Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

雰囲気が大切 

『 ”ご馳走様でした” と、思わず言葉が・・・』

L1000601.jpg
”和風ロールキャベツ” ランチ に舌鼓

茶房 「宮崎邸」 では、営業は毎週、木・金・土曜日の三日間だけである。

お昼のメニューは毎週変わるが、一種類だけに限られ、地元の食材がメインとなっているようだ。

今週のランチ・メニューは、「和風ロールキャベツ」 のコース料理だった。

コンソメスープ仕立てに馴れた舌には、新鮮な味わいがタマラナイ!! 絶品である。

日本庭園では、ツツジが満開の季節には芝生の緑も深くなり、

野点も行われるそうだ。 この時期に又伺ってみたいと思っている。

それにしても、O氏は何時も何時も素敵な料理屋に誘ってくれるが、何で探すのかね~?

『 初めて味わう、暖かい”ワラビ餅” 』

L1000614.jpg
”暖かいワラビ餅” と抹茶が絶妙

食後、ワラビ餅を二人前注文した時、

「 暖かい ”ワラビ餅” にしますか?冷やした ”ワラビ餅” がいいですか?」 と、女将さんが・・・

聞いた事がなかった暖かい ”ワラビ餅” をO氏が注文。

京都から送られる純粋ワラビ粉を、鍋で20分捏ね回す作用が大変なんですよ~、と女将さん。

初めて味わう暖かい ”ワラビ餅” は、浅いお皿に盛られている。

黄な粉に黒蜜をたっぷりかけ、餅餅に伸びる ”ワラビ餅” 、是非味わって欲しい絶品である。

あと味を楽しみながらのお抹茶は、更に一層の美味が楽しめる。

『 ”空間の美” を守りたいが・・・』

L1000599.jpg
お土産として並べられた品々が・・・

玄関を上がり、左側の部屋に通された時、何となく違和感を覚えた。

座卓に並べられた多くの焼き物やガラスの小物たちに・・・

不意を突かれた違和感であった。

重厚な造りの古民家に、お土産品が売店代わりよろしく並べてある事に・・・

『 私なら・・・ 』

L1000600.jpg
折角の雰囲気も、此処には似合わないか?

飾り棚に置かれた小物たち、誰が手に取り買い求めるのだろうか?

多くの女性客が、食事を楽しみ談笑していたが、土産品を手にし購入する事はなかった。

黒漆と朱塗りの飾り棚。

お土産品ではなく、質素で上品な小物で素敵な飾り付けをして欲しいな~と、

私がオーナーなら、”そう” する。

重厚な雰囲気の中、美味しく和風コース料理を頂き、甘味を楽しんだ一時であったが、

お土産品の展示には違和感を感じた一時、

年寄りの、取るに足らない愚痴って、「こんなもんなの~」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

素晴らしい料亭で、おいしそうなお食事・・・幸せなひと時ですね~(*^。^*)
温かいワラビ餅にお抹茶・・・これもいいですね!(p_-)
土産物は、旅館ではないので、やはりいまいちのようで・・・。

コメント、ありがとうございます。
谷津干潟も、たくさんの渡り鳥が1年中飛来しているようで、鳥さん好きには応えられませんね!(*^^)v




妖精ボージー #- | URL | 2015/02/17 13:59 - edit

やっぱりね~

”妖精ポージー”さん、おはよう!!

やっぱり ”そう” でしょう~。 地元の作家の作品なのか?
でも、雰囲気を壊すようなものは、置かない方がイイと思うのですが、ね。

暖かい 「ワラビ餅」 は、初めて食べたのですが、その質感と味が気に入りました。

O氏は独身なので、一人では寂しいので誘ってくれるのですが・・・いつもいつも珍しい料理屋です。



夢旅人 #- | URL | 2015/02/18 08:45 - edit

コメントの投稿

Secret