Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

叶わぬ願い? 

 母は来ました 今日も来た とどかぬ願いと知りながら

L1000815.jpg
靖国神社

悲願十年 この祈り 神様だけが 知っている 流れる雲よりも風よりも

 つらいさだめの つらいさだめの 杖ひとつ
   作詞・藤田まさと

『 ”英霊” と、”氏神” そして ”鎮守” 』

L1000816.jpg
靖国神社

「苦しい時の神頼み」 という諺がある。

困った時や追い詰められた時などに、人は神や仏にすがる事があるのは、今も昔も変わらないようだ。

氏神や鎮守、そして菩提寺の仏に、身近の土地の神仏に願いを託した。

氏神は地域の豪族の祖先を祀った守護神であり、

鎮守は荘園を鎮護して貰う為に土地の守護神を祀った事が始まりだ。

そこへいくと、「靖国神社」 は、太平洋戦争で命を落とした戦士を英雄として祀ったものであり、

色々と物議を醸すのは、A級戦犯者をも祀っている事であろう。

氏神でもなく鎮守でもない靖国に詣り、賽銭を投じ何を祈るのか? 

戦没者の御霊の供養の為なのか? それとも、身勝手な願いなのか?

『 ”賽銭” の、”賽” とは・・・』

L1000810.jpg
明治神宮

明治神宮の本殿左前には、二本の大木が立ち注連縄が結ばれ、賽銭箱が置かれている。

”賽” とは、報い祀るという意味で、神仏に対し其の恩恵利益を想ってお金を捧げ祀る事で、香銭・散銭ともいう。

神というのは目には見えないものである・・・

古来人々は、樹木、巨岩、山岳などの自然その物に霊性を認め、神を祀る場としてきた。

神そのものではないが、神が宿る ”依代” と考えた。

巨木に神が宿るので注連縄を渡し、その前に賽銭箱。

英霊鎮魂と氏神と鎮守が、ごちゃまぜになっているのであろうか?

そであれば、人々は何を目的に賽銭を投じているのであろうか?

『 ”吉” と出るか? ”凶” と出るか?』

L1000813.jpg
明治神宮

ご多分に漏れず、明治神宮にも ”おみくじ” 売り場がある。

吉凶禍福を神に占ってもらうのが ”おみくじ” である.

大吉・中吉・小吉・凶 とあるが、出来るだけ凶禍を取り払った良い ”おみくじ” をと ”凶” は殆ど無いという。

随分と粋な計らいで洒落た事ですね~!!

『 能楽堂の前で、疲れを癒す 』

L1000817.jpg
靖国神社

俗界と神域とを分ける境界(結界)の鳥居を潜り、社殿にお詣り。

鳥居から社殿に続く参道には、多くの約束事がある。手と口を浄める手水舎もその一つだが。

神への供物として賽銭を投じ、鈴を鳴らしお参りの許可を頂き、

「二拝・二拍手・一拝」 なる儀式の上で頼み事を・・・

さらに続いて、神前を立ち去る時、もう一度拝礼をして・・・此れで完了となる。

ゴールデンウイークの間、少々忙しくしていたが、「子どもの日」 には明治神宮と靖国神社に遊んだ。

外国人の多さには少々驚いたが、二人の老婦人の其の姿に、「岸壁の母」 を思い出した。

理由は何であれ、神社・仏閣にお参りすれば、日常の煩わしさを忘れて気持ちは清々しく。

お賽銭を投じ、神妙に 「二拝・二拍手・一拝」 、御帰りに ”おみくじ” を・・・

参拝の良さと面白さって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

私は、靖国とか明治神宮には、行ったことがありません・・・なんせ、東京に行く機会もありませんから・・・(^_^;)

こちらでは、やっぱりメインは、お伊勢さんでしょうか・・・(^。^)y-.。o○

思うに、どこの神社仏閣にしましても、神仏と人との間に、あまりにも大き過ぎる段差を設けすぎているような・・・神仏は、私たちの尊敬できる諸先輩であり、親しき、かつ大切なお友達でもあると思うのですけど・・・それは、失礼というものでしょうか?(*^。^*)

妖精ボージー #- | URL | 2015/05/09 14:22 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/05/09 22:04 - edit

神も仏も・・・

”妖精ポージー”さん、こんにちは

お伊勢さん・・・是非一度は行きたい所ですが。
昔々、伊勢には行った事があるが、お参りとは縁が無かったので・・・

観光客は遠くから。内宮参拝は出来ないのでしょう?
政治家や特別な人は、内宮まで上がれる?
これって、「天は人の上に、人を作る」 って事でしょうね。
庶民の僻みかな?

神道では天国、仏教では極楽。 其れの具現が神社と寺院?
「唯心浄土 己心弥陀」 と言う教えもある・・・
天国も極楽も、己の心の中に。 其処へ引導するのも己の心、と言うことなのか?

”ポージー”さんが言われる様に、神も仏も身近にあり、親しみを持てばイイって事でしょう。

夢旅人 #- | URL | 2015/05/12 15:29 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/05/12 17:13 - edit

コメントの投稿

Secret