Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

孔子に学ぶ 

『 教育の大切さを・・・』

L1000253.jpg

孔子廟の一隅に 「有教無類」 と書かれた銘板が建っている。

論語に中に出てくる有名な言葉である。

人間とは、能力・資質全て無差別平等という意味ではなく、

” 人は、教育によって善とも悪ともなるものであって、

人によって善悪・貴賤があるものではない ” と言う教えである。

此の孔子の教えは、ひろく徳川時代になって一般人にも深く浸透した。

” 草木は、芽を出しても花が咲かず、花が咲いても実を結ばないものだ ” と同義語か。

日々手入れをしてやり、水を与え肥料を与える事によって、花も咲き実も成るものである。

近年しばしば書店で目にする本に、「男性の品格」 「女性の品格」 「日本の品格」 なんて、

”品格” を冠した題名の本が出版されている。

”品格ある” 著者が書いたものなら良いのだが、売れればイイとばかりに出版されるのは迷惑千万だ。

『 世界一大きな ” 孔子像 ” 』

L1000250.jpg

全国各地に孔子を祀った ”孔子廟” があり、孔子の銅像も沢山あるが、

此処 「湯島聖堂」 に建立されている高さ8mを超す銅像は、世界一の大きさである。

『 美し過ぎる、回廊の漆黒 』

L1000257.jpg

本殿である ”大成殿” は、此の中庭の左にあるが、平日だったので扉は閉ざされていた。

”大成殿” を取り巻く回廊は、漆黒に塗られ黒光りする荘厳なものであり、

参詣者が出ようとする先が ”杏壇門” である。

『 箒を見て、悟りを拓く 』

L1000255.jpg

回廊の外側に小さな庭があるが、少しばかりの草が茂っている。

掃除が終わったのか? 竹箒が立て掛けられていた。何となく気になったので一枚・・・

”掃除” が大切な事なのか・・・

ある宗派の祖師は、中国の寺で高僧が黙々として庭を掃いていた。

「どうして貴方の様な高僧が掃除を・・・」 と思った時に、ハタと思い当り解語したという。

僧侶の世界では、東司(トイレ) をはじめ掃除が一番大切な修行と言われる。

経を読んだり、坐禅に励むのは二の次という事である。

そんな事を思い出し、竹箒をカメラに収めた。

『 水鉢に映る、絵馬の美しさ 』

L1000260.jpg

「止水明鏡」 と言う言葉は誰でも耳にし、良く知っている言葉であるが

”杏壇門” の前、左右に置かれた水鉢の奥に、絵馬札が掛けられている。

学問の師と思われている孔子なので、「大願成就」 「合格祈願」 の絵馬を奉納するのか?

努力なしで絵馬に頼っても、成就も合格も有る筈はないのに・・・なんて哀しく浅ましいのか、人間なんて。

「止水明鏡」 の水鉢に映る絵馬の美しさに見とれていて、ふと思った。

『 柳は緑 花は紅 』 と言う蘇 東坡の言葉を。

柳は青く、花は紅く、春の美しい眺め。 自然そのままに、真理が語られている事に。

あたりまえの事を、有るに難しと言う事実を実感できるのは、厳しい修行があっての事なのだ。

絵馬に「大願成就」 「合格祈願」 をしても、努力ナシには何事も成就はしない事を・・・

閑静な 「孔子廟」 で、思いに耽り心に浮かぶ言葉って、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret