Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

幸せは・・・ 

『 ”幸せ” なんて・・・』

L1000917.jpg

『 富めると言えども・・・』

向日葵の花は天を指すと雖も、やがては頭を垂れ、紫陽花の花は光に応じて変化し、有為天変の姿を伝う。

朗々たる秋の月も暗雲来りて闇夜と化し、紅葉且つ散る山の姿も有為転変の姿を伝う。

誠に娑婆世界には楽しむべき処なし。名利栄華も萬代に久しからず。富めると雖も必ずしも長寿ならず。

昔の面影が色濃く残る街裏を歩いていて、ふと懐古心が頭を持ち上げた。

『 見えない物もある 』

妻とよく東急ハンズに行く事がある。

文房具売り場を歩いていて妻が 「地球儀を買おうか?」 と・・・

子どもの頃に、学校近くの文房具店の窓ガラス越しに大きな地球儀が置いてあった。

長い事日差しに晒され、外から見える側はひどく色褪せていた。

直射日光に晒されない裏側(向こう側)は、未だに鮮やかな色彩がそのまま保たれているのでは?

子供達の誰も気づかないでいる地球儀の裏側の ”新鮮な色彩” に、

秘密を見た思いで”幸せ”をみたような気持ちになったものである。

子どもの頃の生活環境は、道も路地裏も全て舗装は無く、細く凸凹の土の道だった。

”クギねんぼう” や”パッチン” や ”独楽回し” で日暮れまで遊んだものである。

撮影中に出会った自転車のおばさん・・・どこか文房具店のおばちゃんに似ていた。

シャッターを切ると同時に、昔みた地球儀の想い出が色鮮やかに浮かび上がった。

日常の中から、突然として思いもよらぬ現実が浮かび上がった事に、閉塞感からの解放を覚えた。

突然の感情の変化・・・

”見えないもの” もあれば、”気が付かないこと” もある。

目の前の覇気を失った風景に、倦怠感に満ちた空気の中に、過去の清新な存在は浮かび上がるのである。

過去の時間がはっきりと見える瞬間が有り得るのである。

この瞬間に、私は ”幸福の手触り” を、ほんの少しばかり味わったのであった。

幸福なんて様々あろうが、私の幸福なんて、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 3 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

幸せを求めて、人は様々な葛藤の中を生きていますけど、「青い鳥」のように、ほんとは、とっても身近な、小さな日々の生活の中にあったことに気づけば、心は安らいで、普段見えていないものも見えてきますでしょうにね~(*^。^*)

妖精ボージー #- | URL | 2015/06/19 14:04 - edit

”妖精ポージー”さん、こんばんは

「幸福論」を説いた出版物は沢山ある。
年老いた老人のお節介もあるが、そもそも”幸福論”なんて、本に書ける程簡単な物ではないと思うのだが・・・

「小さな日々の生活の中にあって・・・」、そうなんですよね~。
真の幸福感なんて、気持ちの持ちようなんだから。

説教がましい事より、幸せなんて身の回りにゴロゴロ転がっていると・・・思える人が真の幸福者なんだと思うのだが。

ぶらり小さな旅を楽しみ、目の前の光景に小さな幸せの再発見。
そんなところにも、旅の楽しみがあるのではと思うのだが・・・

夢旅人 #- | URL | 2015/06/19 17:38 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/06/19 21:36 - edit

コメントの投稿

Secret