 廃屋の美しさに惹かれて・・・』

L1000193.jpg

”好み” という感情がある。 ”色好み” とは平安時代には既にあった感情だ。

心の執着や偏った思いを ”好み” と言った。

美しい物や風景、そして作品などを ”好む” もの ”好み” だが、

朽ち果てて行く物に哀れを感じ、其の中に 「美」 を見つけるのも、また ”好み” であろう。

新築当時の木の香りや美しさに、心捉われるのも ”好み”であろうが、

時代と共に変化しみすぼらしさを増し、遂には見る影もなくなる其の姿に、

美意識が働くのも、人それぞれの ”好み” とでも言うべき感情なのであろうか。

廃墟の 「廃」 いう字には、すたれる・役に立たなくなる・壊れた、という意味があり、

「墟」 という漢字には、荒れ果てた跡・寂びれた・空しい、という意味がある。

「廃」 にしても 「墟」 にしても、何も無いという訳では無い。

其の中には、れっきとした ”面影” が潜んでいるのである。

”面影” に心惹かれ、美的感情が喚起されるのは、ただ只 ”好み” だけとは云えないであろう。

「古きを訪ね、新しきを知る」 とは少々(大きな?) 違いがあるが、

”古き” ものに ”美” が潜在していても当然の事ではなかろうか?

『 生き (延び) る、意味って・・・』

L1000194.jpg

荒れ果て朽ち果てた小湊鉄道 ”上総鶴舞” 駅の発電所建屋だが、

ぐるりと一周してみれば、一か所だが草が芽を出し葉を付けていた。

廃屋という命の終焉と、新生の若葉とのコントラストとが面白い情景である。

「盛者必滅 会者定離」 はこの世の常であるが、

過去から現在、現在から未来へと、延々と受け継がれる命の尊さ。

生かされ、活き活きと命を繋ぐ・・・「生きる」 を再確認させられた一瞬でもあった。

名も知らぬ小さな草に、生きる意味を諭されるって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 5 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

線路は続くよ、どこまでも~♪・・・歌の調子はいいのですが、私の田舎はトンネルばかりで、その度に、煙が入らないように窓を必死で閉める・・・はっきり言って、うんざりしてましたね。(*_*;

コメント、ありがとうございます。
トンボ、よく小庭に来ますよ・・・かわいい糸トンボもね。
職場にも、時々、オニヤンマが入ってきてました・・・(^。^)y-.。o○

好きな人に声をかけられなくて、少し後ろを、どうしようなんて思いながら帰っていく学校帰り・・・そんなことは、おそらく多かれ少なかれ、誰にでもあったような時代でした。
憧れが、自我むき出しの執着になった時、恐ろしいストーカーなる化け物が出現するのでしょう・・・(◎_◎;) ゴクッ・・・


ダンボー1号 #- | URL | 2014/10/30 16:08 - edit

ほろ苦い想い出

”ダンボー”さん、こんばんは

ローカル線の旅(?)は実に楽しいものです。
大学で東京に出るまでは、山口県の片田舎で育ったもので、親戚に遊びに行くにも、山陽本線に乗り継ぎでした。

ある時、岩国の手前の駅のホームで待って居る時、貨物列車の通過があり、何台つないでいるのか?数えてみたら、なんと120両編成でした。
一両の長さが短いといえ、120両とはね~。その時には驚いたものでした。

当時はSLが引っ張っていたので、窓を開ければ煤煙が目に入り涙ぐんだ。
ホームで、アイスクリームを買うのが楽しみでもあった。
現在では、そんな想い出は作れないでしょうが・・・

「好きな人に声が掛けられなくて」・・・ほろ苦い青春の想い出ですね。
「色に出にけり我が恋は・・・」ではありませんか!!
そんな純情は何時までも持っておきたいものです、ね。

夢旅人 #- | URL | 2014/10/31 20:00 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/11/01 22:58 - edit

鶴舞か~。
これといって何もないとこですね(笑)
ゴルフ場はいっぱいあるけど。
それにしても発電所があったなんて驚きです。
いつまで稼働してたんですかね。
気になるな~。

ちくわ #- | URL | 2014/11/04 22:00 - edit

思いを巡らしながら

”ちくわ”さん、こんにちは

上総鶴舞・・・鶴が舞う上総の国、是非行きたいと心が騒ぐ名前でしょう?

発電所が在ったなんて知らなかった。
建屋の中まで線路が続いていたようですね。

電車で発電用燃料でも運んだのか?
発電所だから、中から運び出す物なんて無いだろうに。
色々想像出来て、暫く建物の回りを歩き、何枚か撮影しました。

錆びたドラム缶が転がっていたりして、活気があったであろう当時の事を想像しながら・・・

夢旅人 #- | URL | 2014/11/05 13:59 - edit

コメントの投稿

Secret