Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

ご注意あれ!! 

『 托鉢は、無言が基本 』

L1000469.jpg
世間話に忙しい ”托鉢” 僧

「托鉢」・・・鉢を託出して僧尼が、鉢の中に米や金銭を乞い歩く事とある。

人の欲望は、衣・食・住から起こると釈迦は言う。

この三つの執着から洗い・浄め・掃き捨て、貪欲を打ち消す為の修行の一つに托鉢がある。

僧侶は墓場や樹下などで日を送り、他人に食を乞うために托鉢をするのが本義。

量を知り、足るを知り、邪心を正す為の方法の一つが托鉢なのだ。

持ち物は、仏像・経典・鉢・楊枝など18種が許されていて、これ等を入れる袋を頭陀袋と言う。

『 功徳を念じて、品の多少をえらばじ 』

L1000477.jpg
数珠は持てど、『鑑札』 は持たない連れの尼僧

”遺鉢を継ぐ” とは、師の鉢を継ぐことで、転じて故人の遺志・跡目を相続する意味となり、

此の鉢を無用な物として、投げ捨てる事から転じて、自暴自棄になることを、”捨鉢” と言う。

頭蓋骨の事を ”お鉢” とも言い、そこに巻くのを鉢巻と言う。

良寛の句に、「鉢の子に 菫タンポポこき交ぜて 三世の仏に たてまつりてむ」 がある。

『 鑑札は、お持ちかな? 』

L1000507.jpg
何を話しているのか? しゃがみ込んでブツブツと。怪訝な顔の通行人。

最近は物乞いは少なくなっているが、その分ダンボールやブルーシート暮らしの浮浪者紛いの者が増えている。

人の賑わう駅等でよく見受けるのが、托鉢の姿で金銭の喜捨である。

”托鉢” では、金銭を頂く事とは、功徳を積ませて上げる事であり、頂きものにお礼は言わない。

ところで、こんな話を聞いた事を思い出した。

お母さんに連れられた幼子が、鉢に喜捨したいと言うので、十円を子供に手渡したところ、

托鉢僧侶は、「チェ! 十円か」 と、親に聞こえる声で呟いたという。

又こんな話も耳にした事がある、「有難うございます」 とお礼を言われたとか・・・

今回、私が見た光景は、男性の托鉢僧が尼僧に話していた言葉に呆れた。

「此処はダメだ、ケチばかりだから他所に行こう!」 と。

”托鉢” を行うには、本山からの許可証 『鑑札』 を携帯しなければならない。

網代笠を被り、如法衣を巻き、手には鉢を持っているが、『鑑札』 は何処にも見当たらない。

通行人と世間話をしたり、金銭が少ないと不平不満を言ったり、肝心の 『鑑札』 は持ってはいない。

街頭で托鉢姿を見かけた折には、先ず100%偽僧侶と思って間違いはない。

本山の 『鑑札』 を見せて下さいと、念を押し喜捨をする必要があるのかも。

偽僧侶の ”托鉢” って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 6 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

私も、街に出たとき、ときどき見かけることがあります。
そうですか・・・100%偽物・・・何だろうなと思ってはいたのですけど、そうですか!(V)o¥o(V) この罰当たり者めが! カーツ!!

執着を捨てさす・・・と諭すふりして、金品をだまし取る・・・いかさま宗教などでも、よく使う手ですね。

石灰を取るために、日本武尊の伝説のある「霊峰」を削るとは、物欲金銭欲にまみれた行政と某会社・・・こっちも、この罰当たり者め、たわけ! カーツ!! ( `ー´)ノ

陽だまり #- | URL | 2015/01/24 14:25 - edit

困った世の中だね~

”陽だまり”さん、こんばんは

いやぁ~本当に、この世は罰当たりばかりなのでしょうね。
戦後は暫く、街頭や神社で傷痍軍人が、松葉杖で白衣を着てアコーディオンを鳴らし金銭が投げ入れられるのを待っている光景が多かった。

お国の為、戦地で負傷した事とは不運だったと片づけられない、何かを感じたものだったが、違法行為だったようだ。

托鉢する偽坊主に金銭を喜捨する人が今でも現実にいるとは・・・
地に落ちた寺と僧侶の世界とでも言えなくもないが、信仰心が喜捨する気持ちを起こさせるのでしょうね。

50年も前の事、ある新聞記者から聞いた話だが、
黒い羽根共同募金なるものがあったが、集まった募金の多くが、懐に入れられ、被害者に行き渡らないと。

いつの世の中も、少しばかり悪智慧を働かせば、楽に金なんて手に入るという事でしょうね。
其れだけ純粋な気持ちの人が多いとも言えるのか?
「特殊詐欺」 が何時までも続いているのを見てもよく解かるように・・・

いやいや、純粋ではなく、高齢化社会になりボケた人が多くなったと言う事でしょう。
利殖話に欲をかくお年寄りも増えたようだが、ね。

夢旅人 #- | URL | 2015/01/24 20:38 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/25 18:41 - edit

托鉢をしている光景を目にするたびに、
いまでも真摯に修行をしている方がいるんだな~と感心していたけれど、
偽坊主ばかりなんですね・・・。
JR立川駅に行くと必ずいるですよね~。

ちくわ #- | URL | 2015/01/26 19:34 - edit

良い日当に・・・

”ちくわ”さん、こんにちは

托鉢は善意で以て喜捨するのですが、いやいや喜捨させて頂くのですが、食費稼ぎで托鉢されれば大迷惑ですよね。
立川駅で托鉢が多いとありますが、新宿でも池袋でもしばしば見受けられようですね。
以前、ある僧侶に出会った時には、その僧侶は本山の 「鑑札」(木札) を持っていました。
池袋駅で托鉢するのですが、半日立って居れば多い時には三万円も集まるそうですよ。
これだから托鉢が止められないのでしょうか、ね。
果たして頂いた金銭は、何に使われるのでしょうか?
気に成りませんか?

夢旅人 #- | URL | 2015/01/27 15:32 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/28 14:57 - edit

コメントの投稿

Secret