Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

 


『 やわらかに 柳あをめる北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに 』
                                    石川啄木 (歌集・一握の砂)



2011-10-08 華1225

天気予報では、今日は風も無く長閑な暖かい日と、報じていた。

曇天ではあるが、チワワの“らら”を連れて、「水元公園」に出かけた。

駐車場に車を止め、先ず目に飛び込んで来たのが、此の柳の木。

思わず啄木の歌が頭を過った。 早春の若葉が清々しく心地よさをもたらす。


2011-10-08 華1223

日差しは無いものの、サイクリングの御夫婦がベンチで一休み。

聞えはしないが、何を語っているのか?気にもなる。


2011-10-08 華1224

タバコをくゆらせ、のんびりと魚釣り。

白鷺までもがお付き合い・・・という事なのか。


2011-10-08 華1226

「 早春の 春風に吹かれて ネコヤナギ 」 


2011-10-08 華1227

『 待って居る 妻子もないか 通し鴨 』   小林一茶(句)

沢山の鴨たちが悠々と泳いでいるが、

夏になっても北国に帰らず、営巣して此処で雛を育てる、鴨なのか?


2011-10-08 華1228

『 叱られて 又疲れ鵜の 入りにけり 』    小林一茶(句) 

鵜飼用に飼われた鵜ではない。

自然の中でのびのびと暮らしているのだろうが、果たして餌は充分あるのか?


2011-10-08 華1229

「 春浅き 林に落ちる 枯木実 」

枯れたプラタナスの実が、侘しそうに見えた。

カサカサと足音を立てながら、“らら”は歩き難そうに。

2011-10-08 華1230

「 教えるものは 死生觀か 枯木立 」

メタセイコイアの並木。

冬枯れの木立を見ていると、春に芽を吹き、夏を精一杯に生き抜き・・・

輪廻転生を再考せよ!!と、諭されているような気持ちになる。


柳の花言葉は、“愛の悲しみ”“我が胸の悲しみ”という事だ。

春だというのに、“悲しみ”を実感する今日の散歩だった。

ネコヤナギに蜜を吸いに来る蜜蜂。

『 正直の門に 蜜蜂やどりけり 』      小林一茶(句)

人間、果たしてどれ程正直に生きて来た事だろうか?

また、此れから先、どれ程正直に生きて行ける事だろうか?

こんな事を感じながらの今日の散歩だった。

私の生き方って、「こんなものなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

ようやく

てんくらさん、こんばんは!

こちら北海道、ようやく枯れ草が見えてきました!
このまま順調に、雪が解けてくれればと思います。
まだまだ怪しいですが、ね。

正直に生きるって、どれだけの人が出来るのでしょうね?
自分はどうだろう・・・
無理かな?

まれすけ #- | URL | 2012/03/22 22:45 - edit

とても、良い記事です。

こんばんは。
始めまして。
気持ちが、ほんのりとする記事と写真に感動しました。
また、次回の記事を楽しみにしています。
あなたの、お人柄が偲ばれます。
素晴らしい記事を書かれる方に訪問していただき、感謝します。
私もセンスのあるブログ記事を書かないと痛感した次第です。

おから #- | URL | 2012/03/22 23:34 - edit

嘘も方便

“まれすけ”さん、こんにちは

北海道では、未だ「柳あをめる・・・」ではないでしょうね。
今暫くの辛抱っていう事でしょうか? それとも寒いのには馴れているから・・・大丈夫って事かな。

「正直に生きる」・・・こんな事、出来っこナイですよね。
人が死して、仏式で葬儀を出し、戒名を貰った時、“信士”“信女”と位号が最後に付いてくる。
どんな意味かと思えば、「良く戒を保ち、内外共に清浄で、正を信じ邪を信じないもので、清信の仏弟子であった」と云う意味です。

此れからすれば、私達は生前に大した悪事も行わず、嘘もつかず、まぁまぁ正しく生きたいう事でしょうから、「正直に・・・」と、必要以上に気を使う事もないのかね? えぇ、本当にそうなの~?とも、思えるが・・・

「正直に生きる」と「嘘をつく」とが、裏腹な事か?どうか?は知らないが、
何時でも、誰でも嘘をつく事はしばしばです。
小さな嘘をつくと、其の嘘を隠そうとする為に、また少し大きな嘘をつく。
嘘の上塗りとなり、行き着く所は信用を失う事となる。

嘘をつく者は、自分がどんな重荷を背負い込んだのかに気が付かないでいる。一つの嘘が二十の嘘を発明しなければならない事に気付くべきなのだ。
そうだとすれば、やはり正直に生きるって本当に価値がある生き方なのでしょうね、
其れが出来ない自分が悲しいところ、とでも云えるのかな?

「嘘も方便」という格言もある事だから、その時には、方便・方便と誤魔化す事としましょうか、ね・・・





てんくら #- | URL | 2012/03/23 16:50 - edit

出会いは楽しい

“おから”さん、こんにちは

訪問して頂き、有難うございます。
“有難う”・・・出会う機会が滅多に無いのに、出会えた事への感謝の言葉。実に、「有る事、難し」です。
“まれすけ”さんナシに“おから”さんに出会う事も無かったでしょうが、此の出会いに感謝・感謝です。

fc2でブログを初めて二か月弱ですが、最近ブログって結構難しい物だな~って感じてます。
何を書いて良いのか?判らない時があるからです。ネタ切れという事でしょうか。

その日、その日に感じた事・思った事、日々雑感は写真と文ですが、
また訪ねて来て下さい。 心からお持ちしております。
見知らぬ人との出会い・・・是ほど素敵な事も少ないのでは?と・・・

てんくら #- | URL | 2012/03/23 16:59 - edit

コメントの投稿

Secret