Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

房総の初春 ① 

『 ”房総の村” の、お正月 』

L1000398.jpg

 春は桜の あや衣 秋はモミジの 唐錦

    夏は涼しき 月の絹 冬は真白き 雪の布
 

毎年の初め二日と三日は、”房総の村” では、子供達と一緒にお正月を楽しもう!!と、お祭り騒ぎ。

ちんどん屋が、鉦や太鼓で囃したて、獅子舞が今年一年の健康や安全を祈る。

遥か記憶の彼方へと消え去りそうな、お正月の雰囲気を味わいに出掛けてみた。

『 ちんどん屋 春かきまわし かきまわし 』

L1000410.jpg

 年の初めの 例とて 終き世の めでたさを

    松竹たてて 門ごとに 祝う今日こそ 楽しけれ
 

鉦や太鼓が囃し立てるなか、サックスが旋律を奏でる。

” 天然の美 ” ” 一月一日 ” ” お祭りマンボ” 皆、耳に懐かしい曲を奏で、軽妙な演奏に心も浮かれるが、

今の子供達には、どの曲も知らないものばかりだろう。

『 鉦・太鼓 踊りと音で 春を呼ぶ 』

L1000399.jpg

 私のとなりの おじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子

    お祭りさわぎが 大好きで ねじりはちまき そろいのゆかた
 

私が幼少の頃、家の前は泥土の道だった。

遥か彼方から聞える、”チンチン、ドンドン カン、ドンドン” の音に誘われ、家から飛び出したものだった。

派手な着物に賑やかな化粧を施し、家の前を賑やかな音で奏でながら、通ろ姿に目を奪われた記憶がある。

子供ながらに、哀愁を帯びた音曲に幻想的な面白さに気をとられもした。

”ちんどん屋” の起源を辿れば、紀元前1800年のバビロニア時代に ”ひろめ屋” として存在したという。

我が国では、「ライオン歯磨」 が最初とも言われるが・・・江戸時代からあったのでは?

社長自ら先頭に立ち、6人編成の ”ちんどん屋” を引き連れて、全国を43日かけて練り歩いたらしい。

「ライオン歯磨」 こそ、日本最初の広告活動であったのだろう。 いや、”ちんどん屋” の始まりだったの~?

鉦と太鼓に誘われ、初春を楽しむって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 3 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

チンドン屋さん・・・そういえば小さい頃、よく来てましたね~(^。^)y-.。o○
このチンドン屋さん、身なりの派手さは、私の記憶よりも、かなりパワーアップしているようにも思えますけど・・・(p_-)

ライオン歯磨の社長が6人編成の ”ちんどん屋” で、全国練り歩き!!・・・昔の方は凄かったんですね~ (◎_◎;) 参りました

それにしても、バビロニア時代まで遡りますか!?(^_^;)

陽だまり #- | URL | 2015/01/05 16:42 - edit

ブログは自分の為?

”陽だまり”さん、こんばんは

ライオン歯磨きの、社長以下6人での全国行脚・・・エェ、そうなの~って感じですよね。
創業者の努力って、並じゃ~ないんですね。 頭が下がる思い。

いつもブログを書いていて、思う事がある。
文を書く為に資料調べをする事があるが、初めて知る事が多くあり、自分の為のブログ書きです。
ブログは誰の為でもなく、”自分の為” って事でしょうか?

※ 最近のちんどん屋の意匠はものすごく派手ですよ。
   口上とか演奏がも少し上手なら・・・と、思いもしたが。

夢旅人 #- | URL | 2015/01/05 20:50 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/05 22:35 - edit

コメントの投稿

Secret