Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

”論語” と ”武士道”  

『 ”論語” は、人生の指針 』

L1000244.jpg
築地塀に囲まれた孔子廟の ”入徳門 ”

ある日の午後、「孔子廟」 を訪ねた。

御茶ノ水駅を降り、聖橋を渡ると一角だけが静謐は杜に囲まれた場所があり、重厚な築地塀が目に入る。

静かな一時を孔子を偲び、思索の時間を楽しんだ。

『 近代教育発祥の地、” 孔子廟 ” 』

L1000248.jpg
孔子廟の入り口、” 仰高門 ”。 右端に見える建物は ” 斯文会館 ” で講堂がある

「湯島聖堂と孔子」

孔子の教え 「儒教」は、東洋人に大きな影響を与えた。

儒学に傾倒した徳川綱吉公は、元禄三年この地に ”湯島聖堂” を創建。

孔子を祀る ”大成殿” や学舎を建て、自ら 「論語」 の講釈を行うなど学問を奨励した。

「近代教育発祥の地」

明治維新により聖堂は新政府の所管となり、明治四年に文部省が置かれたほか、

国立博物館、師範学校(現・筑波大学)、女子師範学校(現・お茶の水女子大学)や、

初の図書館などが置かれた。 此処 ”湯島聖堂 ” は近代教育発祥の地となる。

『 君子と成るも、小人と成るな 』

L1000254.jpg
建設当時から残る唯一の門 ”入徳門 ”、緑青が大変美しい

”論語” の教え

「 君子は周して比せず、小人比して周せず 」

   君子は利を計る事はしない。 小人はとかく利益の為に徒党を作りたがる。

   政治家・資本家を見るがよい、此れ以上の小人は此の世に存在はしない!!

「 和して同ぜず 」

   不和雷同はするな、真実をもって和合せよ。 誠の友とは和合するが雷同はしない!!

「 道に志す 」

   志を立て、道を修める事を目標にして励め。

「 朝に道を聞けば、夕べに死すとも可なり 」

   人生の意味を知り、いかに長生きしても酔生夢死と悟れ。

「 義を見て為さざるは、勇なきなり 」

   人間として正しい道だと知りながら、利益の為・保身の為に、敢えてしないのは勇気が無い者なり。

『 四 書 五 経 』

L1000259.jpg
” 大成殿 ” への入り口、” 杏壇門 ”

儒教の経典で重要な書物として、”四書五経” があり、

四書・・・大学・中庸・論語・孟子  五経・・・詩経・書経・礼記・易経 を言う。

日本の三大宗教といえば、”神道” ”儒教” ”日本仏教” がある。

中でも孔子が説いた教えとは、「理想の世界」 であろう。

天を敬い、祖先を崇拝し、道徳的秩序を保つには ”仁” を説いた。

自己中心的にならず、”忠” と ”恕” を持って接する、「人を愛す」 事であろう。

「五倫・五常」 の精神が薄れた昨今の日本を憂うのは、ただただ私だけだろうか?

対人関係の基本と、五つの德 (仁・義・礼・智・信) の喪失を憂う。

『 ”葉隠” と ”論語” 』

L1000256.jpg

武士道といえば、想い出すのが 「葉隠」 である。

” 武士といふは、死ぬことと見つけたり ” あまりにも有名なフレーズの 「葉隠」 を・・・

” 今をどのように生きれば良いのか?” を長々と説いている。

武士道の精神的深淵は、仏教・神道・儒教の混在とした処に見出すことが出来る。

”義”、”勇”、”仁”、礼”、”誠”、そして、”名誉” と ”忠義”。

「孔子廟」 の本殿は、平日だったため扉は閉まっていたが、回廊に一休みし、思う事は、

武士道精神 ”葉隠” の深淵には、”論語” が隠れている。

”論語” の言わんとするところは、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

こんばんは。(^-^)

孔子様はすごい方ですね。
孔子様に限らず、お釈迦様にしてもイエス様にしても、マリア様にしても、世界中の人々にすばらしい影響を与え続けている方々は、魂の光が凄いですね!(*^。^*)

人間とは何か、生きるとはどういうことか、魂の目的とは・・・でも、真実は、とても単純で、優しい言葉で語られる中にありそうです・・・(*^^)v

コメント、ありがとうございます。
あの写真は、伊吹山の見える三島池にある小さな橋ですよ。
ああいう風景の中にいますと、ひと時の安らぎに浸ることができます。

陽だまり #- | URL | 2014/12/10 18:41 - edit

湯島聖堂

学生時代の勉強以外に、
孔子も孟子、論語もまったく遠い世界のお話的に思っていたのですが
ここに初めて訪れた時、それが体感できなあという記憶がありますが、
それも遥か遠くのことですがねヽ(;▽;)ノ

犬山にゃん太郎 #klcj.0UQ | URL | 2014/12/10 22:32 - edit

老婆心ながら

”陽だまり” さん、今晩は 返事が遅れて申し訳ない

儒教精神が日本人から喪失したのは、一体何時の頃なのか?
若い人には、抹香臭いお説教としか映らないのか? それとも、自由気儘に生きられれば、其れが一番とでも思っているのでしょうか?

湯島聖堂で孔子の論語を想い出すのは、歳の所為なのか?
「今の若い者は~!!」と、歳をとった老人(?)がよく口するが、人の道も時代と共に変わるものなのでしょう。

「論語」を読むより、スマホでゲームの方が、面白いとは理解できるが、
次世代を担う若者が、このまま行けば日本はどうなる事やらと、老婆心が噴き出るのは私だけなのか?

夢旅人 #- | URL | 2014/12/14 20:45 - edit

漆黒の空間は・・・

”にゃん太郎” さん、今晩は 返事が遅れてゴメン

「湯島聖堂」 を訪ね、歳をとって初めて判る「論語」の大切さでした。
「教育勅語」 は、どうかな?と思う節があるが、儒教の教えは現代人にとっても、大切な教えと思うのですがね。
漆黒の建物の荘厳さと重厚感は、色が無いだけに思索するには持って来いの場所でした。
それは、あたかもモノクロ写真にも一脈通じる処があるのか・・・

夢旅人 #- | URL | 2014/12/14 20:51 - edit

コメントの投稿

Secret