Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

煉瓦じゃ~、ないよ 

『 小腹が空いたら、此処がお勧め 』

L1000893.jpg
木立の奥の瀟洒な和風レストラン ”恋瓦” で一休み

”織物記念館” ”有鄰館” ”有鄰館” と古き良き時代の建造物を楽しみながら歩けば、小腹も空いてくる。

そんな時には、”ベーカリー・レンガ” の隣の ”恋瓦(レンガ)” で足を休めお昼とするのもまた楽しい。

『 古き良き桐生を想う・・・』

L1000897.jpg
シックな室内で一時を楽しむ

大正8年に建築され、煉瓦塀をもつノコギリ屋根工場として、国の有形文化財となった旧・金谷レース工業跡。

昭和初期に屋敷として建造された、その当時の面影をそのままレストランとして再生。

高級織物の産地として栄華を極めた、在りし日の姿が今に残る。

『 桐生名物 ”桐生ふぎそば・うどん” に舌鼓 』

L1000894.jpg

桐生織物の張を持たせる為に使用されていた ”布海苔” 養蚕に欠かせない 「桑の葉」・・・

布海苔を繋ぎに使用する事により、弾力とコシが生まれ、

桑の葉を練り込む事により、香ばしい独特の風味が生まれる。

その蕎麦を美しく一口ずつ食べ易いように、織物の糸を撚り紡いだ ”かせぐり” に似た

”手振り” と呼ばれる動作により、織物に模して並べてゆく。 

織物文化から生まれた「桐生へぎそば・うどん」 は、是非一度は味わってみたいものである。

『 ”天へぎそば” は、桑の葉 (桑茶) のみを使用 』

L1000898.jpg
御簾越しに、ガラス戸越しに、蕎麦を味わう

「天ふぎそば」 ・・・金、1,200円

天ぷら五種 (茄子・かぼちゃ・海老・さつま芋・季節物一種)。 その他、小鉢が・・・

何と云っても驚くのは、蕎麦(桑茶練り込み) の量の多い事である。一般的な二三倍は盛り付けてある。

小腹でなく、大腹が空いていても、十分すぎるほどの大盛りだった。

桑の葉の効用としては、糖尿病の予防に、高血圧の改善等などの効用が・・・

美味しく頂き、その上、身体にとって嬉しい効果が期待できるとはね~!!

『 こんな物、見っつけた~ 』

L1000902.jpg

”天そば” の味を楽しみ、部屋の造りを見ていて、御簾の架かった周り廊下の角に・・・

「 魔除けの秘符 」 が貼り付けてあった。 ” 凶運を吉運にする秘符 ” と書いてある。

”秘符” は、”封符” により包み祈念する事により、より高く験増すと言う。

”封符” は ”秘符” を加護する霊符なのである。

”秘符” は、詳細な願望を叶えてくれるものであり、

”凶” を ”吉” にする ”符” なんて、何とも大雑把な ”符” ですね~。

「天そば」 に舌鼓した後、庭でも散策すれば、疲れた足も軽やかに。

旅の楽しみ方は色々あるって、「こんなものなの~?」






スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 3 TB: --   

コメント

こんばんは。(^-^)

桐生市は、見どころ・食べどころ・・・が、いっぱい!(*^。^*)

近ければ、散策にぴったしって感じですが、遠いので行けません・・・(*_*;

この頃の、ケーキ屋さんやパン屋さんなどは、そこでちょっとしたティータイムが取れるようにできているところが、けっこうありますよね。

客をいかにして取り込むか・・・いろいろと工夫してますね。(^。^)y-.。o○

妖精ボージー #- | URL | 2015/06/07 20:48 - edit

桐生良い処、一度は・・・

”妖精ポージー”さん、こんにちは

桐生は一度行って観たかった処ですが、こんなに見所が多いとは想像していませんでした。改めて行きたいと思っています。

桐生散歩で一休みでは、此処「恋瓦」はお勧めですね。
蕎麦の量が多いには驚きました。 食事の後にはデザートまで付いていましたね。
¥1200 は、本当に易く感じました。

今月24・25日で、北海道・函館に行く予定にしています。
北海道は二度目ですが、どんな風景や景色が開けるのか?楽しみにしている。
夜景は、日本三大夜景の一つと言われるが・・・さぁ~、どんなものでしょうね。

夢旅人 #- | URL | 2015/06/09 17:07 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/06/09 22:29 - edit

コメントの投稿

Secret