Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

「さんだらぼっち」って、な~に? 

東北自動車道で宇都宮の手前に、「都賀西方PA」がある。

トイレ休憩に立ち寄った時、トイレの脇に古墳を再現した小高い丘(?)があった。

立て看板を読んでみれば、七世紀頃の典型的な墳墓で、『西方山古墳』と名付けられている。


2011-10-08 華1256

発掘当時の大きさより少し縮小されて再現してあるそうだ。

直径18m 高さ3,4m の規模で、中央が横穴式石室が設えてある。

棺を守る石室の大きさは、長さ7,4m 幅1,2mでそれ程大きなものではなかったようだ。


2011-10-08 華1257

棺からは、金メッキが施された耳飾りや、鉄製の矢じり・刀剣などが出土したとの説明がある。


20分ばかり墳墓をみながら、日本人の昔からの“お墓”の事が想い出された。


P1010451.jpg

此れは二年前、青森県・三内丸山遺跡を訪ねた折のカット写真ですが・・・

この時は、未だブログなんて気にも留めていない頃なので、撮影したものが少なく掲載に困りました。

今から約5000年前の縄文時代の集落遺跡で、たまたまお墓の写真を撮していた。

素焼きの壺は、子供の屍を入れる物で、写真手前の穴に安置したそうだ。

埋設土器は住居の近くに埋葬していたらしい。


P1010453.jpg

土杭墓と呼ばれる楕円形に彫られた墓は、大人用の墓で完全な埋葬墓だ。

大人用は集落の東側の道路に沿って、両脇に二列に配置されていた。

大人は道路際に単純に土葬。 子供は土器に入れ手厚く葬られている。

この時代でも、“子供は国の宝”という考え方があったのかしら?


2011-10-08 華1258

今日の本題の「さんだらぼっち」。皆さん、ご存知でしたか?

私は初めて此の言葉を聞き、どんな意味なのか?解からなかった。

此処は今、墓地になっているが、江戸時代まで遡れば、ある豪農の土地で、

その一族の墓が立ち並んでいたと云う事だ。今は少々違いはするが・・・

墓地の一角に、観音菩薩を安置した建屋があり、昔はその前に相撲の土俵があったという。

其処に吊るしてある物を、「さんだらぼっち」と云う説明だった。

調べてみると、「さんだらぼっち」とは、漢字で「桟俵法師」と書く。

何を指すのか?と思いきや、「さんだらぼっち」とは、米俵の両端にある藁の蓋だった。

神座や神饌の容器として用いる物で、正月には年神様の幣束を刺したり、鏡餅を載せた。


2011-10-08 華1259

なるほど藁で造った蓋の格好をしている。飾る為に大きさは米俵の蓋とは違うが・・・

一般的には、疱瘡や疫病を祓う時に、御幣や赤飯・お神酒を載せて祈願した後、川に流したそうだ。

此の風習が後の、“流し雛”へと引き継がれたと云うから、面白い。

社には如意輪観音が祀ってある。

“観音菩薩”から受ける印象は、濃厚な女性の芳香と、農耕民族文化の土臭い香りが感じられる。

農耕は基本的には女性の仕事だった。農作物の豊穣はまた、女性の多産・子沢山にも繋がっている。

現在では、観音菩薩は安産や長寿にご利益があるとも言い、寶を恵んでくれるとも言う。

観音菩薩は、苦しい今の時代に生きる私達に望みを叶えてくれるかもね。

此処に安置されている如意輪観音は、

500年前頃より、特に女性を救う菩薩として民衆に受け入れられた。

豪農が如意輪観音を祭るのは、豊作を祈り、家督を継ぐ子孫の為だったのか?

時代と共に変わる、宗教心やお墓の考え方。

ご先祖達が信仰した神や仏、又死者の埋葬方法とは、「こんなものなの~?」





スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

こんばんは。

こんばんは。
墓場の鬼太郎 いや ゲゲゲの鬼太郎シリーズで、「さんだらぼっち」が描かれていますよ。
しかも忠実に。 

おから #- | URL | 2012/03/27 20:35 - edit

勉強です

“おから”さん、こんばんは

そうなんですね。石ノ森章太郎さんの漫画に出ているそうですね。
現地の人が云ってましたが、其の漫画を知らなかったので・・・
いや~、知らない事って多いのですね。いやいや、知らない事ばかりですね。 勉強になりました。

何事も本当に勉強です。
此れから先、何年元気で居れるか判らないが、幾つになっても、お勉強です。
“ゲゲゲの鬼太郎”早速読んでみましょうか・・・

てんくら #- | URL | 2012/03/27 21:46 - edit

日本人にとって、死者の埋葬の基本は土葬だったのかもしれませんね。
私の母方の里でも、祖母の代までは土葬でした。
土から生まれたものが土に返る。考えてみたら当然なのかもしれません。しかし、狭い国土で土葬していたのでは住む場所が無くなるから
火葬になっていったのかも。
さんだらぼっちは知りませんでした。
だいだらぼっちの親戚かなとも思いましたが、俵の蓋でしたか。

青竹 #- | URL | 2012/03/27 22:23 - edit

何と書けば・・・

“青竹”さん、こんにちは

「だいだらぼっち」・・・此れも、知りませんでした。
いやl~、世の中、知らない事ばかりです。ネットで調べてみました。お化けの巨人なのか?はたまたガリバーなのか?
面白い物を創りだすものですね、人間って!!

SO-NETのブログに、NICEを打とうと思っても、入れられなくなり不便になりました。
毎日訪ねていますが、何てコメントを入れれば良いのか?判りません。
昨夜は其の事を考えていたら、夜中の4時12分まで寝付かれませんでした。
困ったものですね~“青竹”さん・・・

てんくら #- | URL | 2012/03/28 17:43 - edit

コメントの投稿

Secret