Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

赤パンツの効用 


『 小説 ”坊ちゃん” の赤シャツ 』

L1000491.jpg

夏目漱石の 「坊ちゃん」 に出てくる教頭は、

着物・袴であるが、胸元や腕には、赤いフランネルのシャツが見える。

赤いシャツは薬になると、年がら年中着ている。

”赤” い色は、烈しく燃え盛る太陽であり、体内にたぎる血の色でもある。

赤い色に人々は興奮し易く、情熱の色とも言われている。

先日、巣鴨に遊んだ時、商店街沿いに三店舗の赤パンツ専門店を見つけた。

寒い時期なので、”赤” がもつ暖かさ・熱さを感じ、少しばかり寒さを忘れる事が出来たような気がした。

『 ”赤” に限らない、口紅 』

L1000490.jpg

「 江戸カルタ 」 には、”亭主の好きな赤烏帽子” とある。

広辞苑で調べれば、”笑われるような異様な物事” と解説されている。

旦那が好めば、女房も異としないと言う皮肉を込めた言葉なのである。

一昔前までは、女性は爪を真っ赤に塗り、口紅は赤と決まっていたようだが、

最近では、爪はつけ爪に何とも言い難い絵柄まで描いてあり、

口紅は紅ではなくなり、白色から黒色まで、多彩な色で差されるようだ。

『 ”赤パンツ” で、若返り? 』

L1000492.jpg

生活の中には、”赤” が氾濫している。 ”赤” は、明るく活動的な色だから・・・

先日、東京駅の大改修も終わり、昔の侭の赤レンガ駅舎が完成した。

銀座も、赤レンガの建物も無くなり、「煉瓦通り」も姿を消したようだ。

時代も変わり、懐かしい風景を見る事は叶わないが、一抹の哀惜と後悔が残る思いである。

「お婆ちゃんの原宿・巣鴨」 で見かけた赤パンツ・赤シャツ専門店を見ていて、

往年の元気が失せたお年寄りが、元気を取り戻すべく ”赤パンツ” を買い求めるのも合点がいく。

赤色の効用って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

こんばんは。(^-^)

赤色パワーですか!
すべてを燃え尽くす情熱の炎色・・・ちょっと怖い色でもありますかね。
冬はいいですけど、夏は暑苦しいかも・・・(^_^;)
私、職場で還暦を迎えたとき、赤のちゃんちゃんこを着せられそうになりましたが、必死で逃げましたよ・・・( `ー´)ノ

建築の赤レンガ色は、トーンの落ちた赤ですから、いいですよね。

コメント、ありがとうございます。
UFO、昔になりますが、実は私、この目で2回見たんですよ!(p_-)

陽だまり #- | URL | 2015/01/22 21:49 - edit

未知との遭遇

”陽だまり”さん、こんにちは

”赤パンツ”・・・元気が出ると言われているが、果たしてどうなんでしょうね?
お婆ちゃんの原宿と言われるだけあって、若い人はチラホラでした。
”赤パンツ” を履いたお婆ちゃん・・・病院で ”ハイ脱いで” と言われたら、少々恥ずかしい思いをする事でしょうが・・・

UHOを二度も見たなんて、なんて幸福な事でしょうか。
此の世にUHOがいるのか?いないのか?は知らないが、いて欲しいですね。
そして一度でもイイから見てみたいものです。
その時には、是非撮影したいですが・・・

夢旅人 #- | URL | 2015/01/23 12:48 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/23 13:41 - edit

こんにちは

コメントありがとうございました

ブログ環境設定で僕はコメント・拍手コメントなどをメールで内容を知らせる設定しております。

犬山にゃん太郎 #klcj.0UQ | URL | 2015/01/24 11:47 - edit

コメントの投稿

Secret