Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

路地裏散歩は・・・ 

『 豪商 ”矢野商店” の藏群 ”有鄰館” 』

L1000864.jpg
”矢野商店” は、”有鄰館” 入り口 右隣の大きな建物 (先日 UP)

江戸時代から大正時代にかけて建造された歴史ある藏群。

煉瓦藏・酒蔵・味噌醤油蔵・塩藏・穀物藏 の重要文化財指定の5棟をはじめ、

洋酒藏・ビール藏 などの11棟の藏があり、”からくり人形館” をも併設している。

今では、演劇をはじめライブなど最新カルチャーの発信地になっている。

「有鄰」 とは、孔子の ”徳孤ならず、必ず鄰あり” という故事にならい命名したものである。


L1000866.jpg
煉瓦藏では、シルバー人材センター会員・作品展が開催中


L1000867.jpg
味噌・醤油蔵では、”ちりめん細工” 展を開催中


L1000873.jpg
酒藏の内部


L1000874.jpg
表通りを一歩奥に入ると、昔懐かし・・・

最近のテレビでは、”街歩き” 番組が盛んだ。

食べ歩き、街歩きが、こんなにも人気を博す原因は、一体どこにあるのだろうか?

視聴率にもよるのだろうが、何と云っても製作費が少なくて済むのが一番の原因であろう。

「 絹織物と共に発展した町・桐生 」

農閑期の余業として絹織物が始まった桐生である。

江戸中期になると、”高織” という技法により生産された製品 ”飛紗綾” が

江戸をはじめ京都などからも人気を博し、西陣にも脅威を与えるようになった。

本通りを歩くも良し、一歩裏通りには細い路地が・・・

路地裏の景観は生活感が漂い、地元の人との会話も楽しむことが出来る。

路地裏散歩の楽しみって、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 3 TB: --   

コメント

こんばんは。(^-^)

昔の豪商の蔵は、凄いですね~(◎_◎;)
以前、蔵をリフォームして暮らされているお家をテレビで見たことがありますが、なかなか味のある、いい感じにつくり変えられていましたよ!

路地裏散歩は、確かにおもしろいですね。(*^。^*)
ヨーロッパなどの、お店の間の細い路地裏的な道を歩きながら観光していく番組がありますけど、見ているだけでも楽しいですからね。

妖精ボージー #- | URL | 2015/06/03 17:42 - edit

郷愁を覚えるのか?

”妖精ポージー”さん、こんばんは

街歩き・・・テレビでは世界中の街歩きが放映されている。
「イタリアの小さな村」 は毎週みている。
石造り建築文化を見ていると、木造生活をしている自分が目にした事が無いものばかりで、カメラをぶらさげ歩いてみたいと何時も思う。

藏を改造した店舗も人気を博しているが・・・
人は誰でも、古い物に郷愁を覚えるのでしょうね。
そう云えば、観光地と言う観光地は皆、古い街ばかりですよね~!!

私もご多分に漏れず、古い街歩きばかりしていますが・・・

夢旅人 #- | URL | 2015/06/03 20:51 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/06/03 21:17 - edit

コメントの投稿

Secret